2016年03月30日

東椎屋の滝★★★★〜九州華厳とも呼ばれる落差85mの大滝〜



動画:東椎屋の滝
場所:大分県宇佐市
訪問日:2015年12月31日
最寄IC:宇佐別府道路 安心院IC
最寄道の駅:道の駅「いんない」

大分県北部の宇佐市の南東端近く、東椎屋の滝川流域に東椎屋の滝があります。

安心院ICからは県道42号(山香院内線)を西へ1.5q進み交差点を左折し国道500号を南東へ約10m進みます。

すると、西椎屋の滝への案内のある分岐があります。
分岐に入って1.5km程川沿いの道を進むと駐車場に辿り着きます。
higasisiiyanotaki03
800×600pixels

先ず遊歩道を谷底まで下ります。
higasisiiyanotaki04
800×600pixels

谷底では岩盤を削って流れる清流に沿って遊歩道が続きます。
higasisiiyanotaki06

higasisiiyanotaki07
それぞれ1070×600pixels

沢沿い道を暫く歩く。
higasisiiyanotaki10

higasisiiyanotaki13
それぞれ800×600pixels

滝壺へ到着。
85mの断崖の迫力と轟音轟かせて流れ落ちる滝の迫力は一見の価値あります。
その姿から九州華厳とも呼ばれているそうです。
higasisiiyanotaki20
800×1067pixels


続きを読む
ラベル: 大分県 百名瀑
posted by T-chan at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

桂昌寺跡 地獄極楽★★★★〜地獄から極楽までの風景を体感できる教導洞窟〜



動画:極楽窟の針の耳を登る
場所:大分県宇佐市
訪問日:2015年12月31日
最寄IC:宇佐別府道路 安心院IC
最寄道の駅:道の駅「いんない」

大分県北部の宇佐市の南東部にある東恵良地区、国道500号より少し西にある桂昌寺跡地に大衆教導の為に造られた地獄と極楽を体感できる洞窟があります。

安心院ICからは県道42号(山香院内線)を西へ1.5q進み交差点を左折し国道500号を南東へ進む。
5q程進むと桂昌寺跡への案内のあるT字交差点があります。

左折し東へ道なりに400m進むと桂昌寺跡の駐車場に辿り着きます。

駐車場北に入口があります。
keisyouji_jigokugokuraku01
800×1067pixels

先ず礼拝堂に入ります。
keisyouji_jigokugokuraku04
800×600pixels

説明板によると、先ず最初に室町時代に桂昌寺がこの地に建立されました。
しかし江戸時代には荒廃してしまった。
江戸末期に、桂昌寺跡地に僧が大衆教導の為に地獄極楽を造ったそうです。

桂昌寺跡の案内図
keisyouji_jigokugokuraku_map
800×600pixels

先ず地獄道を進む。
keisyouji_jigokugokuraku11
800×600pixels

洞窟に入ると閻魔大王と牛頭(ごず)馬頭(めず)の石像がある。
keisyouji_jigokugokuraku19
800×600pixels

洞窟内には照明があり安心して進めます。
keisyouji_jigokugokuraku20
800×1067pixels

分岐があったりする。
keisyouji_jigokugokuraku21
800×600pixels

血ノ池地獄には赤鬼と青鬼の石像がある。
keisyouji_jigokugokuraku13
それぞれ800×600pixels

平等王、三途の川の婆の石像
keisyouji_jigokugokuraku23

keisyouji_jigokugokuraku25
それぞれ800×1067pixels

菩薩坂から先は菩薩や如来など仏像の石像が並ぶ。
keisyouji_jigokugokuraku24

keisyouji_jigokugokuraku27
それぞれ800×1067pixels

一度外に出ると多くの仏像が祀られている崖に辿り着く。
keisyouji_jigokugokuraku_p2
1758×600pixels

この奥に冒頭映像の針の耳と言う竪穴があります。
keisyouji_jigokugokuraku31
800×600pixels

鎖を伝って細い穴を登りくけると極楽世界に辿り着けます。  
極楽世界には多くの仏像があり、崖上からは、麓の畑などを眺望できます。
keisyouji_jigokugokuraku_p
1224×600pixels

