2016年07月31日

三池炭鉱 宮浦石炭記念公園★★★〜赤レンガ煙突と炭坑機械や人車、貨物車など見学できる〜

miiketankou_p04
1070×600pixels

写真:宮浦石炭記念公園
場所:福岡県大牟田市
訪問日:2015年12月30日
最寄IC:有明沿岸道路 大牟田IC
(九州自動車道 南関IC)
最寄道の駅:道の駅「おおむた」

大牟田市には三池炭鉱の遺跡が数多く残されていますが、宮浦坑は宮浦石炭記念公園として整備されています。
小さいながら駐車場もあります。

南関ICからは県道10号(南関大牟田北線)を西へ8q程進みます。
元村交差点にて左折し国道208号を南へ4q程南へ進む。

大牟田川手前の五月橋交差点を左折し東へ300m、踏切手前の交差点を右折し南へ道なりに700m進むと道の東側に宮浦石炭記念公園入口があります。
その隣に駐車場があります。
miiketankou01
800×600pixels

早速公園に入る。
宮浦坑は明治20年から昭和43年まで81年間、約4千万トンの石炭を産出したそうです。
当時使われていた機械や貨物、建築物を展示しています。

右側には赤レンガで造られた煙突。
石炭を坑内から地上へ巻き上げる蒸気動力を起こす為に石炭を燃やしていました。
その煙を排出する為の煙突だそうです。
miiketankou29
800×1067pixels

煙突の近くにはプラットホームと人車が展示されています。
miiketankou47

miiketankou49
それぞれ800×600pixels

宮浦炭坑口は今は封鎖されている。
miiketankou48
800×600pixels

プラットホームの前には石炭や木材等を運ぶ貨車などが展示されています。
miiketankou16

miiketankou17

miiketankou18
それぞれ800×600pixels

左のガレージに展示されている重機は坑内専用機ならではのゴツゴツとした独特の構造となっています。
miiketankou14

miiketankou05

miiketankou09
それぞれ800×600pixels

石炭や人、道具等を引き上げた櫓は完全に撤去されてしまいました。
今では跡地を示す煉瓦のモニュメントが残っています。
miiketankou12
800×600pixels

続きを読む
posted by T-chan at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

村吉の天神さん★★★〜豪快に根上がりしたグロテスクな根を持つイチガイシの巨木〜



動画:村吉の天神さん
場所:熊本県菊池市
訪問日:2015年12月30日
最寄IC:九州自動車道 植木IC
最寄道の駅:道の駅「泗水」

熊本県北部にある菊池市中心部から南、泗水町の村吉地区にあった村吉小学校跡地にチョッと変わった風貌のイチガイシの巨木があります。

植木ICからは、国道3号を北へ2q程進み、植木町豊田交差点を右折し県道53号(植木インター菊池線)を北東へ進みます。
2.5km進むと広域農道「菊池グリーンロード」との交差点に辿り着きます。
右折し広域農道を国道387号まで進みます。

花房交差点から南へ1.2km程、コンビニ隣にある1.5車線程の脇道に入り、道なりに900m程南西へ進む。
坂道を下る途中に村吉小学校跡とイチガイシ入口の道標がある狭い階段があります。
murayosinotenjinsan03
800×600pixels

但し駐車場はありません。
直前の交差点にある社の手前に車一台分のスペースはありますが。
国道近くにある憩いの森公園駐車場から700m歩いた方が良いかもしれません。

階段の簿て金網沿いを進むとイチガイシの巨木(村吉の天神さん)が見えてきます。
murayosinotenjinsan_p06
800×1067pixels

特徴的な以上に盛り上がった根上がり。
まるで丸太を組み合わせた格子のようにも見えます。
murayosinotenjinsan_p05
800×1427pixels

根周り7.5m、樹齢数百年のイチガイシの巨木は、かつて隣接地にあった小学校の子供たちの格好の遊び場だったそうです。
murayosinotenjinsan07
800×600pixels

確かにこの木の根は、絶好の隠れ場や秘密基地になりそうですね。
murayosinotenjinsan08

murayosinotenjinsan10

murayosinotenjinsan11

murayosinotenjinsan14
それぞれ800×600pixels

イチガイシのある林の一部からは西側の景色が望めます。
murayosinotenjinsan15
800×600pixels

阿蘇山の山頂部が一部見えます。
murayosinotenjinsan_p02
2021×600pixels


続きを読む
タグ:熊本県 巨木
posted by T-chan at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

