2016年04月23日

別府地獄めぐり 龍巻地獄★★★〜間欠泉噴出のタイミング合わなかった〜

tatumakijigoku03
800×600pixels

写真:龍巻地獄
場所:大分県別府市
訪問日:2015年05月03日
最寄IC:大分自動車道 別府IC

日本有数の温泉観光都市である別府市中心部から北西、鉄輪から亀川に温泉が密集する地獄地帯があります。
それぞれ特色をもった地獄が8個所あり地獄めぐりすることが出来ます。

今回は龍巻地獄を紹介します。
龍巻地獄は間欠泉の温泉です。
小さな泉から突然に高く吹き上がります。

別府ICからは県道11号(別府一の宮線)を北へ2q程進む。
坊主地獄交差点では直進し国道500号を北東へ更に1.5q進みます。

鉄輪温泉入口交差点にて県道218号(別府山香線)を左折し北へ約1q程進むと血の池地獄と龍巻地獄があります。
血の池地獄の駐車場を利用し、となりの龍巻地獄に入ります。
tatumakijigoku01
800×600pixels

地獄めぐりには、それぞれ入場料金必要ですので、8地獄共通観覧券を利用するとよいでしょう。
大人 :2,100円
高校生:1,350円
中学生:1,000円
小学生: 900円

この間欠泉は30〜40分に一度、6〜10分間吹き上がるそうで、その間隔は世界的にも短いそうです。
tatumakijigoku02
800×600pixels

それでも、血の池地獄を観覧中に吹き上がってしまいタイミングが合いませんでした。
スケジュールの都合上、滞在を時間延ばすこと出来ず今回は諦めました。

また、機会あれば今度は見てみたいですね。


続きを読む
ラベル:大分県 温泉 地獄
posted by T-chan at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

別府地獄めぐり 血の池地獄★★★〜正に血の色の温泉〜

tinoikejigoku_p01
1070×600pixels

写真:血の池地獄
場所:大分県別府市
訪問日:2015年05月03日
最寄IC:大分自動車道 別府IC

日本有数の温泉観光都市である別府市中心部から北西、鉄輪から亀川に温泉が密集する地獄地帯があります。
それぞれ特色をもった地獄が8個所あり地獄めぐりすることが出来ます。

今回は血の池地獄を紹介します。
正に名の通り、血液のように朱色の温泉が特徴です。

別府ICからは県道11号(別府一の宮線)を北へ2q程進む。
坊主地獄交差点では直進し国道500号を北東へ更に1.5q進みます。

鉄輪温泉入口交差点にて県道218号(別府山香線)を左折し北へ約1q程進むと血の池地獄と龍巻地獄があります。
(血の池地獄の駐車場が広くて便利です)

地獄めぐりには、それぞれ入場料金必要ですので、8地獄共通観覧券を利用するとよいでしょう。
大人 :2,100円
高校生:1,350円
中学生:1,000円
小学生: 900円

入口に入ると、最初に売店の中を通ります。
何故か鬼の生首が展示されていた。
tinoikejigoku03
800×1067pixels

売店を出ると血の池地獄が正面にあります。
tinoikejigoku_p02
1070×600pixels

特徴である血のような朱色の温泉。
温泉には酸化鉄や酸化マグネシウム、珪酸、酸化カルシウムが含有しており、酸化鉄の色が池の色の元となっているようだ。
tinoikejigoku06
800×600pixels

池の後ろには爆発個所があります。
過去に爆発が何度もあったそうですが、池をかき混ぜることで爆発しなくなったそうです。
tinoikejigoku09
800×600pixels

爆発個所は高台となっており、血の池を見降ろせます。
tinoikejigoku_p03
1070×600pixels


続きを読む
ラベル:大分県 温泉 地獄
posted by T-chan at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

別府地獄めぐり 白池地獄★★★〜青白い温泉と熱帯魚水族館〜

siroikejigoku_p01
1070×600pixels

写真:白池地獄
場所:大分県別府市
訪問日:2015年05月03日
最寄IC:大分自動車道 別府IC

日本有数の温泉観光都市である別府市中心部から北西、鉄輪から亀川に温泉が密集する地獄地帯があります。
それぞれ特色をもった地獄が8個所あり地獄めぐりすることが出来ます。