続きを読む
ラベル:大分県 洞窟
posted by T-chan at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 洞窟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

熊野磨崖仏★★★〜高さ8mの不動明王像と6mの大日如来像は国内最大級の大きさ〜

kumanomagaibutu14
800×1067pixels

写真:鍋山磨崖仏(不動明王像)
場所:大分県豊後高田市
訪問日:2015年05月02日
最寄IC:日の出バイパス 日出IC

国東半島の南西内部、豊後高田市の南東端の山中に熊野磨崖仏があります。
国東半島に数ある磨崖仏の中で最もスケールの大きい磨崖仏です。

日出ICからは国道10号を13km程北へ進み下市北交差点で右折する。
県道655号(新城山香線)を北へ4q程進むと熊野磨崖仏への案内があります。

しばらく道なりに進むと駐車場があります。
kumanomagaibutu01
800×600pixels

駐車場から舗装路を80m程進むと拝観受付所があいます。
拝観料金¥200を支払い参道を進む。
kumanomagaibutu04
800×600pixels

坂道、石段を100段程登ると磨崖仏が見えてきます。
kumanomagaibutu10
800×1067pixels

左に不動明王像(8m)、右に大日如来像(6m)。
kumanomagaibutu11
800×600pixels

不動明王像は頭部と剣がハッキリと確認できるが胴体部は摩耗しているのか不鮮明になっている。
kumanomagaibutu07
800×1067pixels

大日如来像は表面滑らかで余り摩耗していないようだ。
kumanomagaibutu17
800×1067pixels

その他にも小さい三体の磨崖仏の跡も見える。
kumanomagaibutu16
800×600pixels

参道の階段は更に続き、最上段まで登ると、熊野社の神社があります。
kumanomagaibutu20
800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

元宮磨崖仏★★★〜県道脇の断崖に5体の磨崖仏が刻まれている〜

motomiyamagaibutu07
800×600pixels

写真:元宮磨崖仏
場所:大分県豊後高田市
訪問日:2015年05月02日
最寄IC:宇佐道路 四日市IC、宇佐IC

国東半島の南西内陸部、豊後高田市の桂川近くの県道沿いに元宮磨崖仏があります。
県道道路の直ぐ隣の断崖の根元に5体の磨崖仏が刻まれていてお堂(礼拝所)が建立されています。

宇佐ICからは県道625号(宇佐インター線)を東へ進み国道387号を北へ4q程進む。
法鏡寺交差点にて右折し国道10号、国道213号と東へ8q進みます。

新地交差点にて右折し県道29号(豊後高田国東線)を東へ500q程進むと県道34号(豊後高田安芸線)との分岐になります。

県道34号にて南東へ11km程進み真中交差点を左折し県道655号(新城山香線)を北へ進むと直ぐに道路の左側(西側)の断崖に元宮磨崖仏があります。
motomiyamagaibutu04
800×1067pixels

専用の駐車場はないので、県道対岸の広場を利用しました。
motomiyamagaibutu13
800×600pixels

早速参拝します。
磨崖仏の前に礼拝所があり、磨崖仏を参拝できます。
motomiyamagaibutu03
800×600pixels

右から、毘沙門天、コンガラ童子、不動明王、持国天、地蔵菩薩の五体の彫刻が並んでいます。
高さは1m3cmから1m80cmと人並みの高さとなっています。
半身彫りで半立体的に彫刻されている。
motomiyamagaibutu12

motomiyamagaibutu11

motomiyamagaibutu10

motomiyamagaibutu09
それぞれ800×1067pixels

説明板によれば、室町時代に製作された磨崖仏だそうです。
不動明王、持国天との間にも、不動明王の脇侍、セイタカ童子の磨崖仏があったそうですが、現在は欠落しています。

続きを読む
ラベル:磨崖仏 大分県
posted by T-chan at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

宇佐のマチュピチュ★★★〜空中都市遺跡「マチュピチュ」にそっくりと言われる景色を展望〜

usanomatyupityu_p03
800×977pixels

写真:道の駅「いんない」
場所:大分県豊後高田市
訪問日:2015年12月31日
最寄IC:宇佐別府道路 院内IC

宇佐市の南端部、国道387号を玖珠町方面へ進むと西椎屋地区にて旧国道沿いに宇佐のマチュピチュ展望所があります。
展望所から見る西椎屋の風景が、メキシコのマチュピチュにそっくりに見えます。