東霧島神社★★★〜神石や鬼巌階段、幸福大楠などパワースポットが多い神社〜

tumakirisimajinja21
800×600pixels

写真:鬼巌階段入り口の鳥居と赤鬼の像
場所:宮崎県都城市
訪問日:2015年12月30日
最寄IC:宮崎自動車道 高原IC
最寄道の駅:道の駅「都城」

都城市の北部、霧島山の東麓に霧島六所権現の一つ「東霧島神社(つまきりしまじんじゃ)」があります。
境内には神石や鬼巌階段、楠や杉の巨木など数多くのパワースポットがあります。

高原ICからは国道229号を8q程東南へ進みます。
都城市仲町交差点を右折し県道413号を西へ300m程進む。(東霧島神社への案内有り)

次の交差点は直進し県道42号(都城野尻線)を南へ進みます。
500m程で右方向への分岐がありますので分岐へ進みます。(案内有り)

線路沿いに南へ500m走り線路を渡れる交差点を右折し線路の西側の道を南へ2q程進むと東霧島神社入り口の大鳥居に辿り着きます。
tumakirisimajinja_p04
800×600pixels

鳥居の両隣等に広い駐車場が幾つかあります。

参道を進むと出店、屋台等準備中でした。
正月は初詣客で賑わうのでしょう。
tumakirisimajinja05
800×600pixels

途中に祭られている神石にはイザナギノミコトに纏わる伝説があります。
妻イザナミノミコトを恋い慕う悲しみの涙が固まったものが神石だそうです。
tumakirisimajinja07
800×600pixels

イザナギノミコトが十握の剣で三段に切った伝説があります。
実際神石は横から見るとスライスされています。
tumakirisimajinja13
800×600pixels

更に先へ進むと鳥居のある広場に辿り着きます。
先ず気になるのが3mあろうか巨大な赤鬼。
tumakirisimajinja22
800×600pixels

その昔、鬼が霧島の神に願いを掛けて、その契りの導きにより一夜にして自然石を積み石段を造ったそうです。
tumakirisimajinja40
800×1067pixels

鳥居の隣には幸福大楠が立っています。
tumakirisimajinja_p05
800×1427pixels

樹齢千年の大楠には洞があり、洞を中心に左回り3回、右回り3回巡り安産の神様にお祈りすると安産する御利益があるそうです。
tumakirisimajinja27

tumakirisimajinja28

tumakirisimajinja30
それぞれ800×600pixels

鬼巌階段を登って本殿へ。
振り向かずの坂とも呼ばれています。
振り向かずに一心に願いを込めて登ると願いが成就する御利益があるそうです。
tumakirisimajinja43
800×600pixels

山門には立派な龍の装飾が飾られています。
tumakirisimajinja45

tumakirisimajinja46
それぞれ800×600pixels

境内にある樹齢400年の杉の枝の一つが龍神の頭部に見える奇跡があります。
tumakirisimajinja51
800×600pixels

本殿の御祭神はイザナギノミコト。
十握の剣は神宝としているそうです。
tumakirisimajinja52
800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

弥五郎どんの銅像★★★〜高さ15m。曽於市の伝説の巨人「弥五郎どん」銅像〜

migoroudon21
800×1067pixels

写真:弥五郎どんの銅像
場所:鹿児島曽於市
訪問日:2015年12月30日
最寄IC:東九州自動車道 曽於弥五郎IC
最寄道の駅:道の駅「おおすみ弥五郎伝説の里」

大隅半島北部中央に位置する曽於市の国道269号沿い大隅地区にある丘上に「弥五郎どん」と言う15m巨人像が立っています。
「弥五郎どん」は伝説上人物としてこの地域で知られています。

曽於弥五郎ICからは県道71号(垂水南之郷線)を東へ3q程進むと国道269号との交差点に辿り着きます。
右折し南へ600m程進むと道の駅「おおすみ弥五郎伝説の里」入口があります。

道の駅に入って左奥へ進むと弥五郎まつり館の駐車場まで進めます。
この駐車場が最寄の駐車場になります。
migoroudon01
800×600pixels

弥五郎まつり館の右脇を進むと、遊歩道の先に弥五郎どんの銅像が見えてきます。
migoroudon22
800×600pixels

見晴らしの良い丘上に弥五郎どんの銅像が立っています。
高さ15m、重さ39トン、大刀9m、小刀7mとのこと。
migoroudon09
800×1067pixels

何とも勇猛そうな表情です。
弥五郎どんの人物詳細は不明で竹内宿弥や隼人族の首領など諸説があるそうです。
その為、弥五郎どんの実際の身長なども謎となっているようです。
migoroudon12
800×600pixels

