2016年11月29日

須崎海岸★★★★〜地層が垂直に立った縦縞の岩壁海岸〜

susakikaigan_ehime_p11
1070×600pixels

写真:須崎海岸
場所:愛媛県西予市
訪問日:2015年08月12日
最寄IC:松山自動車道 西予宇和IC
最寄道の駅:道の駅「どんぶり館」

西予市の西部、宇和海リアス海岸の岬の一つ須崎の海岸には地層が垂直に立った縦縞の岩壁を見ることが出来ます。

西予宇和ICからは県道29号(宇和野村線)、国道56号を北西へ3q進み、下松葉交差点を左折します。
県道30号(宇和三瓶線)を西へ海岸の国道378号まで進みます。

その後は国道を北から西へ海岸沿いを5q程進むと須崎園地への分岐があります。
susakikannon_kaigan_ehime01
800×600pixels

車1〜1.5台分の狭い道を西へ600m程進むと駐車場と入口があります。
susakikannon_ehime22
800×600pixels

須崎海岸への降りる道は30m戻るとあります。
susakikaigan_ehime05
800×600pixels

階段で海岸まで降りて、海沿いを先端へ向けて約300m程進みます。
susakikaigan_ehime06

susakikaigan_ehime07
それぞれ800×600pixels

尖がった高い岩が見えるともう直ぐ須崎先端です。
susakikaigan_ehime_p02
2048×600pixels

周囲の岩壁を見ると縦縞模様になっています。
これはかつて水平だった地層が地殻変動で直立したそうです。
susakikaigan_ehime24
800×1067pixels

この地層はかつては南半球にあった古大陸「ゴンドワナ大陸」の一部だったと言われています。
susakikaigan_ehime25

susakikaigan_ehime33

susakikaigan_ehime15

susakikaigan_ehime19
それぞれ800×600pixels

縦縞の岩は海中にも続いています。
susakikaigan_ehime36

susakikaigan_ehime46
それぞれ800×600pixels

須崎先端の海岸遊歩道終点からの景色。
巨大な縦縞の岩壁の迫力に圧倒されることでしょう。
susakikaigan_ehime_p07
1799×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

須崎観音園地★★★〜観音様の広場から宇和海を眺望〜

susakikannon_ehime_p03
1070×600pixels

写真:須崎観音園地
場所:愛媛県西予市
訪問日:2015年08月12日
最寄IC:松山自動車道 西予宇和IC
最寄道の駅:道の駅「どんぶり館」

西予市の西部、宇和海リアス海岸の岬の一つ須崎の先端には観音様の祭られた霊地があります。
高台からは宇和海を眺望し風光明媚な景色を望めます。

西予宇和ICからは県道29号(宇和野村線)、国道56号を北西へ3q進み、下松葉交差点を左折します。
県道30号(宇和三瓶線)を西へ海岸の国道378号まで進みます。

その後は国道を北から西へ海岸沿いを5q程進むと須崎園地への分岐があります。
susakikannon_kaigan_ehime01
800×600pixels

車1〜1.5台分の狭い道を西へ600m程進むと駐車場と入口があります。
susakikannon_ehime22
800×600pixels

石仏の並んだ遊歩道を歩くこと100m弱で境内に辿り着きます。
susakikannon_ehime01
800×600pixels

園内に立つ観音様は海の犠牲者の弔いや船の航行安全を願って祭られているそうです。
susakikannon_ehime09

susakikannon_ehime13
800×600pixels

更に奥へ進むと景色が広がります。
susakikannon_ehime_p01.jpg
2729×600pixels

この鐘は供養の鐘と呼び、参拝の前に一度だけ撞くことが出来ます。
susakikannon_ehime05
800×600pixels

展望所から宇和海、大崎鼻や島々を見渡せます。
susakikannon_ehime_p05.jpg
2729×600pixels

北には地大志摩、大島が見える。
天気良ければ佐田岬半島も見えるでしょう。
susakikannon_ehime_p04
1070×600pixels


続きを読む
タグ:愛媛県
posted by T-chan at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

