2015年08月01日

ブログタイトル変更!

どうも管理人のt-chanです。

7月よりマイカーをホンダのインサイトに乗り換えました。

insite01

よって、ブログタイトルを下記に変更することにしました。

「マーチ改め インサイト〜ドライブステーション〜」

記事の内容は今までと変わりありません。

今後もどしどしドライブしたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。
posted by T-chan at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

ブログ10周年 ありがとうございます。




march8.png祝!!10周年ドライブスポットベスト特集!march8.png


本ブログは2005年5月30日に開始しました。
当初は愛車日産マーチのドライブ日記と、ドライブスポットの紹介をして10年経ちました。
おかげさまで10周年を迎えることができました。
有難うございます。

紹介したドライブスポットは2700個所を超えましたが、まだまだ訪ねてみたいスポットは全国に数多くあります。

現在は愛車のマーチ君は引退しましたが、引き続きドライブを続けてドライブスポットを紹介し続けたいですね。

さて、10周年を記念しまして、10年間のドライブで訪ねたドライブスポットの中で、特にお勧めしたいベスト3を分野別に紹介したいと思います。

皆さまのドライブの参考になれば幸いです。

峠ベスト3
No1:平沢峠:八ヶ岳だけでなく南アルプスまで見えるパラノマ眺望は必見です。
No2:牧の戸峠:阿蘇外輪山の先の巨大カルデラの谷の景色は日本離れしています。
No3:しらびそ峠:南アルプスを正面に望む。山も高いが谷も深い。

山ベスト3
No1:鷹狩山:大町の盆地の向うに屏風のように聳え立つ北アルプス。
No2:三原山:巨大な火口の後ろに見える富士山が印象的。
No3:蔵王山:御釜と剣ヶ峰の荒涼景色は必見。

富士山眺望スポットベスト3
No1:パノラマ台:山中湖と富士山の絶景。
No2:浜石岳:駿河湾と富士山の絶景。
No3:披露山公園:江の島の後ろに富士山と言う絵になるスポット。

海(岬)ベスト3
No1:宗谷岬:異国サハリンを眺望する日本最北端の地。
No2:佐田岬:四国最西端はとても遠く辿り着いた時の達成感は忘れられません。
No3:竜飛崎:津軽海峡の先には北海道を望み、階段国道もあります。

沼、池、湖ベスト3
No1:知床五湖:黄葉した知床連山を湖面に写す絶景。ヒグマに注意。
No2:摩周湖:日本でもっとも透明度の高い湖。
No3:大正池:エメラルドグリーンの水面に紅葉と雪山が映る絶景。

ダムベスト3
No1:豊稔池堰堤:城の砦のように見える石積アーチダム。
No2:黒部ダム:立山と北アルプスに囲まれた絶景とド迫力の観光放水が見どころ。
No3:湯田貯砂ダム:轟々と流れ落ち迫力ある水流の下を通ることが出来る。

滝ベスト3
No1:称名滝:規模が桁違いの壮大な滝。
No2:原尻の滝:東洋のナイアガラと呼ばれています。
No3:袋田の滝:トンネルの先にワイドな滝のカーテンが広がる様は迫力あります。

道ベスト3
No1:日本海オロロンライン:建物の一切ないサロベツ原野を走る。遠くに見えるのは利尻島。
No2:瓶ヶ森林道(UFOライン):四国の背骨を走るスカイライン。伊代岳や石鎚山など眺望。
No3:伊豆スカイライン:所々に絶景スポットが点在する。

橋ベスト3
No1:角島大橋:日本海とは思えない南国風の海を渡る絶景海橋
No2:東京ゲートブリッジ:変わった姿の橋は登ることが出来、東京の観光名所を眺望する。
No3:古宇利大橋:エメラルドグリーンの遠浅の海を渡る橋。

巨木ベスト3
No1:御願ガジュマル:無数の気根が亜熱帯の雰囲気を持つ広大なガジュマル。
No2:高森殿の杉:二株の杉の巨木に囲まれると小人になったかのような錯覚になる。
No3:岩屋の大杉:マンモスの牙のような巨大枝が特徴の巨木

奇岩ベスト3
No1:猿岩:壱岐島の西海岸に猿の姿をした奇岩があります。
No2:浄土松公園:キノコ状に浸食形成された奇岩。
No3:石割神社:石の字に割れた大岩の御神体