弥五郎どん伝説は、1992年にスペインで開催された巨人博でも出店されたそうです。
migoroudon24
800×600pixels

銅像のある広場からは曽於市周囲を見渡すことが出来ます。
migoroudon_p04.jpg
2729×600pixels

海は見えませんが、日南の山々が見えます。
migoroudon19
800×600pixels

続きを読む
posted by T-chan at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

内之浦宇宙空間観測所★★★★★〜ロケット打ち上げ基地跡地の観測所は見学可能〜

utinoura_utyuukansokujo_p04
1070×600pixels

写真:内之浦惑星ロードの天王星橋
場所:鹿児島県肝属郡肝付町
訪問日:2015年12月29日
最寄IC:大隅縦貫道 笠之原IC
最寄道の駅:道の駅「くにの松原おおさき」

大隅半島東部、内之浦湾から南の山間部にかつて数多くのロケットを打ち上げたJAXA施設があります。
(現在はロケット打ち上げは種子島宇宙センターで行っています)

実物大のロケット展示や発射台跡、複数のパラボラアンテナなど広範囲にある宇宙設備を見学できます。

笠之原ICからは国道220号、県道68号(鹿屋吾平佐多線)、県道554号(後田富山線)と南西へ進みます。
8q程先の県道73号(鹿屋高山串良線)との交差点は直進し更に4q程南へ進むと県道542号(岸良高山線)に突当ります。

右折して直ぐ次にある交差点を左折し県道561号(神之川内之浦線)を東へ、国見トンネルを越えて国道448号まですすみます。

その後は国道を南へ5q程進むと坂道の頂上部(美濃峠)に内之浦宇宙空間観測所入口があります。
直ぐ隣には宇宙科学資料館があり、その間のスペースに車を止めて受付を済ませると施設内に車で進むことが出来ます。
utinoura_utyuukansokujomap
740×600pixels

受付時に見学スポットの案内を説明してくれます。
案内に従い最初にミューセンターへ進む。

ここには、M-V型ロケットやロケット発射台跡等見学できます。
(建物内は進入不可でした。)
utinoura_utyuukansokujo40

utinoura_utyuukansokujo36

utinoura_utyuukansokujo56
それぞれ800×600pixels

テレメンテーセンターには最大の34mパラボラアンテナがあります。
utinoura_utyuukansokujo31
800×600pixels

丘上にはもう一つパラボラアンテナが見えます。
この場所には展望台があがり車で近くまで進めます。
utinoura_utyuukansokujo33
800×600pixels

衛星ヶ丘展望台への道標を頼りに坂道を登って行くと先程見えた20mパラボラアンテナ施設前に駐車場があります。
utinoura_utyuukansokujo07
800×600pixels

アンテナは真上、宇宙に向いている。
utinoura_utyuukansokujo15
800×600pixels

施設の左の道を進むと景色が開けて展望台に辿り着きます。
utinoura_utyuukansokujo12

utinoura_utyuukansokujo14
それぞれ800×600pixels

展望台からは、回ってきた施設を一望できます。
utinoura_utyuukansokujo_p02.jpg
2576×600pixels

ミューズセンターの発射台跡。
utinoura_utyuukansokujo19
800×600pixels

テレメンテーセンターのパラボラアンテナ。
utinoura_utyuukansokujo24

utinoura_utyuukansokujo21
それぞれ800×600pixels

大隅海峡の先には種子島がうっすらと見えます。
utinoura_utyuukansokujo27

utinoura_utyuukansokujo28
それぞれ800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

内之浦惑星ロード★★★〜太陽系惑星の名のついた橋には人工衛星等のモチーフが飾られている〜

utyuuhasi01
800×600pixels

写真:内之浦惑星ロードの天王星橋
場所:鹿児島県肝属郡肝付町
訪問日:2015年12月29日
最寄IC:大隅縦貫道 笠之原IC
最寄道の駅:道の駅「くにの松原おおさき」

鹿児島県南東部、大隅半島の東、内ノ浦湾から南の内之浦宇宙空間観測所までの国道448号道路を内之浦惑星ロードと呼んでいます。

道中に架かる橋は太陽系惑星の名が付けられており、それぞれの橋に人工衛星やロケットの部品のモチーフが親柱に装飾されています。
utyuuhasi03

utyuuhasi04
それぞれ800×600pixels

笠之原ICからは国道220号、県道68号(鹿屋吾平佐多線)、県道554号(後田富山線)と南西へ進みます。
8q程先の県道73号(鹿屋高山串良線)との交差点は直進し更に4q程南へ進むと県道542号(岸良高山線)に突当ります。

