2015年06月30日

春谷寺のエドヒガンサクラ★★★〜一足早く見ごろとなる桜スポット〜

syunnkokuji_edohigan04
800×1067pixels

写真:春谷寺のエドヒガンサクラ
場所:三重県松阪市
訪問日:2015年03月28日
最寄IC:伊勢自動車道 勢和多気IC、松阪IC
最寄道の駅:道の駅「茶倉駅」

松阪市南西の山間部、飯南の櫛田川から南の向粥見地区にあり春谷寺には春谷寺のエドヒガンサクラと言う桜の古木があります。

彼岸桜はソメイヨシノよりも早めに開花するので、ソメイヨシノが蕾の時に見ごろとなっています。

松阪ICからは県道59号(松阪第二環状線)を国道166号まで進み、南西方向へ右折します。
国道を16q程進み粥見井交差点まで進み更に西へ2.5q程進むと春谷寺へ道標があります。

左折し櫛田川を渡り県道745号(片野飯高線)を西へ進み、橋を渡ると春谷寺への分岐があります。
分岐を曲がれば春谷寺に近道ですが、桜祭の時期は臨時駐車場に案内されます。

臨時駐車場から歩いて案内頼りに進むと春谷寺が見えてきます。
syunnkokuji_edohigan02
800×600pixels

最初に見えるのが春谷寺のエドヒガンサクラ。
樹齢400年、幹周り4m、樹高10mの巨木です。
syunnkokuji_edohigan16
800×600pixels

周りの桜も満開状態。
ちょっとピンク色が濃いので彼岸桜だろうか?
syunnkokuji_edohigan18

syunnkokuji_edohigan05

syunnkokuji_edohigan20

syunnkokuji_edohigan21

syunnkokuji_edohigan26

syunnkokuji_edohigan44
それぞれ800×600pixels

大木はお寺本堂の正面にあります。
syunnkokuji_edohigan_p01
1684×600pixels

お地蔵様と石仏。
syunnkokuji_edohigan23

syunnkokuji_edohigan24
それぞれ800×600pixels

訪問時は波留桜祭を開催しており、午前にも関わらず賑わっていました。
(催しはまだ開始していませんでしたが)
syunnkokuji_edohigan30

syunnkokuji_edohigan33

syunnkokuji_edohigan40

syunnkokuji_edohigan41
それぞれ800×600pixels

桜は沢に沿って上流の砂防ダムまで続いています。
syunnkokuji_edohigan36

syunnkokuji_edohigan35
それぞれ800×600pixels

続きを読む
posted by T-chan at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

茶倉橋★★★〜櫛田川に架かる吊橋と螺旋階段〜

tyakurabasi38
800×1067pixels

写真:茶倉橋
場所:三重県松阪市
訪問日:2015年03月28日
最寄IC:伊勢自動車道 勢和多気IC、松阪IC
道の駅「茶倉駅」

松阪市南西の山間部、国道166号(和歌山街道)沿いに道の駅「茶倉駅」があり、櫛田川対岸のリバーサイド茶倉との間に茶倉橋が架かっています。

道の駅の展望所から茶倉橋を見つけ、余りにも良い景色だったので渡ってみました。

道の駅「茶倉駅」へは松阪ICからは県道59号(松阪第二環状線)を国道166号まで進み、南西方向へ右折します。
国道を15q程進むと川側に高台があり、その中腹部に道の駅「茶倉駅」があります。

展望所の奥から茶倉橋へ階段を降りる。
tyakurabasi01
800×600pixels

すると、螺旋階段の最上段に辿り着きます。
tyakurabasi04
800×600pixels

ここからの眺望。
カーブする櫛田川と対岸のリバーサイド茶倉。
tyakurabasi_p01
1725×600pixels

茶倉橋の吊橋を見下ろす。
tyakurabasi_p02
800×1224pixels

茶倉橋の向うには伊勢茶の茶畑が見える。
tyakurabasi14
800×600pixels

螺旋階段を下りて吊橋を渡る。
tyakurabasi18
800×600pixels

橋上からの景色。
tyakurabasi_p03
1392×600pixels

tyakurabasi_p04
1965×600pixels

櫛田川もここまで来ればエメラルド色の美しい川になります。
tyakurabasi22
800×600pixels

対岸に渡ると、一本の桜が咲いていました。
早咲きの河津桜のようだ。
tyakurabasi13

tyakurabasi31

tyakurabasi33
それぞれ800×600pixels

リバーサイド茶倉はキャプ場であり、バンガローやコテージがあります。
tyakurabasi29
800×600pixels


続きを読む
タグ:三重県 吊橋
posted by T-chan at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

道の駅「茶倉駅」★★★〜展望所からは櫛田川と茶畑を眺望できる〜

mitinoeki_tyakura01
800×600pixels

写真:道の駅「茶倉駅」
場所:三重県松阪市
訪問日:2015年03月28日
最寄IC:伊勢自動車道 勢和多気IC、松阪IC

松阪市南西の山間部、国道166号(和歌山街道)沿いに道の駅「茶倉駅」があります。
松阪や伊勢から紀伊半島内部、飯高へ進む際の休憩スポットとなっています。

松阪ICからは県道59号(松阪第二環状線)を国道166号まで進み、南西方向へ右折します。
国道を15q程進むと川側に高台があり、その中腹部に道の駅「茶倉駅」があります。
mitinoeki_tyakura23
800×600pixels