巨像ベスト3
No1:仙台大観音:高さ100mの巨大大仏は胎内もワンダーな空間が広がる。
No2:牛久大仏:高さ120mは世界最大。
No3:いちょう公園の自由の女神像:自由の女神像としては日本一大きい。

洞窟ベスト3
No1:稲積水中鍾乳洞:水面越しに見える鍾乳石が神秘的。
No2:秋芳洞:日本一広い鍾乳洞
No3:あぶくま洞:カラフルなライトで照らされる鍾乳石が見どころ。

城、城跡ベスト3
No1:竹田城址:霧が無くても周囲を見下ろす絶景地です。
No2:弘前公園:ゴールデンウィークには素晴らしい桜を愛でることが出来る。
No3:勝連城址:海中道路と浜比嘉大橋を遠望できる城跡。

畑、棚田ベスト3
No1:浜野浦の棚田:東シナ海に向かって広がる美しい棚田。
No2:あらぎ島:珍しい円形棚田
No3:丸山千枚田:何度も通行止めくらった思い出深い棚田。

離島ベスト3
No1:伊江島:洞窟や米軍飛行場跡等見どころ満載。特に城山(ぐすくやま)はお勧め。
No2:エンジェルロード:干潮時に離島へ続く砂州が現れます。
No3:見附島:軍艦に見える島。

戦争遺産ベスト3
No1:針尾送信所:三本の長細い塔が見える景色はなんとも不思議な景色です。
No2:姫神山砲台跡:明治時代の軍事遺産が自然に溶け込んでいる
No3:原爆ドーム:世界遺産となった被爆建造物

以上。
参考になったでしょうか。

今後も、ドライブスポットをどしどし紹介しようと思います。



posted by T-chan at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

新年挨拶

明けまして、おめでとうございます!

今年の年末年始は実は沖縄ドライブしています。

強い寒波の影響で沖縄も雲多いですが晴天の日もありました。
2010.jpg 2010-2.jpg 2010-4.jpg
夫々900×600pixels

沖縄ドライブの記事はなるべく近い時期に投稿したいと思います。
posted by T-chan at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

中秋の名月

meigetu4.jpg
800×600pixels

写真:中秋の名月を撮影
場所:自宅近くの川辺
日時:2009年10月03日

今夜、夜空を見上げると綺麗な月が見えたので三脚もって川辺に出て撮影しました。

とても綺麗に撮影できたので御裾分けです。

すみません。
ドライブと関係ないです。

次回から通常の記事です。

posted by T-chan at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

再開は暫く先です

お久しぶりです。

実はインターネットに繋げられない状況が続いています。

9月頃には再開出来るよう進めておりますので、楽しみにしている方はもう暫くお待ちください。
posted by T-chan at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

岩手陸中ドライブ

iwatesan2.jpg
あけましておめでとう御座います。

年末年始の貴重な休暇はロングドライブしました。

昨年末から仕事で忙しく約一ヶ月ぶりのドライブとなりました。

今回は思いきって東北へ行きました。

冬の東北となると道の状態(積雪)が気になるので、太平洋側を選択しました。
結果、狙ったとおりに雪道を走る事はありませんでした。

第一日目は東京から北上まで進みました。
途中、松島の四大観を巡り夫々の神社で初詣をしました。

二日目は、北上から遠野を経由し釜石へ、陸中を北上し本州最東端であるトドヶ崎や竜泉洞、鵜の巣断崖に寄りつつ宿泊地の八戸へ。

三日目は、八戸から一気に東京に帰る予定でした。
天気がよく岩手山の景色が素晴らしかった為、盛岡周辺をドライブしました。

天気にも恵まれ久々に良いドライブを満喫できました。
posted by T-chan at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

年始ドライブ

今年は年末年始休暇取れたので本日まで実家に帰っていました。

休み明けは、多忙な毎日となることが予測されるので、
明日からドライブしてきます。
北を目指そうと思っています。

Uターンラッシュや初日の出渋滞が気になりますがユックリ進もうと思います。

仕事が一段落したら投稿したいと思います。


私のブログに訪ねてくれた方々。

今年はどうも有難う御座います。
来年も宜しくです。
posted by T-chan at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