狩浜の段々畑★★★★〜石灰岩の石積みによる白い石垣の段々畑〜

karihamanodandanta_p07.jpg
3045×600pixels

写真:狩浜の段々畑
場所:愛媛県西予市
訪問日:2015年08月12日
最寄IC:松山自動車道 西予宇和IC
最寄道の駅:道の駅「どんぶり館」

愛媛県南西の宇和海沿岸の山の斜面には段々畑が広がっています。
狩浜の段々畑は石灰岩の石積みによる段々畑で白い石垣が特徴です。
karihamanodandanta01
800×600pixels

西予宇和ICからは県道45号(宇和明浜線)、を南西へ1q進み、国道56号を南へ700m進む。
法華津峠トンネル手前で県道45号と国道が分岐しますので、県道を進みます。

福野峠を越えて海岸まで降りて、国道378号を西へ進みます。
4q程進むと明浜支所公民館があり海側に駐車広場があります。
(狩浜の段々畑の案内等あります)

そこから約80m南の分岐(細い道)を西へ進むと次第に登り始めて段々畑の中を進むようになります。
karihamanodandanta03
800×600pixels

特に駐車場などは無いので、駐車スペースを探して撮影して回りました。
karihamanodandanta_p06
1831×600pixels

狩浜の町並みや宇和海、法華津湾を見渡す素晴らしい眺望。
karihamanodandanta_p05.jpg
3211×600pixels

白い石垣の段々畑。
karihamanodandanta11

karihamanodandanta31

karihamanodandanta16
それぞれ800×600pixels

お伊勢山公園のある岬を見下ろす。
karihamanodandanta_p08
1348×600pixels

訪ねたのは夏。
みかんの実はまだ緑色だった。
karihamanodandanta06

karihamanodandanta32
それぞれ800×600pixels

法華津湾を望む。
karihamanodandanta_p04
1711×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 棚田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

伊予灘SA(上り)★★★〜伊予灘から松山市の町並みまで見渡せる〜

iyonadaSA_p01.jpg
2729×600pixels

写真:伊予灘SAからの眺望
場所:愛媛県伊予市
訪問日:2015年08月12日
最寄IC:松山自動車道 伊予IC

松山市中心部から南にある松山自動車道の伊予灘SAは小高い丘上の立地にあり、展望所からは伊予灘から松山市の町並みまで見渡せます。

松山自動車道を南から北上していた私は伊予灘SA(上り)に立ち寄った所、施設の後ろに景色の指そうな広場を見つけました。
iyonadaSA01

iyonadaSA02
800×600pixels

あずまやのある眺望スポットから冒頭写真を撮影しました。
iyonadaSA08
800×600pixels

展望案内図では松山城も見えるそうです。
iyonadaSA09
800×600pixels

ただ、北西方向には興居島が薄っすらと見えます。
iyonadaSA10
800×600pixels

ちなみに眺望スポットの近くには「恋人の聖地」もあります。
iyonadaSA05
800×600pixels


続きを読む
タグ:愛媛県 sa
posted by T-chan at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | SA、PA、道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

来島海峡SA★★★〜来島海峡の三つの大橋を望む〜

kusimakaikyouSA_p05.jpg
2729×600pixels

写真:来島海峡SA 展望所からの眺望
場所:愛媛県今治市
訪問日:2015年08月12日
最寄IC:瀬戸内しまなみ海道 今治IC

今治市北部、しまなみ海道の今治北ICの直ぐ北に来島海峡SAがあります。
(今治北ICから来島海峡SAへは入れません)

上り線と下り線で一体化されたサービスエリアです。
施設の左側に展望所があります。
kusimakaikyouSA04
800×600pixels

展望所からは来島海峡を眺望できます。
左から来島海峡第三大橋、来島海峡第二大橋、来島海峡第一大橋が並んでいます。
kusimakaikyouSA_p02.jpg
3567×600pixels