院内ICからは国道387号を南へ16〜7q程進むと宇佐のマチュピチュへの道標のある分岐があります。
その分岐に入って坂を100m程登るとカーブの内側に駐車場があります。
usanomatyupityu06
800×600pixels

カーブの外側は崖であり、足元には国道が通り、谷の先には西椎屋の集落が見えます。
usanomatyupityu_p04
1070×600pixels

usanomatyupityu_p02.jpg
3022×600pixels

そしてカーブの外側に説明板があります。
usanomatyupityu02
800×600pixels

描かれたマチュピチュの景色と眼前の景色を比較すると、確かに似ています。
usanomatyupityu03
800×600pixels

規模や標高はオリジナルにはかないませんが、日本ならではの心に残る風景が素晴らしい。

続きを読む
ラベル:大分県
posted by T-chan at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

道の駅「いんない」★★★〜石橋モニュメントとオオサンショウウオ〜

mitinoeki_innnai08
800×600pixels

写真:道の駅「いんない」
場所:大分県豊後高田市
訪問日:2015年12月31日
最寄IC:宇佐別府道路 院内IC

宇佐市南部の院内町、国道387号と国道500号の重複区間に道の駅「いんない」があります。
宇佐市から別府や湯布院、玖珠への分岐地点にある道の駅です。

院内ICからは国道387号を南へ約6q程進むと道の駅「いんない」が国道の東側にあります。

道の駅には石橋をイメージしたモニュメントがあります。
院内町は石橋が多いことが特徴だそうです。
mitinoeki_innnai01
800×600pixels

道の駅の近くにも「荒瀬橋」と言う石橋がありますが、生憎の雨天だったので立ち寄りはやめました。

道の駅の施設内にはオオサンショウウオが飼育されていて、見学することが出来ます。
但し、岩の中に隠れていて一部しか見えませんでしたが。
mitinoeki_innnai03

mitinoeki_innnai05

mitinoeki_innnai06

mitinoeki_innnai07
ぞれぞれ800×600pixels


続きを読む
ラベル:大分県 道の駅
posted by T-chan at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | SA、PA、道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

並石ダム★★★〜ダム湖の向うの山頂に鬼城岩峰を望む〜

namiisiDAM_p02.jpg
2729×600pixels

写真:並石ダム
場所:大分県豊後高田市
訪問日:2015年05月02日
最寄IC:宇佐道路 四日市IC、宇佐IC

国東半島の中央部にある両子山の南西麓、戸甲川の上流に並石ダムがあります。
ダムの近くには駐車場や水車のある広場、里の駅・並石ダムグリーンランドがあり、国東半島観光の拠点となります。
namiisiDAM01
800×600pixels

宇佐ICからは県道625号(宇佐インター線)を東へ進み国道387号を北へ4q程進む。
法鏡寺交差点にて右折し国道10号、国道213号と東へ8q進みます。

新地交差点にて右折し県道29号(豊後高田国東線)を東へ13q程進みます。
並石トンネル(並石ダム隧道)を越えた先にある分岐に並石ダムグリーンランドへの案内があります。

分岐に入って150m程進むとダム湖辺の駐車場に辿り着きます。
namiisiDAM02
800×600pixels

小さいながら碧く美しいダム湖。
namiisiDAM_p03.jpg
2729×600pixels

辺の芝生広場には水車小屋もあります。
namiisiDAM_p01.jpg
2729×600pixels

湖の先にある山は奇岩の岩峰となっている。
鬼が棲んでいたという言い伝えがあり鬼城岩峰と呼ばれているようです。
namiisiDAM09

namiisiDAM10

namiisiDAM11
それぞれ800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 湖、池、泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