しばらく冬眠します。

どうも、t-chanです。

いよいよ仕事が忙しくなってきました。
暫く休みます。

日本に居る間は週に一度くらいは投稿したいです。

では。
posted by T-chan at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

山陰と九州縦断ドライブ

今夏は以前から行ってみたいと思っていました角島大橋のある山陰と九州縦断を目指して旅程を組んでみました。

会社の事情から一般の夏季連休より一日早い8/11にドライブをはじめる事が出来ました。

最初はフェリーで一気に九州へ渡り九州をドライブし山陰、北陸と陸路で帰ろうと考えておりました。

しかしフェリーの予約取れず、代わりに帰路にフェリーを利用する事にしました。

8/11第一日目は比較的交通が少ない中央道で名古屋まで進み、東海環状自動車道、東海北陸自動車道と乗り継ぎ荘川ICまで渋滞なしで進めました。

その後は白川郷、白川スーパー林道と進み北陸自動車道へ。

敦賀ICからは主に国道27号、舞鶴若狭自動車道で日本海近くを西へ進み、途中三方五湖に寄ました。

但し、山陰も海岸近くは交通量多く中々進まない為、天橋立につく頃には日も沈み、雨も降り出してきました。

天橋立は諦め宿泊先の豊岡南部へ。

二日目は円山川沿いに北上し日本海へ出て鳥取砂丘を目指します。

砂丘は観光客多いと思われるので午前中の早期に訪れ一回りしたら立ち去ってしまおうと思っていましたが、余部大橋など興味あるスポットに立ち寄り時間はドンドン過ぎていきます。

途切れ度切れになっている山陰自動車道で進みますが、出雲周辺で国道9号の渋滞で大きく時間をロスしました。

午後4時を過ぎてしまったため、これ以上日本海側を進むことを断念し中国自動車道を目指し県道、国道を南下し浜田自動車道 大朝ICに辿り着き一気に二日目宿泊地、北九州の門司へ進みました。

三日目はホテルでの朝食をキャンセルし朝五時半に出発。
九州自動車道、大分自動車道と進み湯布院ICからやまなみハイウェイへ進み阿蘇を目指します。

飯田高原からの南の景色は雄大で感動の連続でした。
中でも大観峰からの眺望は瞼に焼き付けておきたいです。

朝五時半出発の効果があったのか、阿蘇山草千里に至った時刻は10時。
それでも、観光客多く駐車場も満車寸前。

また、中岳へは前年ながら火山活動の為車でもロープウェイでも進めませんでした。


その後は南へ向けて山を折り外輪山を越え通潤橋、霊台橋を観光しつつ九州自動車道 松橋ICへ。

宿泊地の鹿児島へ向けて南下しました。
加治木JCに到達した時刻は15時、日暮れまで時間があるので九州最南端の佐多岬を目指しました。

東九州自動車道で末吉材部ICまで進みました。
ここで、鹿児島湾沿いのルートと内陸縦断のルートの二者択一で昨日の山陰道の渋滞を思い出し内陸縦断のルートを選択しました。

ただ、この選択は間違っていました。
4本の国道が集結する鹿屋市を通過しなければならず渋滞に嵌りました。

結局佐多に辿り着いたのは6時過ぎ。
佐多岬ロードパークは5時に閉鎖されていました。

ガックリしながら引き返しますが、天候が悪くなり土砂降りの中鹿児島に戻りました。

四日目は桜島フェリーで桜島へ渡り、桜島半周し熊本の天草諸島をめざします。
松橋ICから天草五橋へのルートは二つ。

宇治半島の南側(八千代海側)か北側(島原湾側)。
北側は人気ありそうなので南側を選択しましたが大外れ。

片側交互通行で長蛇の列。
それでも、その先はガラガラだったので普段はお勧めできる道かもしれません。

但し、天草五橋、大矢野島はまた渋滞となりました。

但し、上島で千巌山に登ってみるとほぼ無人。
素晴らしい景色なのに人気ないのがチョッと残念でした。

その後は下島の大江天主堂まで進みロザリオラインで熊本に戻りました。

宿泊先の近くの飲み屋で私と同じく一人で九州まで旅しにきていた方と仲良くなり夜遅くまで飲んで久々にグッスリ眠れました。

ただし、南に発生した台風10号、11号が気になりだしました。

五日目は九州最終日の為、特に行き先を決めていませんでした。
(但し、午後5時までに門司のフェリー港まで辿り着く必要あります)