右折して直ぐ次にある交差点を左折し県道561号(神之川内之浦線)を東へ進みます。(内之浦への案内あり)
国見トンネルを越えて更に東へ6q進むと国道448号に突当ります。
国道を南へ2.5qほど進むと道路右側(西側)に駐車スペースがあります。

その先から1.5qの間に5つの橋が架かっています。
太陽系惑星の名のついた橋です。
近い順に、
金星橋(ヴィーナスブリッジ):科学衛星「さきがけ」のモチーフ
火星橋(マーズスブリッジ):科学衛星「さきがけ」のモチーフ
木星橋(ジュピタースブリッジ):科学衛星「おおすみ」のモチーフ
土星橋(サターンブリッジ):ロケット部品M3Aモーターのモチーフ
天王星橋(ユーラナスブリッジ):科学衛星「じきけん」のモチーフ

天王星橋の近くにも駐車スペースあります。

すべての橋の写真を撮りたかったのですが、日暮れも近く、宿泊先が遠かったので近くある天王星橋と土星橋のみ撮影しました。


続きを読む
posted by T-chan at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

叶嶽神社★★★〜願いが叶う御利益がある神社〜

kanaudakejinja06
1070×600pixels

写真:叶嶽神社
場所:鹿児島県肝属郡肝付町
訪問日:2015年12月29日
最寄IC:大隅縦貫道 笠之原IC
最寄道の駅:道の駅「くにの松原おおさき」

鹿児島県南東部、大隅半島の東、内ノ浦湾に面した肝付町内ノ浦地区に叶岳と言う小高い山があります。
山頂に祠を建立し叶嶽神社とし景行天皇を御祭神として祀っているそうです。

笠之原ICからは国道220号、県道68号(鹿屋吾平佐多線)、県道554号(後田富山線)と南西へ進みます。
8q程先の県道73号(鹿屋高山串良線)との交差点は直進し更に4q程南へ進むと県道542号(岸良高山線)に突当ります。

右折して直ぐ次にある交差点を左折し県道561号(神之川内之浦線)を東へ進みます。(内之浦への案内あり)

国見トンネルを越えて更に東へ進みます。
終点の国道から手前500mの所に「叶岳ふれあいの森」への案内のある標識があります。
分岐に入って川を渡り、また右折。

100m程で左手に叶岳ふれあいの森への入口があります。
この先はほぼ一本道で山を登って行きます。

1.5q程登るとカーブの外側に駐車場があり、その先にテラス状の展望所があります。
更に車道を800m登ると「コテージ叶岳」や叶嶽神社への道標のある分岐があります。

分岐に入って直ぐに、また二又に分かれます。
直進が「森の学舎 木遊館」、右がコテージと叶嶽神社へ進みます。

最奥に車を駐車しできます。
駐車場からの景色。
kanaudakejinja_p01
2048×600pixels

階段を登ると叶嶽神社です。
kanaudakejinja04

kanaudakejinja05
それぞれ800×600pixels

参道の階段は麓から続いていて鳥居前の最上段で丁度1000段です。
kanaudakejinja07
800×600pixels

参道からはコテージ越しに内之浦湾を見降ろせます。
kanaudakejinja_p03
1974×600pixels

景行天皇の九州征伐神話にて、熊襲一族を討伐し、平定した願いが叶ったことから、この山を叶岳と命名されたそうです。

その為、この叶嶽神社は願いが叶う神社として知られています。

続きを読む
posted by T-chan at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

叶岳ボードウォーク★★★★〜ロケットのモニュメント等がある内之浦湾を見下ろせる展望所〜

kanaudakewolkboad_p04
1070×600pixels

写真:叶岳ボードウォーク
場所:鹿児島県肝属郡肝付町
訪問日:2015年12月29日
最寄IC:大隅縦貫道 笠之原IC
最寄道の駅:道の駅「くにの松原おおさき」

鹿児島県南東部、大隅半島の東、内ノ浦湾に面した肝付町内ノ浦地区に叶岳と言う小高い山があります。
麓から山頂の叶嶽神社まで1000段の参道階段があり、中腹に叶岳ボードウォークと言う眺望スポットがあります。
(車でも山頂まで登れる)

笠之原ICからは国道220号、県道68号(鹿屋吾平佐多線)、県道554号(後田富山線)と南西へ進みます。
8q程先の県道73号(鹿屋高山串良線)との交差点は直進し更に4q程南へ進むと県道542号(岸良高山線)に突当ります。

