2015年11月30日

屏風岩公苑★★★〜高さ200mの柱状節理断崖が1.5q続く〜

byoumuiwa_soni_p05
1070×600pixels

写真:屏風岩
場所:奈良県宇陀郡曽爾村
訪問日:2015年10月12日
最寄IC:名阪国道 小倉IC
最寄道の駅:道の駅「伊勢本街道御杖」

奈良県東部にある曽爾村には幾つかのユニークな岩山があります。
屏風岩、兜岩や鎧岩などがあります。

屏風岩の直下には公園があるので訪ねて近くで屏風岩を観察してみました。

小倉ICからは奥宇陀広域農道(やまなみロード)、県道28号(吉野室生寺針線)と南へ進みます。
旧国道にて南西へ進み国道369号に出て東へ進みます。

5q程進むと、国道は二股に分岐します。
斜め左への分岐に、屏風岩公苑への案内があります。

分岐に入って県道81号(名張曽爾線)の旧道を約900m程進むと屏風岩への道標のあるT字交差点があります。
左曲がって道なりに登って行きます。

途中には幾つかの分かれ道はありますが、所々に案内あるので迷うことは無いでしょう。
3.5q程進んだ先、駐車場に辿り着きました。
byoumuiwa_soni01
800×600pixels

駐車場付近から屏風岩を見上げる。
byoumuiwa_soni05

byoumuiwa_soni07
それぞれ800×600pixels

トイレ隣の坂道を登ると林の中散策路が広がっています。
春には桜の花見スポットになるそうです。
byoumuiwa_soni10
800×600pixels

木々が開けた場所に屏風岩の説明版があります。
屏風岩は標高868mで高さ200m、長さ1.5qの柱状節理の巨大岸壁で、何回かの火山活動で形成されたそうです。
byoumuiwa_soni_p01
1070×600pixels

園内の南側には早高神社があります。
byoumuiwa_soni18

byoumuiwa_soni20
それぞれ800×600pixels

その鳥居のところは谷に向かって開けて眺望スポットになっています。
byoumuiwa_soni_p03.jpg
3064×600pixels

北東方面に曽爾高原が見えます。
byoumuiwa_soni26
800×600pixels

園内は少しだけ紅葉が始まっていました。
byoumuiwa_soni13

byoumuiwa_soni15

byoumuiwa_soni08
それぞれ800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

曽爾高原★★★★〜秋には一面のススキ原が幻想的な高原〜

sonikougen_p26.jpg
2729×600pixels

写真:曽爾高原
場所:奈良県宇陀郡曽爾村
訪問日:2015年10月12日
最寄IC:名阪国道 小倉IC
最寄道の駅:道の駅「伊勢本街道御杖」

奈良県東部にある曽爾村にある曽爾高原は広大なススキ原で有名です。
特に夕景に優れ多くのカメラマンで賑わうそうです。

小倉ICからは奥宇陀広域農道(やまなみロード)、県道28号(吉野室生寺針線)と南へ進みます。
旧国道にて南西へ進み国道369号に出て東へ進みます。

5q程進むと、国道は右へ曲がりますが、直進し県道81号(名張曽爾線)を北東へ進みます。
4q程進むと曽爾高原への案内のある入口があります。

案内に従い川を渡り坂道を登って行くと、曽爾高原温泉お亀の湯の前を進みます。
更に奥へ進むと曽爾高原駐車場に辿り着きます。(駐車料金\600)
sonikougen02
800×600pixels