その為、二日目に断念した角島を目指し再び本州へ戻り中国自動車道 小月ICから特牛を目指し北上。

いよいよ角島大橋に到着し、手前の海士ヶ瀬公園にて絶景を楽しみました。

角島大橋に入る車から「わー!すごい!」と言う歓声が聞こえる。

私も色々ドライブしましたが、ここまで素晴らしい景色は見たことありません。

空には雲も無く最高の条件で絶景を味わう事が出来ました。

その後は角島夢ヶ崎により長門ブルーラインで南下しました。
途中本州最西端の毘沙の鼻や巨木「川棚クスの森」に寄り道しつつ壇ノ浦まで戻り無料化した火の山パークウェイを登り展望台から壇ノ浦の展望を楽しみイイころあいとなったので門司のフェリー港へ向かいました。

台風の影響で欠航も心配しましたが、通常時間で出航。
今回は2等寝台の為、ザコ寝と異なり周囲を気にすることなくユックリ出来ました。

但し、徳島港を過ぎ太平洋へ出ると船は大きく揺動し、気の毒にも嘔吐する人もいました。

私は体調に支障はありませんでしたが、夜も嵐の中の航行。
時には船頭部が海から中に飛出て海にたたきつけられる音が聞こえて熟睡は出来ませんでした。

結局本日の朝五時の東京着港予定が40分遅れとなりました。

その後は問題なく自宅に戻り、ロングドライブの後始末をしています。

但し、船上での長期揺れの影響か普通に立っていても周辺が傾いているような錯覚が続いています。

失敗や感動、出逢いと別れ、不安と安心と色々在りましたが結果として目的の9割は達成できたので中々良いロングドライブだったと思います。
posted by T-chan at 21:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

ドライブしてきます。

明日からロングドライブに出掛けます。

無事戻ってこれれば、8/17に戻ってきます。

暫く記事投稿休止しますが、今後ともよろしくお願い致します。
posted by T-chan at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

凄い雨でした

本日は仕事で茨城に出張しました。

帰りは大雨の中常磐道を進みましたが雷鳴轟き視界も悪く久々に怖いドライブでした。

特に途中(岩間IC)付近で、ボンネットが粉々に破壊された事故者が暗闇から急に現れたのにはビックリしました。

早く帰りたかったのですが、安全運転で帰りました。

出来れば今日みたいな悪天候時には運転したくないですね。
posted by T-chan at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

帰ってきました。

昨日深夜にお墓参りから帰ってきました。

高速道下りの渋滞を目にしつつ空いている登り車線を帰りました。

ホントは次の日(本日)にドライブに出掛けようかと思っていましたが、連日の大渋滞の報道を見ていて嫌気が指しました。

残りの休暇はユックリしようと思います。

もしかしたら、ドライブするかも知れませんが…
posted by T-chan at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

今年は御墓参り

本日深夜から御墓参りにいってきます。

2,3日の予定で行ってきます。

本日の投稿後は暫くの間、記事投稿致しません。

それでは。
posted by T-chan at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

久々のドライブ

1ヶ月ほど私的都合や仕事、天候の関係でドライブできない日々が続きましたが、やっとドライブできました。

今回は東海地方、静岡県と山梨県をドライブしました。

始めに立ち寄ったのは、静岡市と由比町の境にある薩捶峠。
駿河湾海岸線を走る、東名高速道、国道1号(東海道)、東海道本線を見下ろし、遠くに富士山を見ることが出来る絶景ポイント。

ただ、今回は通行止めが目立ちました。
清水市内から安部峠を目指しましたが梅ヶ島まで行った所で通行止め。

途中「黄金の里PA」にて紅葉途中の周囲の山々を撮りました。
ougonnnosato_p.jpg
2995×600pixels(436kB)

引き返し、今度は県道27(井川湖御幸線)から山伏峠を目指しましたが口坂本まで進んだところで、先に進めないと言う看板を発見し、泣く泣く引き返しました。

途中、油野の集落にある茶畑の風景が素晴らしかったので記念にに撮ってみました。
aburano_p.jpg
2344×600pixels(352kB)

ホントは、上記二つの峠のどちらかで山梨県へ出る予定でしたが、出来なかったので一旦清水に戻り、国道52号(富士川街道)と、県道10号(富士川身延線)で下部温泉まで進み、下部温泉街から続く、湯之奥猪之頭林道で再び静岡県朝霧公園に出ました。