今回は白池地獄を紹介します。
白池地獄はその名の通り白い温泉ですが、若干青みがあり、神秘的な温泉です。

別府ICからは県道11号(別府一の宮線)を北へ2q程進む。
坊主地獄交差点では直進し国道500号を北東へ1q進むと海地獄交差点に辿り着きます。

交差点を左折すると、別府地獄めぐりの駐車場があります。
駐車場の周囲には鬼石坊主地獄、海地獄、山地獄があります。

かまど地獄へは山地獄を通り抜けて東へ進み、鉄輪公園の先にかまど地獄と鬼山地獄があります。
鬼山地獄の周囲からみゆき坂を更に東へ下って行くと白池地獄の入口があります。
(鬼山地獄入口周囲にも駐車場あります)
siroikejigoku02
800×600pixels

地獄めぐりには、それぞれ入場料金必要ですので、8地獄共通観覧券を利用するとよいでしょう。
大人 :2,100円
高校生:1,350円
中学生:1,000円
小学生: 900円

敷地内に入り熱帯雨林のような鬱蒼とした森の中を進む。
siroikejigoku03
800×600pixels

やがて屋内に入ると、巨大な水槽が並んでいます。
ピラニア、アロワナ、ピラルク、カイヤン・スカイフィッシュなど熱帯魚を飼育しており観覧できます。
正に熱帯魚水族館です。
siroikejigoku07

siroikejigoku11

siroikejigoku13

siroikejigoku10
それぞれ800×600pixels

やがて、湯気の立つ青白い池沿いに出ます。
siroikejigoku_p03
1070×600pixels

温泉の噴出時点では透明な湯だそうですが、温度と圧力が低下していくと青白く濁るようです。
siroikejigoku14
800×600pixels


続きを読む
ラベル:大分県 温泉 地獄
posted by T-chan at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

別府地獄めぐり 鬼山地獄★★★〜別名「ワニ地獄」〜

oniyamajigoku14
800×600pixels

写真:ワニ地獄
場所:大分県別府市
訪問日:2015年05月03日
最寄IC:大分自動車道 別府IC

日本有数の温泉観光都市である別府市中心部から北西、鉄輪から亀川に温泉が密集する地獄地帯があります。
それぞれ特色をもった地獄が8個所あり地獄めぐりすることが出来ます。

今回は鬼山地獄を紹介します。
鬼山と言う土地に湧き出た湯は99.1℃と高温な為、その温泉熱を利用してワニを飼育しているとのことです。

別府ICからは県道11号(別府一の宮線)を北へ2q程進む。
坊主地獄交差点では直進し国道500号を北東へ1q進むと海地獄交差点に辿り着きます。

交差点を左折すると、別府地獄めぐりの駐車場があります。
駐車場の周囲には鬼石坊主地獄、海地獄、山地獄があります。

かまど地獄へは山地獄を通り抜けて東へ進み、鉄輪公園の先にかまど地獄と鬼山地獄の入口があります。
(鬼山地獄入口周囲にも駐車場あります)
oniyamajigoku01
800×600pixels

それぞれ入場料金必要ですので、8地獄共通観覧券を利用するとよいでしょう。
大人 :2,100円
高校生:1,350円
中学生:1,000円
小学生: 900円

敷地内に入ると先ず大きな温泉を目の当たりにします。
oniyamajigoku_p10.jpg
2729×600pixels

高温温泉の為、大量の湯気で濛々としています。
主に冬場にワニの池に温泉を入れて30℃に調整して飼育しているそうです。
oniyamajigoku10

oniyamajigoku11
それぞれ800×600pixels

その後ろにワニ園があります。
oniyamajigoku_p11
1070×600pixels

飼育されているワニはクロダイル科イリエワニ、体長7〜10mと巨大です。
oniyamajigoku17

oniyamajigoku16

oniyamajigoku12
それぞれ800×600pixels

確かにワニの群れの中はこの世の地獄ですね。

続きを読む
ラベル:大分県 温泉 地獄
posted by T-chan at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