右折して直ぐ次にある交差点を左折し県道561号(神之川内之浦線)を東へ進みます。(内之浦への案内あり)

国見トンネルを越えて更に東へ進みます。
終点の国道から手前500mの所に「叶岳ふれあいの森」への案内のある標識があります。
分岐に入って川を渡り、また右折。

100m程で左手に叶岳ふれあいの森への入口があります。
この先はほぼ一本道で山を登って行きます。

1.5q程登るとカーブの外側に駐車場があり、その先にテラス状の展望所があります。
kanaudakewolkboad_p03.jpg
2338×600pixels

かつて話題になった小惑星探査機「はやぶさ」が打ち上げられた場所が内之浦宇宙空間観測所だったこともあり、宇宙関連の看板やモニュメントが多い。
kanaudakewolkboad04

kanaudakewolkboad14

kanaudakewolkboad15

kanaudakewolkboad18
それぞれ800×600pixels

ボードウォークからは内之浦湾を眺望できます。
kanaudakewolkboad_p01
1650×600pixels

海の先にみえるのは都井岬。
kanaudakewolkboad09
800×600pixels

大隅半島東端の火崎もみえる。
kanaudakewolkboad10
800×600pixels

内之浦の町並みや漁港を見下ろす。
kanaudakewolkboad13

kanaudakewolkboad11

kanaudakewolkboad12
それぞれ800×600pixels

周囲の山の上にはパラボラアンテナが見えます。
kanaudakewolkboad16

kanaudakewolkboad17
それぞれ800×600pixels

麓から連なる真っ直ぐな階段。
kanaudakewolkboad06
800×600pixels

階段は頂上の叶嶽神社まで続いています。
合計1000段を登り切ると願掛けが成就する御利益があるようです。
kanaudakewolkboad21
800×600pixels

続きを読む
posted by T-chan at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

塚崎の大クス★★★〜古墳の上に立つ幹周り14mの楠の巨木〜

tukasakinoookusu01
800×1427pixels

写真:塚崎の大クス
場所:鹿児島県肝属郡肝付町
訪問日:2015年12月29日
最寄IC:大隅縦貫道 笠之原IC
最寄道の駅:道の駅「くにの松原おおさき」

鹿児島県南東部、大隅半島の東にある肝付町の中心部から東には塚崎古墳群があります。
その古墳の一つの上には幹周り14mの楠の巨木が立っています。

笠之原ICからは国道220号、県道68号(鹿屋吾平佐多線)、県道554号(後田富山線)と南西へ進みます。
8q程進むと県道73号(鹿屋高山串良線)との交差点に辿り着きます。

左折し東へ5q程進むと塚崎古墳群沿いを走るようになります。
信号の無い細い道との交差点にて南方向への道に塚崎の大クスへの案内があります。

細い道に入って350m程のT字交差点を左へ曲がると塚崎の大クスですが、車通行困難です。
tukasakinoookusu06

tukasakinoookusu08
それぞれ800×600pixels

途中の林の間にある砂利スペースに車を停めました。
tukasakinoookusu05
800×600pixels

細い道を進む。
tukasakinoookusu09
800×1067pixels

すると大楠のある広場にでます。
木道が周囲に整備されていて木の周りを周回できます。
tukasakinoookusu03
1070×600pixels

こんもりした円形古墳(塚崎古墳群一号墳)の上に立つこの巨木は樹齢1300年とのことです。
tukasakinoookusu10
800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

道の駅「くにの松原おおさき」★★★〜入口に巨大なオオカブトムシモニュメントがある〜

mitinoeki_aspaloosaki08
800×600pixels

写真:オオカブトムシモニュメント
場所:鹿児島県曽於郡大崎町
訪問日:2015年12月29日
最寄IC:東九州自動車道 鹿屋串良JCT

鹿児島県東部、大隅半島の中央東にある大崎町の中心部から北東へ4qの国道沿いに道の駅「くにの松原おおさき」があります。

大隅半島南東部の入口にある休憩スポットになります。

鹿屋串良JCTからは県道67号(高隈串良線)を8q南東へ進みます。
緑ヶ丘交差点にて左折し国道220号を北東へ約10q程進むと右側に道の駅があります。

二匹のオオカブトムシのモニュメントが目印になります。
mitinoeki_aspaloosaki07
800×600pixels

道の駅内には「あすぱる大崎」と言うレストラン、宿泊施設、温泉、物産館の複合設備あります。
mitinoeki_aspaloosaki06
800×600pixels