瀬戸内海の島々と海峡、橋と素晴らしい景色を望めるお勧めのサービスエリアです。


続きを読む
タグ:愛媛県 sa
posted by T-chan at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | SA、PA、道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

今治市伊東豊雄建築ミュージアム★★★〜大三島の瀬戸内海を見下ろせる丘に立つアートな建物〜

itoutoyookentikumu10
800×600pixels

写真:今治市伊東豊雄建築ミュージアム スティールハット
場所:愛媛県今治市(大三島)
訪問日:2015年08月12日
最寄IC:瀬戸内しまなみ海道 大三島IC

大三島の南西部、瀬戸内海を見下ろす丘に面白い形をした建物があります。
この建物は建築家「伊東豊雄」さんの作品です。

伊東豊雄氏は近年では、新国立競技場の見直しにて、新デザインの候補になった方です。
(新国立競技場の新デザイン案は隈研吾氏のA案に決まりました)

大三島ICからは国道317号を北へ約2.5qほど進み、県道21号(大三島上浦線)を西へ5km程進みます。
島の西海岸まで進み県道51号(大三島環状線)を南へ8q程進むと海側に今治市伊東豊雄建築ミュージアムへの入口があります。

駐車場は車7台分ある。
itoutoyookentikumu08
800×600pixels

サイクルスタンドもあり、サイクリストを模った面白いモニュメントもあります。
itoutoyookentikumu02
800×600pixels

駐車場の近くにある建物はシルバーハットと言うメタル素材4連アーチ状の屋根がユニークな開放型家屋です。
伊東豊雄さんの自邸を移設したそうです。
itoutoyookentikumu_p01
1790×600pixels

屋内からは見える景色は瀬戸内海と大崎上島。
itoutoyookentikumu_p02
1790×600pixels

北へ坂道を降りると今治市伊東豊雄建築ミュージアムの「スティールハット」があります。(冒頭写真)
スティールハットへの館内は有料です。

一般:¥800円
学生:¥400円
高校生以下又は18歳未満は無料
(団体割引や他のミュージアムとの共通券有)

内部では大三島やプロジェクトの紹介や、伊東豊雄の作品を展示しています。
itoutoyookentikumu_p06

itoutoyookentikumu_p05
1070×600pixels

建物の周囲からみる瀬戸内海の景色は開放的で美しいです。
itoutoyookentikumu_p07
1070×600pixels


続きを読む
タグ:愛媛県 建物
posted by T-chan at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

鼻栗展望台★★★〜鼻栗瀬戸や大三島橋の眺望スポット〜

hanagurisetotenboudai11
800×600pixels

写真:鼻栗瀬戸
場所:愛媛県今治市(大三島)
訪問日:2015年08月12日
最寄IC:瀬戸内しまなみ海道 大三島IC

大三島の南東にある鼻栗展望台は伯方島との間にある鼻栗瀬戸を一望できる展望スポットです。

大三島ICからは国道317号を南へ約3qほど南へ進み、県道51号(大三島環状線)へ右折します。
500m程西へ県道を進むと大三島橋(自歩、原付道入口)と記された標識のある分岐があります。

分岐に入って1q程南へ進むと鼻栗展望台の入口に辿り着きます。
hanagurisetotenboudai18
800×600pixels

この先は車一台分の狭い道を進みます。
hanagurisetotenboudai01
800×600pixels

坂道を登るとあずまやや石碑のある広場に辿り着きます。
hanagurisetotenboudai03
800×600pixels

あずまやの先に景色が広がります。
hanagurisetotenboudai08
800×600pixels

大三島橋も見えます。
hanagurisetotenboudai15
800×600pixels

説明板によると鼻栗瀬戸の潮流は8ノット程早さだそうです。
良く見ると川のように早い潮流で海面が波立っています。
hanagurisetotenboudai13
800×600pixels


続きを読む
タグ:愛媛県
posted by T-chan at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



ブログパーツ