早速曽爾高原を散策する。
sonikougen_p27
1070×600pixels

訪ねた時は初秋、ススキは見頃前ではありますが、一部で穂を開いていました。
sonikougen03

sonikougen06

sonikougen15

sonikougen47

sonikougen63

sonikougen54
それぞれ800×600pixels

御亀池の周りを進む。
池と言っても湿地帯のようなもので、草に覆われ水面は見えません。
sonikougen_p13.jpg
2729×600pixels

ベンチのある広場に辿り着く。
sonikougen_p15.jpg
2729×600pixels

この先、階段を登って亀山峠を目指します。
sonikougen18

sonikougen25
それぞれ800×600pixels

登り道はススキ原の中。
sonikougen28
800×600pixels

亀山峠には眺望説明図があります。
sonikougen32
800×600pixels

亀山峠付近からの景色
sonikougen_p07.jpg
2529×600pixels

曽爾村中心部の向う側の山には、屏風岩、兜岳、鎧岳が見えます。
sonikougen_p06.jpg
3334×600pixels

北には倶留尊山、南には亀山が見えます。
sonikougen31

sonikougen30
それぞれ800×600pixels

東側も少しだけ見えます。
sonikougen_p09.jpg
1717×600pixels

直ぐ近くの亀山に登ってみました。
sonikougen35

sonikougen40
800×600pixels

亀山山頂の眺望。
曽爾高原とお亀池を見下ろす。
sonikougen45

sonikougen42

sonikougen39

sonikougen43

sonikougen41
それぞれ800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

白髭神社★★★★〜湖中大鳥居が珍しく近江の厳島とも呼ばれる〜

sirohigejinja_p06
1070×600pixels

写真:白髭神社の湖中大鳥居
場所:滋賀県高島市
訪問日:2014年11月24日
最寄IC:滋賀バイパス 北小松南交差点
(名神高速道路 京都東ICから湖西道路、滋賀バイパス)

琵琶湖北西にある高島市の南端近くの湖岸沿いに白髭神社があります。
国道161号沿いでもあり、海には大鳥居が見えるので分かりやすい。

京都東ICからは湖西道路、滋賀バイパスと北進し北小松南交差点まで進みます。

その後は国道161号を北東へ5q程進むと白髭神社前を通ります。
陸側の鳥居の隣に駐車場がある。
sirohigejinja09

sirohigejinja01
それぞれ800×600pixels

まずは白髭神社本殿を参拝。
祭神は猿田彦大神で、長寿の御利益があるそうです。
sirohigejinja13
800×600pixels

次に湖側へ進む。
sirohigejinja14
800×600pixels

国道渡れば琵琶湖の湖岸まで進めます。
sirohigejinja_p01
1679×600pixels

湖中に立つ大鳥居は、厳島神社や対馬の和多都美神社を思い出します。
sirohigejinja03

sirohigejinja05
それぞれ800×600pixels

後ろの山は黄葉真っ盛り。
sirohigejinja10
800×600pixels

境内案内図。
本殿より後ろにも、多くの社が祀られている。
sirohigejinja_map
800×600pixels

眺望良さそうなので階段登ってみる。
sirohigejinja16
800×600pixels

境内と琵琶湖を望む。
sirohigejinja_p04
1904×600pixels

境内も紅葉綺麗でした。
sirohigejinja23

sirohigejinja25

sirohigejinja24
それぞれ800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

将軍塚青龍殿★★★★★〜京都盆地を見下ろす広大な木造展望舞台〜

higasiyamasanntyou_kyouto_p05.jpg
2900×600pixels

写真:西展望台から将軍塚と青龍殿と紅葉庭園
場所:京都府京都市山科区
訪問日:2014年11月24日
最寄IC:名神高速道路 京都東IC

京都市中心部から東にある山科区の間にある東山の山頂部に京都盆地を見渡す素晴らしい展望地があります。

京都東IC降りて国道1号には曲がらず西へ直進し府道143号(四ノ宮四ツ塚線/三条道路)を進みます。
道沿いに北西へ4q程進むと東山ドライブウェイへの入口が右側にあります。

ドライブウェイを登って行くと途中に将軍塚への分岐があります。
分岐に入って500m程で駐車場があります。
(訪問時は将軍塚への道は通行不可で途中の駐車場からシャトルバス利用しました)

山頂駐車場から奥に将軍塚青龍殿があります。
訪ねた時は、将軍塚青龍殿の落慶記念として国宝青不動明王版画を御開帳していました。
(写真撮影不可)
higasiyamasanntyou_kyouto16
800×600pixels