別府地獄めぐり かまど地獄★★★〜地獄の一丁目から七丁目まで様々な不思議な温泉(地獄)がある〜

kamadojigoku19
900×600pixels

写真:かまど地獄のかまどの鬼
場所:大分県別府市
訪問日:2015年05月03日
最寄IC:大分自動車道 別府IC

日本有数の温泉観光都市である別府市中心部から北西、鉄輪から亀川に温泉が密集する地獄地帯があります。
それぞれ特色をもった地獄が8個所あり地獄めぐりすることが出来ます。

今回はかまど地獄を紹介します。
氏神の竃門八幡宮の大祭時に温泉の噴気で御供飯を炊いたことから、かまど地獄と呼んでいるそうです。

別府ICからは県道11号(別府一の宮線)を北へ2q程進む。
坊主地獄交差点では直進し国道500号を北東へ1q進むと海地獄交差点に辿り着きます。

交差点を左折すると、別府地獄めぐりの駐車場があります。
駐車場の周囲には鬼石坊主地獄、海地獄、山地獄があります。

かまど地獄へは山地獄を通り抜けて東へ進み、鉄輪公園の先にかまど地獄と鬼山地獄の入口があります。
(かまど地獄入口周囲にも駐車場あります)

それぞれ入場料金必要ですので、8地獄共通観覧券を利用するとよいでしょう。
大人 :2,100円
高校生:1,350円
中学生:1,000円
小学生: 900円

かまど地獄は地獄の一丁目から7丁目までの温泉を巡ります。
それぞれ独特の特徴があります。

一丁目は茶褐色の泥状温泉(地獄)です。
kamadojigoku20
800×600pixels

二丁目は冒頭写真のかまど鬼の像の下から蒸気が噴き出る地獄です。
火を近付けると蒸気が倍増するそうです。
kamadojigoku07
800×600pixels

三丁目はコバルトブルーの爽やかな色の温泉。
kamadojigoku09
800×600pixels

四丁目はこれまた泥温泉。
kamadojigoku11
800×600pixels

五丁目がメインです。
広めの温泉は、年に数回、色が変化するそうです。
訪問時は透明ですが、ブルーやグリーンに変わることがあるそうです。
kamadojigoku_p02
1070×600pixels

六丁目は赤色が濃い褐色湯です。
kamadojigoku15
800×600pixels

その後は足湯や売店と続きます。
湯煙濃いなか、人が多く賑やかでした。
kamadojigoku18
800×600pixels

七丁目には花壇があるのですが、温泉が無かったので通り過ぎてしまった。

続きを読む
ラベル:大分県 温泉 地獄
posted by T-chan at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

別府地獄めぐり 山地獄★★★〜岩崖から噴き出る多量の湯煙〜



動画:山地獄の噴煙湯煙動画
場所:大分県別府市
訪問日:2015年05月03日
最寄IC:大分自動車道 別府IC

日本有数の温泉観光都市である別府市中心部から北西、鉄輪から亀川に温泉が密集する地獄地帯があります。
それぞれ特色をもった地獄が8個所あり地獄めぐりすることが出来ます。

今回は山地獄を紹介します。

別府ICからは県道11号(別府一の宮線)を北へ2q程進む。
坊主地獄交差点では直進し国道500号を北東へ1q進むと海地獄交差点に辿り着きます。

交差点を左折すると、別府地獄めぐりの駐車場があります。
駐車場の周囲には鬼石坊主地獄、海地獄、山地獄があります。

それぞれ入場料金必要ですので、8地獄共通観覧券を利用するとよいでしょう。
大人 :2,100円
高校生:1,350円
中学生:1,000円
小学生: 900円

山地獄の敷地内に入ると早速、轟音が聞こえてきます。
yamajigoku02
800×600pixels

音源に近づくと山肌(岩崖)から大量の湯煙が噴き出しています。
yamajigoku06
800×600pixels

大量過ぎて岩肌が見えないほどです。
yamajigoku_p03
1070×600pixels

また動物や熱帯植物を見学可能です。
温泉熱を利用して飼育、栽培しているそうです。
yamajigoku10

yamajigoku12

yamajigoku13
それぞれ800×600pixels

クジャクの立派な羽。
yamajigoku07
800×1067pixels

サボテンはビニールハウスで栽培している。
yamajigoku_p02
1070×600pixels

続きを読む
ラベル:大分県 温泉 地獄
posted by T-chan at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