鍋山磨崖仏★★★〜急な80段の階段を登った先に三体の磨崖仏がある〜

nabeyamamagaibutu08
800×1067pixels

写真:鍋山磨崖仏
場所:大分県豊後高田市
訪問日:2015年05月02日
最寄IC:宇佐道路 四日市IC、宇佐IC
大分空港道路 杵築IC

国東半島の南西内陸部、豊後高田市の桂川の北岸にある鍋山の山腹の断崖に鍋山磨崖仏があります。

杵築ICからは県道49号(大田杵築線)、県道31号(山香国見線)と北へ13km程進む。

大田にて県道31号は県道34号(豊後高田安芸線)と分岐します。
県道34号を西へ2q程進むと鍋山磨崖仏の看板があり、近くに入口の登り階段があります。
nabeyamamagaibutu03
800×600pixels

駐車場は無いですが、近くに駐車スペースがあります。
県道の隣は桂川のダム湖があり湖畔は公園となっている。
nabeyamamagaibutu_p01.jpg
2729×600pixels

階段を登ると桂川のダム湖を見降ろせます。
nabeyamamagaibutu_p02
1070×600pixels

階段は80段程あり、勾配もきついので短い距離ですが汗かくほど疲れます。
nabeyamamagaibutu04

nabeyamamagaibutu05
800×1067pixels

登り切るとお堂の中に磨崖仏があります。
nabeyamamagaibutu16
800×600pixels

中央に不動明王立像、左にセイタカ童子、右にコンガラ童子寄り添って彫刻されている。
nabeyamamagaibutu09
800×600pixels

説明板によると鎌倉時代に製作されたと推測されています。


続きを読む
ラベル:大分県 磨崖仏
posted by T-chan at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

楢本磨崖仏★★★〜二段の断崖に40数体の磨崖仏が並ぶ〜

naramotomagaibutu03
1070×600pixels

写真:楢本磨崖仏
場所:大分県宇佐市
訪問日:2015年12月31日
最寄IC:宇佐別府道路 安心院IC
最寄道の駅:道の駅「いんない」

大分県北部の宇佐市の南東部の国道500号より少し外れた場所に、ちょっとした磨崖仏があります。
二段に形成された岩崖に四十数体の仏像が刻まれています。

安心院ICからは県道42号(山香院内線)を西へ1.5q進み交差点を左折し国道500号を南東へ進む。
3.5q程進むと楢本磨崖仏への案内のある分岐があります。

分岐に入って1q程東へ進むと道路の北側に楢本磨崖仏への登り階段があります。
(駐車場は無いが周囲に駐車スペースがある)
naramotomagaibutu02
800×600pixels

階段登ると白い二段の断崖にレリーフのように仏像が彫刻されています。(半肉彫り)
上段には如来や菩薩像、不動明王等、下段には十二神将
naramotomagaibutu08

naramotomagaibutu05

naramotomagaibutu06

naramotomagaibutu09
それぞれ800×600pixels

説明板によると、室町時代の磨崖仏の特色があるそうです。
naramotomagaibutu01
800×600pixels

続きを読む
ラベル:大分県 磨崖仏
posted by T-chan at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

大内岩屋観音堂★★★〜静かな断崖の洞穴に建立されたお堂〜

ooutiiwayakannondou34
800×600pixels

写真:大内岩屋観音堂
場所:大分県豊後高田市
訪問日:2015年05月02日
最寄IC:宇佐道路 四日市IC、宇佐IC

国東半島の中央部にある両子山の南西麓、並石ダムの上流部にある一畑と言う集落の奥地に大内岩屋観音堂と言う洞窟に立てられたお堂があります。

洞穴に建立された立派なお堂ですが、知名度が低く訪れる人も少ない穴場的スポットです。

宇佐ICからは県道625号(宇佐インター線)を東へ進み国道387号を北へ4q程進む。
法鏡寺交差点にて右折し国道10号、国道213号と東へ8q進みます。

新地交差点にて右折し県道29号(豊後高田国東線)を東へ12,3q程進みます。
並石ダム湖の上流部にある分岐を左へ進みます。(大内岩屋観音への道標有り)

道なりに900m程坂道を登って行くと、また大内岩屋観音への道標のある分岐があります。
分岐に入って道なりに進むと、一つの袋小路が駐車場であり、散策路の入口です。
ooutiiwayakannondou01
800×600pixels