青龍殿の後ろには広い木造舞台があります。
higasiyamasanntyou_kyouto41
800×600pixels

清水の舞台同様に素晴らしい景色を眺望できます。
higasiyamasanntyou_kyouto_p12.jpg
2729×600pixels

舞台からは京都盆地を見渡せます。
higasiyamasanntyou_kyouto_p02.jpg
2753×600pixels

鴨川かな?
higasiyamasanntyou_kyouto19
800×600pixels

京都五山の送り火の内、四つ、「左大文字」「妙」「法」、「大文字」が見えます。
higasiyamasanntyou_kyouto34

higasiyamasanntyou_kyouto32

higasiyamasanntyou_kyouto31

higasiyamasanntyou_kyouto33
それぞれ800×600pixels

隣には将軍塚。
天王が奈良から京都へ遷都を決めた際に都の鎮護の為に将軍像を造りこの地の塚に埋めたそうです。
higasiyamasanntyou_kyouto17

higasiyamasanntyou_kyouto18
それぞれ800×600pixels

将軍塚の隣に西展望台がある。
higasiyamasanntyou_kyouto30
800×600pixels

二階建で将軍塚や青龍殿を見降ろせます。
higasiyamasanntyou_kyouto_p01
1479×600pixels

京都盆地方面も景色良い。
higasiyamasanntyou_kyouto_p07
1981×600pixels

この展望台からは京都タワーも見えます。
木々に隠れてチョッと分かり難いので探す必要がある。
higasiyamasanntyou_kyouto42

higasiyamasanntyou_kyouto43
それぞれ800×600pixels

訪問時、園内は紅葉真っ盛り。
higasiyamasanntyou_kyouto_p11.jpg
2422×600pixels

higasiyamasanntyou_kyouto_p10
2048×600pixels

真っ赤なモミジに魅了されます。
higasiyamasanntyou_kyouto01

higasiyamasanntyou_kyouto09

higasiyamasanntyou_kyouto07

higasiyamasanntyou_kyouto11

higasiyamasanntyou_kyouto12

higasiyamasanntyou_kyouto13

higasiyamasanntyou_kyouto15

higasiyamasanntyou_kyouto40

higasiyamasanntyou_kyouto49

higasiyamasanntyou_kyouto50
それぞれ800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

伏見稲荷大社★★★★〜稲荷神社の総本宮であり千本鳥居は圧巻の景色〜

husimiinari_p12
800×1427pixels

写真:伏見稲荷の千本鳥居
場所:京都府京都市伏見区
訪問日:2014年11月24日
最寄IC:阪神高速8号京都線 上鳥羽IC
名神高速道路 京都南IC
最寄駅:JR奈良線 稲荷駅

京都盆地の南東部の山際に伏見稲荷大社があります。
京都市伏見区は日本全国の稲荷神社の総本宮です。

京都南ICからは国道1号を北へ1q程進み、中山稲荷交差点を右折、府道201号(中山稲荷線)を東へ進みます。
鴨川を渡り、京阪本線の線路を越えた先の突当りで左折し引き続き府道201号を北へ進みます。
(北進方向への一方通行)

JR奈良線の踏切を渡って稲荷駅近くに伏見稲荷神社への入口があり、駐車場もあります。
(駐車場は満車になり易い)