県境である湯之奥猪之頭林道も通行止めなんじゃないかと思っていましたので、「全線通行可」と書かれた表示を見た時にはホッとしました。

湯之奥猪之頭トンネルを越えると、何とも雄大な景色を観る事ができます。

眼下に朝霧高原と正面には見事な富士山。

山梨県身延側からは富士山は全く見えませんので、突然現れる富士山により一層感動しました。

本日立ち寄った場所は紹介は近いうちに紹介したいですね。
posted by T-chan at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

富山の立山黒部アルペンルートに挑戦しました。

昨日、一昨日と記事投稿お休みしましたが、理由は一泊二日のドライブしていたからです。

今回は、長野自動車道松本ICから安房トンネルで岐阜へ入り(ついでに安房峠により)、有峰林道から富山の立山に入りました。

立山に入った時点で午後1時でしたので、アルペンルートは断念し、称名滝を観光し、立山を後にしました。

称名滝はマイカーで訪ねる事ができる数少ないポイントです。
称名滝の規模は日本最大急で、その周囲の景色も他の日本景色を圧倒しています。

その後は砺波ICまで北陸自動車道を進み、飛騨合掌ラインを五箇村まで進みました。

相倉と菅沼の合掌造家屋群集地を訪ね、世界遺産でもある雪国の伝統的建築物を見学し、第一日目は終了。

宿泊は富山駅近くのホテルを利用しました。


二日目は一日目断念したアルペンルートに再挑戦。

朝6時に出発すると、館山駅に7時前に到着し、「チョッと早いかな?」と思いましたが大間違い。

既に駐車場は満車状態。
ギリギリ、停めることが出来ました。

気になる天候は、雲ひとつない快晴。

と、思ったら、一時間しないうちに雲が溜まりだしました。

流石に山岳地は天候の変化が早い。

立山駅から黒部湖までの往復切符(\10,400)購入したので、途中室堂で2時間ほど散策したりなどしながら、黒部湖に到着すると三連休の真ん中ということもあり、大混雑。

お陰で、ダムの観光用放水も見ることが出来ましたが、復路が大変でした。

黒部平でロープウェイ1時間待ち、美女平でケーブルカー40分待ち。

結局、立山駅に戻ったのは16時でした。
それでも、別天地の立山山岳と黒部湖周辺の北アルプス連峰の姿を見ることが出来たのは一生の思い出だと思います。

因みに、16時から東京に帰り、23時到着しました。

今日のお気に入り
阿弥陀が原周辺から、薬師岳を立山高原バス車内より撮影
tateya_yalusidake
800×600pixels(114kB)
posted by T-chan at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

ドライブは月に一度のペースになりつつある

6月から9月まで月一回のペースでドライブに出掛けている様です。

マダマダ行ってみたい場所はいっぱいあるのに、都合と天候が合致していないようです。

そんな中、今日はベストではない気象予報でしたが思い切ってドライブに出掛けました。
場所は福島です。

郡山から猪苗代湖を半周し、途中猪苗代湖の遠望が素晴らしい御霊櫃峠に寄りました。
その後は、馬入峠より南下し、下郷町の塔のへつり、舘岩村の前沢曲家集落を見学しました。

猪苗代湖の周囲の道はホントに静かで、湖面も揺らめくだけで波音ないのでとてもリラックスできます。

ただ、今日一番の感動したのは、御霊櫃峠(ごれいびつとうげ)より続く登山道を10分程度登ると辿り付く大将旗山 山頂からの猪苗代湖の展望でした。
goreibitutouge
800×600pixels(65kB)

その他の場所も中々の観光スポットでしたので、近いうちに紹介したいです。
posted by T-chan at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

四国をほぼ一周しました。

どうも、お久しぶりです。

旅程をこなし無事帰って来ることが出来ました。

今年はカーフェリーを利用しての四国ほぼ一周ドライブをしました。

カーフェリーを利用した理由はお盆の帰省渋滞を避けるためと今後の為にも
経験しておこうと思いました。

東京御台場近くのフェリー埠頭から四国徳島まで、フェリーで約20時間かかる為一泊することになりますがそのお陰で会場上からの朝日を拝めました。

さて今回の旅程は

一日目(8月14日):19:10に東京フェリーターミナルから出航
二日目(8月15日):13:30に徳島港着 → 鳴門の渦潮を見て鳴門スカイラインをドライブし、阿波の土柱を散策。 阿波踊りで賑わう徳島市街で渋滞にはまるが何とか阿南のホテルに泊まる。