袋小路の奥、小屋の脇の細道を進むと沢沿いの道となります。
ooutiiwayakannondou03
800×600pixels

沢に架かる橋を渡ると木製の柵で覆われた園内に入ります。
ooutiiwayakannondou05

ooutiiwayakannondou12
それぞれ800×600pixels

この場所は仏の元と言う場所で地蔵石が沢山あります。
幸せを願って彫刻したそうです。
ooutiiwayakannondou13

ooutiiwayakannondou18

ooutiiwayakannondou24

ooutiiwayakannondou27
それぞれ800×600pixels

沢沿いに進むと棚田の脇を階段で登ることになります。
ooutiiwayakannondou30

ooutiiwayakannondou32
それぞれ800×600pixels

棚田の最上段、岩崖に観音堂があります。
ooutiiwayakannondou_p09.jpg
2729×600pixels

断崖に空いた洞窟にお堂が入っています。
この洞窟は人口的に造ったようです。
ooutiiwayakannondou_p02
800×1205pixels

お堂の内部に入ることが出来ます。
急傾斜の階段を登って二階へ。
ooutiiwayakannondou36
800×1067pixels

二階には祭壇がある。
ooutiiwayakannondou_p07
1070×600pixels

洞窟内部には照明は無いですが、外からの日差しが入るので多少明るかった。
ooutiiwayakannondou40
800×600pixels

観音様等の仏像が祀られている。
ボケ防止の御利益があるそうです。
ooutiiwayakannondou38
800×600pixels


続きを読む
ラベル: 大分県
posted by T-chan at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

両子寺★★★〜1300年の歴史ある寺院で参道の仁王像や護摩堂の仏像などが見どころ〜

hutagoji_kunisaki11
800×600pixels

写真:両子寺仁王
場所:大分県国東市
訪問日:2015年05月02日
最寄IC:大分空港道路 杵築IC、塩屋交差点
最寄道の駅:道の駅「くにさき」

国東半島の中央部にある両子山の南中腹に両子寺があります。
両子寺は約1300年の歴史をもつ天台宗の寺院で六郷満山の中山本寺です。

杵築ICからは県道49号(大田杵築線)、県道31号(山香国見線)と北へ20q以上進みます。
両子山の南麓で県道29号(豊後高田国東線)を東へ2.5q程進み県道55号(両子山武蔵線)への分岐に入る。
谷に降りたところで左折し坂道を登って行くと両子寺の駐車場に辿り着きます。
hutagoji_kunisaki_p2
1070×600pixels

駐車場から奥に麓から続く階段があります。
その階段を下りると山門と両子寺仁王の像があります。
hutagoji_kunisaki10
800×600pixels

参道階段を守るように立つ二体の仁王像は国東半島最大の石像だそうで、筋骨隆々の肢体、睨みを利かせた顔、とてつもない迫力があります。
hutagoji_kunisaki12

hutagoji_kunisaki14
それぞれ800×1067pixels

階段を登り仏域を散策。
護摩堂は山岳修行の道場でもある。
hutagoji_kunisaki_p3
1070×600pixels

修行道を両子山山頂まで続きます。
今回は奥の院まで散策しました。
hutagoji_kunisaki17
800×600pixels

不動明王の石像
hutagoji_kunisaki18
800×1067pixels

護摩堂は屋内を見学できます。
釈迦三尊像や四天王像があります。
hutagoji_kunisaki27

hutagoji_kunisaki29

hutagoji_kunisaki33
それぞれ800×600pixels

hutagoji_kunisaki34
800×1067pixels


続きを読む
ラベル:大分県
posted by T-chan at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

道の駅「くにさき」★★★〜遊歩道で林を抜けると砂浜が広がっている〜

mitinoeki_kunisaki06
800×600pixels

写真:道の駅「くにさき」
場所:大分県国東市
訪問日:2015年12月27日
最寄IC:大分空港道路 塩屋交差点

国東半島の東端部、国東市中心からみなみに3q程の国道213号沿いに道の駅「くにさき」があります。
道の駅としては珍しくサイクリングターミナルと言う施設があります。