先ずは伏見稲荷大社を参拝。
husimiinari_map
957×600pixels

広い境内に朱色の楼門、拝殿、本殿。
荘厳な景色のなか観光客で賑わっています。
husimiinari04

husimiinari06

husimiinari12

husimiinari15
それぞれ800×600pixels

楼門には仁王像ではなく、武士の像が鎮座している。
husimiinari07

husimiinari09
それぞれ800×600pixels

狛犬ならぬ狛狐。
husimiinari08
800×1067pixels

本殿を参拝し千本鳥居を進みます。
朱色の鳥居がぎっしり並ぶ景色は圧巻です。
husimiinari18

husimiinari19

husimiinari20

husimiinari32

husimiinari33
それぞれ800×600pixels

稲荷山の山頂部まで参道は続きます。
四ッ辻からは山頂経由の周遊参道を進みます。
husimiinari_map2
1159×600pixels

更に稲荷山を目指し参道を登ります。
鳥居のトンネルは稲荷山の参道にも続いています。
(但し、所々で途切れます)
husimiinari32

husimiinari33

husimiinari39

husimiinari60
それぞれ800×600pixels

参道途中にある新池。
逆光ながら神秘的。
husimiinari_p02
1389×600pixels

稲荷山の周遊参道沿いに数多くの社があります。
参拝しながら周ります。
husimiinari35

husimiinari48

husimiinari50

husimiinari41
それぞれ800×600pixels

途中、麓の京都の町並みが見えます。
husimiinari_p04
1692×600pixels

一の峯にある上社 末広大神の社が山頂のようです。
husimiinari56

husimiinari57

husimiinari59
それぞれ800×600pixels

二の峰 中の社では、白装束の方々が参拝していました。
husimiinari61

husimiinari62
それぞれ800×600pixels

三の峰 下の社から先は下り坂となり四ッ辻に戻ります。
husimiinari65
800×600pixels

参道のモミジは綺麗でした。
husimiinari66

husimiinari69

husimiinari73

husimiinari74

husimiinari77

husimiinari43

husimiinari45

husimiinari63
それぞれ800×600pixels

husimiinari42
800×1067pixels

husimiinari_p08
1610×600pixels

伏見稲荷参道商店街では秋から冬にかけて、なんと雀やうずらの丸焼きが売っています。
土産話にチャレンジしてみては?
husimiinari80
800×600pixels

続きを読む
posted by T-chan at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

富川磨崖仏★★★〜大岩に刻まれた阿弥陀如来と菩薩像〜

tomikawanomagaibutu22
800×1067pixels

写真:富川磨崖仏
場所:滋賀県大津市
訪問日:2015年07月15日
最寄IC:京滋バイパス 南郷IC(草津方面から)、笠取IC(京都方面から)

南郷ICまたは笠取ICからは先ず県道3号(大津南郷宇治線)を東へ進みます。
鹿飛橋西詰交差点にて右折し国道422号を南東へ進みます。

約2q程進むと道路左前方、川へ降りる分岐があり、磨崖仏の道標があります。
分岐に入って川を橋で渡った先に未舗装の駐車場があります。
tomikawanomagaibutu01
800×600pixels

駐車場の奥から磨崖仏への参道がはじまります。
tomikawanomagaibutu05
800×600pixels

5分ほど坂道や階段を登ります。
苔で滑りやすいので注意必要です。
tomikawanomagaibutu07

tomikawanomagaibutu08
それぞれ800×600pixels

参道途中にはお地蔵様が数体祀られています。
tomikawanomagaibutu09
800×600pixels

磨崖仏のある大岩前の広場に辿り着く。
tomikawanomagaibutu11
800×600pixels

大岩には三体の仏像が刻まれています。
阿弥陀三尊不動明王磨崖仏と呼ばれています。
tomikawanomagaibutu_p02
1070×600pixels

中央に阿弥陀如来、その両脇に観音菩薩が刻んであります。
tomikawanomagaibutu17

tomikawanomagaibutu18

tomikawanomagaibutu16
それぞれ800×1067pixels

また、左下には不動明王立像の磨崖仏もあります。
tomikawanomagaibutu21
800×1067pixels

真中の阿弥陀如来像は耳から鉱水が流れ出て赤く変色していることから耳だれ地蔵不動と呼ばれているそうです。
tomikawanomagaibutu_p01
800×1599pixels


続きを読む
posted by T-chan at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

狸家分福★★★〜インパクトのある超巨大な信楽焼狸の涅槃像〜

bunpuku01
800×600pixels

写真:巨大な信楽焼狸の涅槃像
場所:滋賀県甲賀市
訪問日:2015年07月15日
最寄IC:新名神自動車道 信楽IC

滋賀県甲賀市の南西部にある信楽は陶器「信楽焼」で有名です。
国道沿いには狸の信楽焼像が数多く見られドライブしていて楽しい地区です。

その中で狸家分福の狸像は際立って巨大で目立ちます。

信楽ICからは国道307号(近江グリーンロード)を南西へ7q程進むと大きな狸の像が横たわっています。
巨大狸の涅槃像はインパクト大です。
bunpuku04
800×600pixels