更に奥には「大崎ふれあいの里公園」があります。
休憩所やイベント広場等充実しています。
oosakihureainosatokouen02
800×600pixels

休憩所の二階は展望所になっています。
mitinoeki_aspaloosaki04
800×600pixels

見えるのは公園内です。
oosakihureainosatokouen_p
1070×600pixels

ただ、並木道の先に少しだけ、くにの松原がみえます。
mitinoeki_aspaloosaki05
800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | SA、PA、道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

小吹毛井第2パーキング(とるぱ)★★★〜鵜戸崎を遠望する海岸沿いの駐車場〜

kohukeidainiPA_p03
1961×600pixels

写真:小吹毛井第2パーキングから日南海岸を眺望
場所:宮崎県日南市
訪問日:2015年12月29日
最寄IC:宮崎自動車道 宮崎IC
最寄道の駅:道の駅「フェニックス」

宮崎県日南市中心部から東、国道220号(日南フェニックス道路)沿いの日崎付近に小吹毛井第2パーキングがあります。

海沿いの駐車場なので日南海岸の風景を望むことが出来ます。

宮崎ICからは国道220号の宮崎南バイパス、青島バイパスを南へ進み掘切峠トンネル南まで進みます。
更に国道を約17km南へ進む。

新鵜戸トンネルから更に3q程南へ進むと、日崎近くの海側に小吹毛井第2パーキングがあります。
(とるぱの標識あります)
kohukeidainiPA02
800×600pixels

ヤシの木が並ぶ海岸から見る青い海は南国的です。
年末の訪問でしたが温かく感じました。
kohukeidainiPA03
800×600pixels

北には鵜戸崎の灯台も遠望できます。
kohukeidainiPA05
800×600pixels

kohukeidainiPA_p2
1200×600pixels

海辺の磯は鬼の洗濯岩状の段々になっている。
kohukeidainiPA_p
1070×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | SA、PA、道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

鵜戸崎海岸★★★★〜白色の奇岩だらけの風景は異世界を連想させる〜



動画:鵜戸崎海岸の奇岩
場所:宮崎県日南市
訪問日:2015年12月29日
最寄IC:宮崎自動車道 宮崎IC
最寄道の駅:道の駅「フェニックス」

宮崎県南東部にある日南市の北東部、鵜戸崎周辺の海岸は白色の奇岩だらけの風景となります。
その様子が日本離れしていて異世界を連想させます。

宮崎ICからは国道220号の宮崎南バイパス、青島バイパスを南へ進み掘切峠トンネル南まで進みます。
更に国道を約17km南へ進む。

県道433号(鵜戸神宮線)への分岐に入ります。(鵜戸神宮線へ案内有)
トンネル潜って100m程坂道を下った先に鵜戸神宮への分岐があります。

ここは直進し更に300m進むと大鳥居のある分岐があります。
左折すると鵜戸神宮への海岸参道です。

暫く進むと海岸沿いの道となり坂を登り切ったカーブの外側に灯台があります。
灯台の前に車2,3台分の駐車スペースがあります。
ただ、訪問時は中止スペースは閉鎖されていました。
(更に200m先にも駐車場があります。)
utosakitoudai05
800×1067pixels

階段脇に海岸へ降りる道があります。
急坂ですのでスニーカーなど滑り難い靴が良いでしょう。
utosakinokigan01
800×600pixels

海岸に降りると白い奇岩台地が青い海の前に広がっています。
utosakinokigan_p01
1712×600pixels

砂と泥で出来た岩。
utosakinokigan_p05.jpg
2773×600pixels

砂層、泥層が海の浸食によって複雑な形に削られています。
utosakinokigan_p10

utosakinokigan_p11
それぞれ1070×600pixels

陸側は滑らかなマーブル模様の表面です。
utosakinokigan_p12
800×1047pixels

流れのラインのようなマーブル模様が不可思議さを演出しています。
utosakinokigan09

utosakinokigan31

utosakinokigan32

utosakinokigan33

utosakinokigan37
それぞれ800×600pixels

海側は侵蝕進み荒々しくなっている。
utosakinokigan15

utosakinokigan17

utosakinokigan18

utosakinokigan29
それぞれ800×600pixels

小さいながら虫食い状、枡形、キノコ状の奇岩もあります。
utosakinokigan41

utosakinokigan39

utosakinokigan24

utosakinokigan26
それぞれ800×600pixels

北には鵜戸神宮の洞窟本殿も見えます。
utosakinokigan_p15
1460×600pixels

丘上には鵜戸崎灯台が一部見えました。
utosakinokigan19
800×600pixels


続きを読む
タグ:宮崎県
posted by T-chan at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