三日目(8月16日):6時にチェックアウトし鷲敷ライン(カヌーによる川下り)を見下ろし、南阿波サンラインで海沿いを南に進み室戸岬に到着。 安芸の野良時計を写真に取り、龍河洞を探検し、最後に桂浜で銅像の坂本竜馬に会う。

四日目(8月17日):またまら朝6時にチェックアウトし横浪黒潮ラインをドライブし、四国カルストへ向かう。
カルスト大地の景色は壮大で素晴らしく、色々歩き回りました。
昼3時を過ぎた頃に四国最西の佐多岬に到着し灯台まで遊歩道を只管歩き大汗かきました。
その後は伊予灘に沈む夕日を眺めながらの松山への道を進みホテルに泊まりました。

五日目(8月18日):今治より架かる「しまなみ海道」を大三島まで進み、広島県となる生口島に架かる多々良大橋は徒歩で渡ってる。その後四国に戻り、香川県の琴弾公園、琴平の金刀比羅宮を御参りし瀬戸大橋を通り本州へ戻る。
最後の宿は姫路に予約していたのですが、時間にも余裕あった為、海岸沿いの「岡山ブルーライン」、赤穂尾崎、はりまシーサイドロードに寄り道しました。

六日目(8月19日):帰りはフェリーではなく陸を進みました。六甲山に寄りましたが、何故か山頂は閉鎖され展望不可、最も天気も余り良くなかったですが、その後は東京まで高速道を突っ走りました。

四国は海と山の景色が素晴らしいところが満載でとても楽しかったです。

今回のロングドライブのダイジェスト写真?

@東京フェリーターミナルの上に沈む夕日
sikoku5
800×600pixels(74kB)

Aフェリー甲板での朝日
sikoku6
800×600pixels(74kB)

B阿波の吉野川近辺の田んぼにて夕日
sikoku3
800×600pixels(81kB)

C阿南のホテルにて窓越しの朝日
sikoku2
800×1067pixels(154kB)

D四国カルストにてマーチ君
sikoku1
800×600pixels(168kB)

E四国西側の夕焼け小焼けライン(道の駅ふたみ)にて夕日
sikoku4
800×600pixels(65kB)


posted by T-chan at 23:59| Comment(4) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

ロングドライブへ

明日から19日まで5泊6〜7日のロングドライブに出掛けます。

よって、暫くブログは休止とさせて頂きます。
(もしかしたら明日の出発前に投稿するかもしれませんが…)

何処に行くのかは終わってからのお楽しみと言うことで、無事戻れたらまたお会いしましょう。
posted by T-chan at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

ニッチ鉱山★★〜鉱山のサイレンにビックリした〜

3連休の最終日である今日、前二日までの雲空とは打って変わって晴天となりました。

今日はイケルと前日に確信し出掛けましたが、予想は当たったようです。

晴天の下、奥秩父の山地を彼方此方走りました。

朝5:30起床、6:10運転開始後7時10分前に関越自動車道 東松山ICを降り、小川町まで国道254、旧国道と進み、定峰峠を通過するルート(県道11号)で奥秩父に進みました。

峠越えルートは山岳部こそカーブ多く道狭いですが、交通量少ないため、秩父街道(国道140)で大回りするよりお勧めと思います。(但し昼に限る)

国道299に突き当たるまで進み、険しい山姿の武甲山の見晴しがよく羊放牧場のある羊山公園で朝食のおにぎりを食べる。

目的地の奥秩父へ向けて国道140(彩甲斐街道)を西へ進みループ橋を進み中津川峡谷から、前々から行ってみたかった三国峠へ挑戦しました。

整ってはいるが長いダートに走ると気疲れしますが何とか11時前に到着。
二日前に洗車したマーチ君の後ろは既に土埃で汚れていました。

数人のライダーと家族連れが既に到着していました。

その後は中津川林道を逆戻りし、八丁峠を越えて国道299より群馬県へ進みます。

八丁峠への道<金山志賀山林道>は途中 ニッチ鉱山 鉱山集落があり、独特の景色が珍しく写真を撮っていたら正午の時報としてサイレンが鳴ってビックリしました。

さらに進むと両神山の雄姿を正面に暫く進むことになります。

群馬県内では不二洞と天空回廊こと「スカイブリッジ」を探検しました。

帰りは国道462(十石峠街道)を万場まで進み県道71(高崎万場秩父線)で土坂峠越えで埼玉へ戻り、県道37(皆野両神荒川線)でなるべく国道140を避けるように関越道へ向かいました。