内部は信楽焼のギャラリーやレストラン等があります。
特にうどんが自家製で評判良いようです。
bunpuku02
1070×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

青土ダム★★★〜非常に珍しい構造の2段洪水吐が特徴〜

aodutiDAM_p09
1070×600pixels

写真:青土ダムの洪水吐
場所:滋賀県甲賀市
訪問日:2015年07月15日
最寄IC:新名神自動車道 甲賀土山IC
最寄道の駅:道の駅「あいの土山」

滋賀県南東部にある甲賀市の東部、鈴鹿山脈の西にある青土ダムは、洪水吐の形状と構造が珍しいです。
一段目の常用洪水吐が半円形、二段目の非常用洪水吐きが四角形と異なる形状で二対に並んでいます。

甲賀土山ICからは国道1号線に出て東へ2q程進み、土山支所前交差点を左折し県道9号(大河原北土山線)を北へ進みます。

5q程進むと青土ダムの北側に辿り着きます。
ダムの北側に駐車場があり、その後ろはチョッとした公園になっています。
aodutiDAM_p05.jpg
2729×600pixels

ダム上からの景色。
aodutiDAM_p07.jpg
2729×600pixels

岩だらけの堤体はロックフィルダム。
aodutiDAM_p11
1070×600pixels

目的の洪水吐は対岸方向にあります。
天端を渡ります。
aodutiDAM03

aodutiDAM04
それぞれ800×600pixels

向う岸まで渡ると洪水吐が見えてきます。
写真にて下段の常用洪水吐にはダム湖水が流れ落ちていた。
aodutiDAM06

aodutiDAM07

aodutiDAM08
それぞれ800×600pixels

上段の非常用洪水吐。
ここまで水位が上がったら確かに非常事態です。
aodutiDAM05
800×600pixels

洪水吐の動画。



続きを読む
タグ:滋賀県 ダム
posted by T-chan at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 湖、池、泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

多宝山と青蓮寺地蔵院★★★〜織田信長戦場であった城跡には蓮のお寺がある〜

tahouzan22
800×600pixels

写真:青蓮寺地蔵院の境内の蓮の花園
場所:三重県名張市
訪問日:2015年07月15日
最寄IC:名阪国道 上野東IC、五月橋IC

津市の西隣にある名張市の中心部、名張駅から南、国道165号、住宅地である百合ヶ丘の更に南に多宝山と言う小さな山があります。

戦国時代にはこの場所に青木城(青蓮寺城)があったそうで、織田信長が攻めて来た時にこの地で戦ったそうです。

上野東ICからは国道368号を南へ10q程進み、柴出交差点からは国道165号を南西へ進みます。
名張駅口交差点にて左折し南へ進み、百合ヶ丘の住宅街を過ぎて突当りのT字交差点部に多宝山の駐車場があります。
tahouzan14
800×600pixels

多宝山案内図。
tahouzan_map
800×600pixels

駐車場近くには水車が回っている。
tahouzan03
800×600pixels

最初に階段を登る。
tahouzan15
800×1067pixels

その後は森の中を進みます。
途中に広場やベンチ等があったが、展望はなさそうなのでパス。
山頂を目指して登ります。
tahouzan34
800×600pixels

すると突然に視界が開けて、お寺の敷地内に出ます。
tahouzan01
800×600pixels

境内には蓮が鉢に植えらています。
一部開花していました。
tahouzan06

tahouzan08

tahouzan12

tahouzan13

tahouzan09
それぞれ800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

国津神社 縁結びの大木★★★〜杉の桧、種の異なる木が合体した異種夫婦大木〜

kunidujinja_p2
800×1427pixels

写真:縁結びの大木
場所:三重県名張市
訪問日:2015年07月15日
最寄IC:名阪国道 上野東IC、五月橋IC

津市の西隣にある名張市の中心部、名張駅から南、国道165号、住宅地である百合ヶ丘の更に南にある青蓮寺地区にある国津神社には異種の木が合体した夫婦の巨木があります。