別府地獄めぐり 鬼石坊主地獄★★★〜次々と湯玉が湧き出る泥湯〜



動画:鬼石坊主地獄の熱泥温泉と鬼の高イビキ
場所:大分県別府市
訪問日:2015年05月03日
最寄IC:大分自動車道 別府IC

日本有数の温泉観光都市である別府市中心部から北西、鉄輪から亀川に温泉が密集する地獄地帯があります。
それぞれ特色をもった地獄が8個所あり地獄めぐりすることが出来ます。

今回は鬼石坊主地獄を紹介します。

別府ICからは県道11号(別府一の宮線)を北へ2q程進む。
坊主地獄交差点では直進し国道500号を北東へ1q進むと海地獄交差点に辿り着きます。

交差点を左折すると、別府地獄めぐりの駐車場があります。
駐車場の周囲には鬼石坊主地獄、海地獄、山地獄があります。

それぞれ入場料金必要ですので、8地獄共通観覧券を利用するとよいでしょう。
大人 :2,100円
高校生:1,350円
中学生:1,000円
小学生: 900円

鬼石坊主地獄の敷地内に入ると緑の多い庭園となっています。
oniisibouzujigoku_p04.jpg
2729×600pixels

園内には柵で囲われた泥池が数か所あります。
泥池では沸騰で湯玉沸次々と湧き出ています。
その湯玉が坊主の頭にみえることから坊主地獄と呼ばれています。
oniisibouzujigoku04
800×1067pixels

他にも轟音で噴気が上がる「鬼の高あくび」も見どころです。
oniisibouzujigoku05
800×600pixels

園内には足湯もある。
浸かってみるのも良いかもしれない。
oniisibouzujigoku10
800×600pixels


続きを読む
ラベル:大分県 温泉 地獄
posted by T-chan at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

別府地獄めぐり 海地獄★★★〜優しい涼しげな水色の池は98℃と超高温の灼熱地獄〜

umijigoku_p1
1218×600pixels

写真:海地獄
場所:大分県別府市
訪問日:2015年05月03日
最寄IC:大分自動車道 別府IC

日本有数の温泉観光都市である別府市中心部から北西、鉄輪から亀川に温泉が密集する地獄地帯があります。
それぞれ特色をもった地獄が8個所あり地獄めぐりすることが出来ます。

今回は海地獄を紹介します。

別府ICからは県道11号(別府一の宮線)を北へ2q程進む。
坊主地獄交差点では直進し国道500号を北東へ1q進むと海地獄交差点に辿り着きます。

交差点を左折すると、別府地獄めぐりの駐車場があります。
駐車場の周囲には鬼石坊主地獄、海地獄、山地獄があります。

それぞれ入場料金必要ですので、8地獄共通観覧券を利用するとよいでしょう。
大人 :2,100円
高校生:1,350円
中学生:1,000円
小学生: 900円

海地獄の敷地内に入ると先ず大きな緑の池があります。
これは海地獄ではありません。
umijigoku_p2
1070×600pixels

奥へ進むと建物の後ろにもうもうと湯気を上げるコバルトブルーの池が現れます。
この池こそが海地獄です。
umijigoku16
800×600pixels

一見、優しい涼しげな水色ですが、温度は98℃だそうです。
多量の湯気も納得の灼熱地獄です。
umijigoku14

umijigoku20

umijigoku18
それぞれ800×600pixels

他にも日本一大きい大鬼蓮を観覧できます、
umijigoku_p3
1070×600pixels

巨大な蓮の葉と可憐な花。
umijigoku21

umijigoku25

umijigoku27
それぞれ800×600pixels

また、小規模ながら赤い池もあります。
umijigoku_p4
1070×600pixels

umijigoku31
800×600pixels


続きを読む
ラベル:大分県 温泉 地獄
posted by T-chan at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



ブログパーツ