大分空港道路の塩屋出口(交差点)からは国道213号を北へ12km程進むと国道沿いに道の駅があります。
ホテル「ヴィラくにさき」の隣にある夢咲茶屋とサイクリングターミナルや銀たちの郷、黒津之庄等に二分割されています。
mitinoeki_kunisaki_map
800×600pixels

私はサイクリングターミナルのある駐車場を利用しました。
遊歩道は海まで続いています。
mitinoeki_kunisaki01

mitinoeki_kunisaki02
それぞれ800×600pixels

遊歩道にあった後藤三郎 詩碑
mitinoeki_kunisaki04
800×600pixels

林を抜けると砂浜が広がっていた。
穏やかな伊予灘を望む。
mitinoeki_kunisaki_p1.jpg
2658×600pixels

南は黒崎が見えます。
mitinoeki_kunisaki05
800×600pixels


続きを読む
ラベル:大分県 道の駅
posted by T-chan at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | SA、PA、道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

羽田海岸リンリンパーク★★★〜天気良ければ伊予灘の先に本州や四国が見える〜

hanedakaiganrinrinpark_p01
1070×600pixels

写真:羽田海岸リンリンパークの展望台
場所:大分県国東市
訪問日:2015年12月27日
最寄IC:大分空港道路 塩屋交差点
最寄道の駅:道の駅「くにさき」

国東半島の東側、国東市の富来港から1q程北の国道213号沿いに羽田海岸リンリンパークがあります。
伊予灘や海岸を眺望できる展望台の先には砂浜が広がっています。

大分空港道路の終点である塩屋交差点からは国道213号を約20km程進みます。
県道652号(赤根富来浦線)との交差点(富来浦交差点)を直進し更に1q程北へ進むと海側に駐車場と展望台があります。
hanedakaiganrinrinpark08
800×600pixels

あずまやからの景色。
砂浜と伊予灘を眺望。
hanedakaiganrinrinpark_p05.jpg
2729×600pixels

展望台からの眺望。
天候良ければ本州や四国も見えるそうです。
hanedakaiganrinrinpark_p06.jpg
2729×600pixels

北には姫島が一部見えています。
hanedakaiganrinrinpark07
800×600pixels

海岸まで出てみた。
広い砂浜は夏には海水浴場になるのだろうか?
hanedakaiganrinrinpark_p07.jpg
2729×600pixels


続きを読む
ラベル: 大分県
posted by T-chan at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

八坂社 富来神社★★★〜開運ロード富来路の開運パワースポット〜

yasakasjinja_tomiku_p1
1070×600pixels

写真:富来神社
場所:大分県国東市
訪問日:2015年12月27日
最寄IC:大分空港道路 塩屋交差点
最寄道の駅:道の駅「くにさき」

国東半島の東側、国東市の富来港から文殊仙寺までの道のりは開運ロード富来路(とみくじ)と呼ばれています。
mane-kinekokouen_takasabasi_map2
800×1067pixels

その途中にある富来神社(八坂社)は、富来の神を祀っており開運の御利益があるようです。

大分空港道路の終点である塩屋交差点からは国道213号を約19km程進みます。
県道652号(赤根富来浦線)との交差点(富来浦交差点)を左折、約3q西へ進むと道路の北側に富来神社入り口(鳥居)と、とみく土産店があります。
yasakasjinja_tomiku14