異種の木ながら仲良く寄り添い根元部では融合してしまっています。
世にも奇妙なこの木は縁結び之神様として祀られています。

上野東ICからは国道368号を南へ10q程進み、柴出交差点からは国道165号を南西へ進みます。
名張駅口交差点にて左折し南へ進み、百合ヶ丘の住宅街を過ぎて突当りのT字交差点部に多宝山の駐車場があります。

国津神社には駐車場がないので、ここの駐車場を利用します。
tahouzan14
800×600pixels

駐車場から東へ約200m歩く。
途中にはカンカン石と言う道標があります。
tahouzan24
800×1067pixels

分岐には青蓮寺への案内があるが国津神社への案内は無い。
右の分岐へ進み約40m左側に国津神社の鳥居があります。
kunidujinja06
800×600pixels

早速境内へ。
kunidujinja08
800×600pixels

敷地は小さいですが、周囲は建物で覆われて厳かな雰囲気。
kunidujinja09
800×600pixels

本殿の左手前に縁結びの大木があります。
kunidujinja17
800×600pixels

本殿や狛犬の装飾は精巧に彫刻されている。
kunidujinja25

kunidujinja26

kunidujinja27
それぞれ800×600pixels

大木の根元には社がある。
kunidujinja18
800×600pixels

社の後ろを見ると二本の木の幹は根元付近にて融合している。
同じ種類の木であれば珍しくはないが、杉と桧と言う異種の木が結合するのは大変珍しいことだそうです。
kunidujinja19

kunidujinja20
それぞれ800×600pixels

近年はパワースポットして注目されているそうです。


続きを読む
posted by T-chan at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

青蓮寺ダム★★★〜美麗な曲線を描くアーチダムと人間賛歌の記念碑〜

seirenjiDAM_p03
1342×600pixels

写真:青蓮寺ダム
場所:三重県名張市
訪問日:2015年07月15日
最寄IC:名阪国道 上野東IC、五月橋IC

津市の西隣にある名張市の中心部から南に青蓮寺ダムと青蓮寺湖があります。
その先には香落渓があります。

上野東ICからは国道368号を南へ10q程進み、柴出交差点からは国道165号を南西へ進みます。
名張川手前で夏見交差点を左折し県道691号(名張青山線)を東へ、続く夏見橋北詰交差点にて右折し県道81号(名張曽爾線)を南へ進みます。

3q程進むと青蓮寺ダムに辿り着きます。
天端への分岐を過ぎた先に小さな駐車場があった。
seirenjiDAM01
800×600pixels

天端の道路は車道と細いならが歩道もあります。

傍らには人間賛歌のモニュメントがある。
人が両手を広げて天を仰いでいるイメージだそうです。
seirenjiDAM17
800×1067pixels

ダムの川下側はキャットウォークとモノレール(ドルフィン号)で見学できるようです。
(訪ねた時は運航していなかった)
seirenjiDAM06
800×1067pixels

ダムの絶壁を這うように降りることが出来る。
seirenjiDAM05
800×600pixels

ダムから青蓮寺を撮影。
seirenjiDAM_p07

seirenjiDAM_p09
それぞれ1070×600pixels

下流側の景色。
カーブを描くアーチダム。
seirenjiDAM_p05
1070×600pixels

対岸に渡り、坂道を登るとダムを見下ろせる展望所があります。
seirenjiDAM20
800×600pixels

展望所近くに駐車場があるので車で移動しても良い。
seirenjiDAM18
800×600pixels

展望所からは青蓮寺ダムを見下ろす景色を望めます。
seirenjiDAM22
800×600pixels

管理棟と人間賛歌の記念碑も見えます。
seirenjiDAM23
800×600pixels


続きを読む
タグ: ダム 三重県
posted by T-chan at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 湖、池、泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