帰宅時間は18:15分。

関越道、環八と何時も通り渋滞してました。

今日のドライブの感想は八丁峠の方が三国峠よりも展望良く「鉱山」、「赤岩岳」、「二子山」と中々面白かったです。
(路肩の草が伸び放題で荒れ気味ですが全舗装路です)

峠より先はスカイラインと言っても良いほど展望の開けた道でした。

ニッチ鉱山のサイレンが最も印象に残ったので紹介

写真:@ニッチ鉱山前のロータリーにて撮影
   Aニッチ鉱山出入り口の橋の上で撮影
場所:埼玉県秩父市
最寄IC:関越自動車道 花園IC
訪問日:2005年07月18日
最寄道の駅:道の駅「大滝温泉」

@ニッチ鉱山
nittikouzan_p
2134×600pixels(324kB)

A両神山 赤岩岳は独特の雰囲気でした。
ryougamiyama_p2
800×6507pixels(1,000kB)
ラベル:鉱山
posted by T-chan at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

ドライブ焼け

前回のドライブが5/21でしたから約1ヶ月振です。

愛車のマーチ君も待ち焦がれていたようで妙に元気がイイ。
(アクセルのかかりが良い)

今回は茨城の大洗海岸まで高速道(常磐道、北関東道、東水戸道)を使い、大洗フェリーフェリーターミナルまでの移動時間を確認し、太平洋に沿って福島「いわき」の三崎公園と塩屋崎まで北上し、海岸の風景を堪能しました。

その後勿来までUターンし、国道289→349→118と阿武隈山地を横断し、八溝山に登り阿武隈と奥久慈の大地を展望しました。

最初の海辺ドライブはガス多く景色もスッキリしてませんでしたし蒸し暑かったですし、道も渋っていました。
しかし、三崎公園の潮見台で冷や汗をかき、塩屋崎灯台最上階では海の風が心地よかったです。

国道289、349は陸前浜街道(国道6号)の渋滞が嘘のように交通量少なく一部狭いですが快適な道路で溜飲も下がりました。

最後の八溝山は今回のメインディッシュでしたので先ず登れてよかったです。

山頂の展望台からの景色も、雷雲混じりながら中々のものでした。

残念なのが最後に予定していた御亭山での夕日観察がにわか雨により断念したことです。


今回訪れた夫々のスポットは近々紹介したいと思います。

帰りは東北道 矢坂ICを使いした。

朝5:45起床、6:05エンジン点火で出発し家に戻ったのが21:30でしたから
約15時間のドライブとなりました。

走行距離は約600キロ。

※冒頭のドライブ焼けとは単なる日焼けのことなんですが、運転席の窓に手を置いて運転していたので、右手だけ日焼けしてしまった事を指す自製語です。
(作業シャツ後の残った土方焼けと似た様なモンです)

posted by T-chan at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

忙しくなりそう

今日は午後より休日勤務でした。
明日は午前より休日出勤を予定としています。

月曜日からも深夜若しくは深夜近くまで残業の日々となりそうです。

ちょっと辛いという気持ちもありますが、サラリーマンである以上忙しいという状況には感謝しなきゃならないのかも知れません。

少なくとも今の仕事がうまく行けば会社も潤い、私も生き長らえるのですから。

ということで、暫くは記事投稿頻度が落ちるかもしれません。

居るかどうか判りませんが、私の記事を楽しみにしている方は今後もどうぞ暖かく見守っていただきますよう宜しくお願いいたします。
posted by T-chan at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

どうも始めまして

nm2.jpg

限りなく軽に近い日産のミニカー「日産マーチK11」で日本中をドライブしております。
ドライブ中に心に残った景色を写真付で紹介していこうと思っています。
一発目の写真は私の愛車です。

車名:マーチK11 1000iz-f

3年前に中古車として購入。
旧型マーチで更にM/C前の為かなり古い。

フロントバンパーは一目ボレしたエアロを採用。

posted by T-chan at 22:06| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



ブログパーツ