yasakasjinja_tomiku15
それぞれ800×600pixels

お店の隣に駐車場への入口があります。
車一台分の狭い道ですが直ぐに駐車場に辿り着きます。
yasakasjinja_tomiku02
800×600pixels

駐車場の近くにある鳥居から境内に入る。
yasakasjinja_tomiku04
800×600pixels

本殿は大しめ縄が目立つ年季の入った建物。
yasakasjinja_tomiku24
800×600pixels

建物内部には神殿だけでなく絵馬やメディアの記事等展示されています。
yasakasjinja_tomiku_p2
1070×600pixels

この神社の見どころの一つは神門の精巧な彫刻です。
yasakasjinja_tomiku18
800×600pixels

獅子
yasakasjinja_tomiku19
800×600pixels

扉の彫刻も可也複雑だ。
yasakasjinja_tomiku22
800×1067pixels

特に天井の雲竜と十二支を描いた彫刻は必見です。
yasakasjinja_tomiku21

yasakasjinja_tomiku23
それぞれ800×600pixels

本殿前の狛犬は顔がユニーク。
yasakasjinja_tomiku26

yasakasjinja_tomiku27
それぞれ800×600pixels

本殿の右脇から奥に入ると、子連れ唐獅子の像があります。
良く見ると前足で子を抱えていることが分かります。
yasakasjinja_tomiku34

yasakasjinja_tomiku36
それぞれ800×600pixels

写真では二匹の子獅子がみえますが、3匹抱えているそうです。
祈願すると厄除け、子宝の御利益があるそうです。

そして社殿を後ろから回ると子連れ唐獅子の正面に運玉唐獅子の像があります。
この玉に触れると開運財宝の御利益があるようです。
yasakasjinja_tomiku40

yasakasjinja_tomiku41
それぞれ800×1067pixels


続きを読む
ラベル:神社 大分県 開運
posted by T-chan at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

マネーき猫公園ととみく開運橋★★★〜宝くじ開運御利益高いスポット〜

mane-kinekokouen_takasabasi20
800×1067pixels

写真:マネーき猫
場所:大分県国東市
訪問日:2015年12月27日
最寄IC:大分空港道路 塩屋交差点
最寄道の駅:道の駅「くにさき」

国東半島の東側、国東市の富来港に開運の御利益が高そうなスポットがあります。
「マネーき猫」、「とみく開運橋」、「願い橋叶い橋」

この地の名が富来(富が来る)に因んだ町興しだそうです。
西の山にある文殊仙寺まで続く路を開運ロード富来路(とみくじ)と良んでいます呼ばれています。
mane-kinekokouen_takasabasi_map2
800×1067pixels

大分空港道路の終点である塩屋交差点からは国道213号を約19km程進みます。
県道652号(赤根富来浦線)との交差点(富来浦交差点)を直進し、次の川を渡る前に右折し川の右岸を東へ200m進むとマネーき猫公園があります。
mane-kinekokouen_takasabasi32
800×600pixels

ただ、駐車場は無いので、周辺の駐車可能そうなスペースを見つけて路駐することになります。
(自転車用の駐輪場はある)

公園には鳥居がある。
mane-kinekokouen_takasabasi15
800×600pixels

公園の中央広場にマネーき猫の像があります。
「富来猫」と言い、七福(富来)神の宝船「富来開運丸」の気象予報士で三毛猫の兄弟だそうです。
名前は太郎と次郎だそうです。
mane-kinekokouen_takasabasi19
800×600pixels

太郎の胸にある穴に石を投入し後ろにある吉凶記したマスの何れかに入るかで運だめし出来ます。
(私は小吉でした)
mane-kinekokouen_takasabasi21
800×600pixels

公園の近くにある橋はとみく開運橋と言い、舟の形の装飾がなされています。
mane-kinekokouen_takasabasi13
800×600pixels

橋の歩道には「宝」マークの帆。
mane-kinekokouen_takasabasi07
800×600pixels

開運丸の船首部が橋の中央から生えている。
mane-kinekokouen_takasabasi12
800×600pixels

橋から富来港を眺望。
今は静かな港ですが、かつては海運業で栄えたそうです。
mane-kinekokouen_takasabasi_p02
1070×600pixels

川沿いの路を国道方面へ戻ります。
mane-kinekokouen_takasabasi_p03.jpg
2729×600pixels

すると国道手前に願い橋叶があります。
mane-kinekokouen_takasabasi41
800×600pixels

一見普通の橋ですが、橋の前には七福神のイラストがあったり、願掛け札が掛けられていたので御利益があるのかも知れない。

橋の近くには案内所や願い橋叶い橋の御本尊「大黒天」の像があります。
mane-kinekokouen_takasabasi35

mane-kinekokouen_takasabasi37
それぞれ800×600pixels

なかなか御利益ありそうなスポットです。
宝くじ好きな人は訪ねてみると良いかもしれません。


続きを読む
posted by T-chan at 07:04| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



ブログパーツ