大村神社★★★〜地震の神様を祀る神社〜

oomurajinja_p03
1070×600pixels

写真:大村神社 本殿
場所:三重県名張市
訪問日:2015年07月15日
最寄IC:名阪国道 上野東IC

津市の西隣にある名張市の東側、青山町には大村神社は地震の神様を祀る神社です。
南海トラフ巨大地震が懸念される中部地方。

ここは訪問して参拝することとしました。

上野東ICからは国道422号を南へ約8q程進み、阿呆交差点を左折し国道165号を東へ進む。

約1q程東にある別府交差点に大村神社への案内があります。
右折し木津川を渡った先の交差点の一角に大村神社への参道と鳥居があります。
参道の隣に駐車場があります。
oomurajinja01
800×600pixels

参道の階段を登る。
鹿の装飾が掘られた灯篭の並ぶ階段。
oomurajinja04

oomurajinja06
800×600pixels

階段を登ると雰囲気が変わり長屋に囲まれた参道は、江戸時代の町並みの雰囲気を感じます。
oomurajinja_p01.jpg
2729×600pixels

右側に本殿のある広場があります。(冒頭写真)
本殿内部の写真。
地震除災願う。
oomurajinja11
800×600pixels

本殿の右隣に要石とナマズの石像があります。
この要石の下に棲むオオナマズが暴れて地震を起こさないように要石で押えているそうです。
oomurajinja18

oomurajinja16

oomurajinja20
それぞれ800×600pixels

因みにナマズの石像に水を掛けて願い事を掛けると叶うと言われているそうです。

社務所では、御守りやナマズグッズを販売していました。
oomurajinja21

oomurajinja22
それぞれ800×600pixels

続きを読む
タグ:神社 三重県
posted by T-chan at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

青山高原 ふるさと公園の円山草原★★★★〜芝生の頂上部からは360°のパノラマ〜

aoyamakougen_madoyamasougen_p1.jpg
3727×600pixels

写真:青山高原 ふるさと公園の円山草原からの眺望
場所:三重県津市
訪問日:2015年07月15日
最寄IC:伊勢自動車道 久居IC
    名阪国道 上野東IC

津市の西にある榊原温泉の背後にある布引山地に青山高原があります。
峰部に風力発電機が林立する高原は伊勢湾を遠望できる好展望地です。

久居ICからは国道165号を西へ13〜4q程進み、二つののトンネルの先に青山高原への分岐があります。
分岐に入ってからは県道512号(青山高原公園線)を北へ約5q程進むと右側に青山高原 三角点の看板のある分岐があります。

分岐に入ると駐車場とカフェレストラン「WIND・HILL」があります。
ここは三角点のある眺望スポットです。

更に北へ約1q県道を進むとふるさと公園第二駐車場があります。
aoyamakougen_madoyamasougen03
800×600pixels

道のカーブの外側に遊歩道があり、こんもりした草原の丘があります。
aoyamakougen_madoyamasougen01
800×600pixels

階段登って頂点まで登ると、そこは360°のパノラマ眺望地でした。
aoyamakougen_madoyamasougen_P6.jpg
2729×600pixels

草原の中、ベンチと眺望案内版がある頂上は展望所になっている。
aoyamakougen_madoyamasougen06

aoyamakougen_madoyamasougen07
それぞれ800×600pixels

特に、東方面には津市や伊勢湾を望めます。
晴れた日には知多半島、渥美半島、富士山まで見えるそうです。
aoyamakougen_madoyamasougen_p2
2048×600pixels

北には風力発電機が林立しています。
aoyamakougen_madoyamasougen_p3
1346×600pixels


続きを読む
タグ:三重県 草原
posted by T-chan at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

青山高原 ふるさと公園の三角点★★★★〜芝生の丘上ある二等三角点からは伊勢湾を遠望する〜

aoyamakougen_sankakuten_p03.jpg
3476×600pixels

写真:青山高原 ふるさと公園の三角点からの眺望
場所:三重県津市
訪問日:2015年07月15日
最寄IC:伊勢自動車道 久居IC
    名阪国道 上野東IC

津市の西にある榊原温泉の背後にある布引山地に青山高原があります。
峰部に風力発電機が林立する高原は伊勢湾を遠望できる好展望地です。

久居ICからは国道165号を西へ13〜4q程進み、二つののトンネルの先に青山高原への分岐があります。
分岐に入ってからは県道512号(青山高原公園線)を北へ約5q程進むと右側に青山高原 三角点の看板のある分岐があります。