鵜戸崎灯台★★★〜常夜燈(石灯篭)をイメージした珍しい形の灯台〜

utosakitoudai03
800×600pixels

写真:鵜戸崎灯台
場所:宮崎県日南市
訪問日:2015年12月29日
最寄IC:宮崎自動車道 宮崎IC
最寄道の駅:道の駅「フェニックス」

宮崎県南東部にある日南市の北東部、鵜戸崎にある灯台は、他の灯台と違って石灯篭の形をしたユニークな灯台です。

宮崎ICからは国道220号の宮崎南バイパス、青島バイパスを南へ進み掘切峠トンネル南まで進みます。
更に国道を約17km南へ進む。

県道433号(鵜戸神宮線)への分岐に入ります。(鵜戸神宮線へ案内有)
トンネル潜って100m程坂道を下った先に鵜戸神宮への分岐があります。

ここは直進し更に300m進むと大鳥居のある分岐があります。
左折すると鵜戸神宮への海岸参道です。

暫く進むと海岸沿いの道となり坂を登り切ったカーブの外側に灯台があります。
灯台の前に車2,3台分の駐車スペースがあります。
ただ、訪問時は中止スペースは閉鎖されていました。
utosakitoudai04
800×600pixels

今回は更に200m先ある駐車場を利用しました。

この灯台は鵜戸神宮の参道にある為、景観に調和するよう石灯篭型にデザインされたそうです。
真下から見ると灯火部が見えなくなり巨大な石灯篭にしか見えなくなります。
utosakitoudai05
800×1067pixels

灯台から西へ道路を歩くと日南海岸が見降ろせます。
utosakitoudai_p
1881×600pixels

200m程先には鵜戸千畳敷奇岩があります。
青島でも見ることが出来る鬼の洗濯岩です。
引き潮時には広大な範囲が海上に現れる見ごたえがあるそうです。
utosakitoudai13
800×600pixels


続きを読む
タグ:宮崎県 灯台
posted by T-chan at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

鵜戸神宮★★★★〜海岸断崖の洞窟内に本殿がある神宮〜

utojinnguu_p02
1825×600pixels

写真:鵜戸神宮
場所:宮崎県日南市
訪問日:2015年12月29日
最寄IC:宮崎自動車道 宮崎IC
最寄道の駅:道の駅「フェニックス」

宮崎県南東部にある日南市の北東部、鵜戸崎に宮崎県南部で最も有名な鵜戸神宮があります。
海岸の断崖に空いた洞窟内に本殿が有ります。

また洞窟周辺には天然の奇岩が数多くあり見どころとなっています。

宮崎ICからは国道220号の宮崎南バイパス、青島バイパスを南へ進み掘切峠トンネル南まで進みます。
更に国道を約17km南へ進む。

県道433号(鵜戸神宮線)への分岐に入ります。(鵜戸神宮線へ案内有)
トンネル潜って100m程坂道を下った先に鵜戸神宮への分岐があります。

左折し暫く進むと観光駐車場に辿り着きます。
(他にも海岸参道からのアクセスも出来ますが一部峡路、離合困難区間あります)
utojinnguu01
800×600pixels

奥から階段を登って八丁坂を越えます。
utojinnguu02
800×600pixels

神宮側は石段となっています。
utojinnguu54
800×1067pixels

神門、楼門を潜ります。
utojinnguu04

utojinnguu07
800×600pixels

千鳥橋、玉橋と渡ると本殿が見えてきます。
utojinnguu13

utojinnguu17
それぞれ800×600pixels

断崖に大きく開いた洞窟に本殿が築かれている。
utojinnguu18
800×600pixels

本殿前の海岸は奇岩岩礁地帯となっています。
utojinnguu_p03
1503×600pixels

亀石の枡形に運玉を投入れられれば願いが叶う御利益があるそうです。
(男性は左手、女性は右手で投げる)
utojinnguu48
800×600pixels

屹立する奇岩。
utojinnguu49
800×600pixels

洞窟内にある朱色の本殿が珍しい。
utojinnguu_p06
1070×600pixels

本殿の回りを一周出来ます。
utojinnguu_p07
1070×600pixels

本殿後ろには御乳岩があります。
確かにシルエットが胸の形に見えます。
utojinnguu37

utojinnguu38
それぞれ800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 洞窟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

