2017年02月21日

淵神の塔★★★〜近くにある雄淵、雌淵の力強い水の流れから龍神を造形化したアート作品〜

hutinokami_kamikatutyou17
800×1067pixels

写真:淵神の塔
場所:徳島県勝浦郡上勝町
訪問日:2015年08月09日
最寄IC:徳島自動車道 徳島IC
最寄道の駅:道の駅「ひなの里かつうら」

徳島市から南西にある上勝町の北東部、藤川谷川の上流部に雄淵、雌淵があり、その近くの道沿いに渦巻いた丸太や材木の塔が立っています。

この塔は第22回国民文化祭、上勝町のアートプロジェクトとして作成れたアート作品の一つです。

徳島ICからは国道11号、国道55号と南へ10q程南へ進む。
勝浦橋を渡った先にある勝浦橋南詰交差点を右折し、県道16号(徳島上那賀線)を南西へ約23km進みます。

正木トンネル、新藤川橋の先にある信号のある交差点を右折し2q程北へ進むとヘアピンカーブの内側に淵神の塔があります。
(駐車場はないので周囲の空きスペースに路駐した)
hutinokami_kamikatutyou_p02
1058×600pixels

この塔は國安 孝昌氏が手掛けたアート作品です
この地にある雄淵、雌淵の力強い水の流れから龍神を造形化したそうです。
hutinokami_kamikatutyou04
800×1067pixels

丸太や材木がらせん状に渦を巻いている様は竜の神様に見えなくもない。
hutinokami_kamikatutyou05
800×600pixels

カーブの外側から雄淵への遊歩道があります。
hutinokami_kamikatutyou09
800×600pixels

数十m歩くと雄淵に辿り着きます。
hutinokami_kamikatutyou14
800×600pixels

水の落差があり、滝にもみえる。
hutinokami_kamikatutyou_p01
1965×600pixels



ラベル:徳島県 アート
posted by T-chan at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



ブログパーツ