分岐に入ると駐車場とカフェレストラン「WIND・HILL」があります。
aoyamakougen_sankakuten01

aoyamakougen_sankakuten04
それぞれ800×600pixels

駐車場の先、ベンチの向うは景色開けている。
aoyamakougen_sankakuten05
800×600pixels

ベンチ近くからの景色。
東側、津市や伊勢湾を眺望。
aoyamakougen_sankakuten_p01
2048×600pixels

青山高原 ふるさと公園のマップ
aoyamakougen_sankakuten_map
1061×600pixels

三角点へは、階段から遊歩道を150m程進みます。
aoyamakougen_sankakuten_p02
1390×600pixels

芝生の丘上に登ると二等三角点があります。
aoyamakougen_sankakuten09

aoyamakougen_sankakuten11

aoyamakougen_sankakuten12
それぞれ800×600pixels

三角点からは駐車場よりも更に見晴らしがよい。
東には伊勢湾の海岸線も見えました。
aoyamakougen_sankakuten_p05.jpg
4406×600pixels

松阪市の海岸線の後ろには鳥羽の山も薄っすらと見えています。
aoyamakougen_sankakuten17
800×600pixels

北には林立する風力発電機。
aoyamakougen_sankakuten_p04.jpg
2850×600pixels

続きを読む
タグ:三重県 高原
posted by T-chan at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

長野隧道(津側)★★★〜明治、昭和、平成の三代のトンネル史跡〜

naganotouge28
800×600pixels

写真:長野隧道(明治トンネル)
場所:三重県津市、伊賀市 市境
訪問日:2015年08月22日
最寄IC:伊勢自動車道 津IC

津市と伊賀市の境である長野峠は伊賀街道(大和街道)として歴史ある峠道です。
峠部には明治、昭和、平成の各時代に建設されたトンネルが存在します。

旧道(明治トンネル、昭和トンネル)は現在通行出来ませんが現在も史跡として残っています。

津ICからは県道42号(津芸濃大山田線)を南東へ進み直ぐ県道55号(久居河芸線)を南へ曲がる。

穴倉川を渡ると国道163号に接続します。
その後は国道163号を西へ15km程進む。

新長野トンネルの直前に左への分岐があります。
この分岐に入ります。

写真は新長野トンネル。
naganotouge02
800×600pixels

長野峠周辺のマップ。
naganotouge_map
800×600pixels

分岐の道を1.5q程進むとバリケードで通行止め。
naganotouge04
800×600pixels

駐車場は倒木で埋まっていたのでバリケードの前に駐車して更に奥へ歩いて進むと昭和トンネルが現れます。
naganotouge06
800×600pixels

昭和トンネルはトンネル手前に土嚢が積んであり、入口で鉄板にて完全に閉ざされている。
内部を覗くことも不可能です。
naganotouge07
800×600pixels

昭和トンネルへの道の右側に小さな沢が有り、沢沿いに明治トンネルへの道があります。
naganotouge12
800×600pixels

散策路を登って、昭和トンネルの上へ進みます。
naganotouge18
800×1067pixels

時には沢を渡ります。
心許ない丸太の橋を渡る。
naganotouge20

naganotouge21
それぞれ800×600pixels

昭和トンネルの真上まで進むと明治トンネルが見えます。
こちらは、塞がれてはいません。
naganotouge26
800×600pixels

少しだけ(数十m)中まで入れます。
ただ、途中で金網で規制されて、向う側まで通行できません。
naganotouge29
naganotouge29 posted by (C)t-chan

naganotouge32
naganotouge32 posted by (C)t-chan
それぞれ800×600pixels

トンネル内部には薄い霧が立ち込めチョッと不気味な雰囲気があります。
naganotouge30
800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



ブログパーツ