サンメッセ日南★★★★〜完全復刻モアイ像と太平洋パノラマ展望が見どころ〜

sunmessenitinan13
800×1067pixels

写真:完全復刻モアイ像
場所:宮崎県日南市
訪問日:2015年12月29日
最寄IC:宮崎自動車道 宮崎IC
最寄道の駅:道の駅「フェニックス」

宮崎県南東部にある日南市の北東部、鵜戸崎の北隣の丘上にサンメッセ日南と言うレジャーパークがあります。
公園内は海側に景色が開けて太平洋から日向灘をパノラマ眺望できます。
また、完全復刻モアイ像が園内あちこちにあり、南国風の景色と相まってイースター島の雰囲気を味わえます。

宮崎ICからは国道220号の宮崎南バイパス、青島バイパスを南へ進み掘切峠トンネル南まで進みます。
更に国道を約15km南へ進むとサンメッセ日南への入口が陸側にあります。

入口に入ってS字カーブの坂道を登って行くと料金所があります。
入園料は
大人¥700、中高生\500、4才以上\350(団体割引有)

駐車場はかなり広い。
sunmessenitinan22
800×600pixels

お目当てのモアイ広場は、園内の下層にあります。
一度ウェルカムプラザまで降りて南へ進みます。
sunmessenitinan02
800×600pixels

ヤシの木並木の先に見える海へ降り注ぐ太陽の輝きは、まさに南国です。
sunmessenitinan04
800×600pixels

七体のモアイ像が見えてきます。
sunmessenitinan05
800×600pixels

整然と並ぶ巨大なモアイ像。
イースター島を彷彿とさせる景色です。
sunmessenitinan12

sunmessenitinan10

sunmessenitinan14

sunmessenitinan15

sunmessenitinan18
それぞれ800×600pixels

モアイの後ろからの景色。
日向灘、太平洋が広がる。
sunmessenitinan_p01.jpg
2582×600pixels

丘上を目指して遊歩道を登ります。
sunmessenitinan19
800×600pixels

園内には他にもモアイ像があちこちにあります。
探してみるのも良いでしょう。
sunmessenitinan45
800×1067pixels

途中に天地望蝶と言う広場があります。
sunmessenitinan43
800×600pixels

中央に建つ塔には二つの灯がとされています。
sunmessenitinan29
800×1067pixels

日時計にもなっているようです。
sunmessenitinan44
800×600pixels

中腹にあるセンタープラザは奇抜なデザインの施設です。
レストランやショッピングプラザ、昆虫記念館、西田天香記念館など見どころ多い。
sunmessenitinan_p07
1070×600pixels

センタープラザからの景色。
モアイ広場を見下ろすパノラマ眺望。
sunmessenitinan_p03.jpg
2400×600pixels

更に奥へ進むと頂上部に地球感謝の鐘、展望台があります。
ここまで登ってくる観光客は少なく静かな雰囲気です。
sunmessenitinan35

sunmessenitinan39
それぞれ800×600pixels

このモニュメントにも灯しがありました。
sunmessenitinan40
800×600pixels

眺望はセンタープラザを眼下に太平洋を眺望できます。
sunmessenitinan_p08
1070×600pixels

続きを読む
posted by T-chan at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

いるか岬★★★〜昔は沖を泳ぐイルカを見ることが出来た岬〜

irukamisaki_p01.jpg
3392×600pixels

写真:いるか岬からの景色
場所:宮崎県宮崎市
訪問日:2015年12月29日
最寄IC:宮崎自動車道 宮崎IC
最寄道の駅:道の駅「フェニックス」

国道220号(日南フェニックスロード)沿いの宮崎市の南西端にいるか岬があり、チョッとした休憩駐車場となっています。
irukamisaki02
800×600pixels

宮崎ICからは国道220号の宮崎南バイパス、青島バイパスを南へ進み掘切峠トンネル南まで進みます。
更に南へ5q程国道220号を進むとイルカ岬の駐車場が海側にあります。
irukamisaki_p02
1545×600pixels

駐車場の先は展望所になっており日向灘を見渡せます。
irukamisaki04
800×600pixels

昔は沖を泳ぐイルカをよく見ることが出来たそうで、この地の名の由来になっています。
現在も運が良ければイルカを見ることが出来るようです。
irukamisaki08
800×1067pixels

北には巾着島が見えます。
irukamisaki09
800×600pixels

眼下の岩礁も注目ポイントです。
irukamisaki06
800×600pixels

岩の表面に複数の穴と奇妙な紋様があります。
まるで泡立つ溶岩が固まったかのような表面です。
irukamisaki10

irukamisaki12

irukamisaki11
それぞれ800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



ブログパーツ