施設はレストラン兼、情報提供もしているので、周囲観光の拠点になります。
更に高台へ上る階段があります。
mitinoeki_tyakura05

mitinoeki_tyakura06
それぞれ800×600pixels

階段を登ると桜や花桃の木があり、少しだけ咲いていました。
mitinoeki_tyakura07

mitinoeki_tyakura10

mitinoeki_tyakura21

mitinoeki_tyakura22
それぞれ800×600pixels

奥にはあずまやがあり、その先は崖で景色が広がっています。
mitinoeki_tyakura08

mitinoeki_tyakura11
それぞれ800×600pixels

眼下、崖下には櫛田川が流れ、対岸には伊勢茶「飯南茶」の茶畑が広がります。
mitinoeki_tyakura_p02
1930×600pixels

気になるのは眼下の赤い橋。
茶倉橋と言い、リバーサイド茶倉に渡れます。
mitinoeki_tyakura14

mitinoeki_tyakura15

mitinoeki_tyakura16
それぞれ800×600pixels

展望所のある高台広場の奥にある階段を下っていくと渡ることが出来ます。
mitinoeki_tyakura_p03
2048×600pixels

茶倉橋については、次回記事にて紹介します。


続きを読む
posted by T-chan at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | SA、PA、道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

深野のだんだん田★★★〜松阪牛発祥地にある棚田は石垣が芸術的〜

hukanodanndannbatake_p09
1953×600pixels

写真:深野のだんだん田
場所:三重県松阪市
訪問日:2015年03月28日
最寄IC:伊勢自動車道 勢和多気IC、松阪IC
最寄道の駅:道の駅「茶倉駅」

松阪市南西の山間部、深野地区の上部には深野のだんだん田と呼ばれる棚田があり、日本の棚田百選に選定されています。

棚田の石垣が特に芸術的に美しいと言われています。
また、深野は松阪牛の発祥の地でもあります。

松阪ICからは県道59号(松阪第二環状線)を国道166号まで進み、南西方向へ右折します。
国道を12〜3q程進むと道路右側に「和紙と和牛の里-深野」やだんだん田などの案内があります。
(小さくて分かりにくい)
hukanodanndannbatake04
800×600pixels

ここから分岐に入り坂道を登って行けば深野地区を通って、だんだん田駐車場まで進めます。
途中に松阪牛発祥の地碑があります。(駐車場は無い)
説明板には、この深野地区では昔は木地・蚕・和紙で生計の一助としていたそうですが、西洋化を先読みした先駆者の指導により和牛肥育を始めて販路を拡大し松阪牛のブランドとなったそうです。
hukanodanndannbatake14
800×1067pixels

近くの笹汲橋付近には梅や桜の木があります。
hukanodanndannbatake_p01
1698×600pixels

桜はまだ殆んど蕾状態ですが、梅はまだ綺麗でした。
hukanodanndannbatake06

hukanodanndannbatake09
それぞれ800×600pixels

更に道を登っていくと三叉路分岐部に深野の地図がある。
hukanodanndannbatake_map
800×600pixels

左側に進み登っていくと、宝泉寺前に駐車場があります。
hukanodanndannbatake19

hukanodanndannbatake18
それぞれ800×600pixels

駐車場付近には段差の低い段々畑が広がる。
hukanodanndannbatake_p05.jpg
2811×600pixels

駐車場から北西部に歩いて進むと多くの棚田が見えてきます。
hukanodanndannbatake20

hukanodanndannbatake22

hukanodanndannbatake24
それぞれ800×600pixels

棚田の向うに休憩所があります。
hukanodanndannbatake27

hukanodanndannbatake21
それぞれ800×600pixels

休憩所からの景色。
hukanodanndannbatake_p06
1407×600pixels

深野だんだん田を自転車で一回りしてみた動画。



続きを読む
タグ:棚田 三重県
posted by T-chan at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 棚田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

大石不動院★★★〜国道沿いに立派な鐘楼塔と本殿があり、隣に不動滝がある〜

ooisihudouson_p08.jpg
1070×600pixels

写真:大石不動院
場所:三重県松阪市
訪問日:2015年03月28日
最寄IC:伊勢自動車道 勢和多気IC、松阪IC
最寄道の駅:道の駅「茶倉」

松阪市南西の山間部、国道166号(和歌山海道)沿いにある大石不動院は境内に不動滝や炮烙岩(ほうらくいわ)がありチョッとした散策が出来ます。

桜の季節、桜祭の登りにつられて立ち寄ってみました。

松阪ICからは県道59号(松阪第二環状線)を国道166号まで進み、南西方向へ右折します。
国道を9q程進むと道路右側大石不動院の駐車場や本殿、鐘楼などがあります。
ooisihudouson_map
798×418pixels

桜ですが朝訪問時は、殆んどつぼみで、一輪、二輪ほどしか咲いていませんでした。
ooisihudouson01
800×600pixels

ただ、午後の帰り道に寄ってみると三分咲きまで開花が進んでいた。
ooisihudouson32

ooisihudouson33

ooisihudouson35
それぞれ800×600pixels

境内へは本殿と鐘楼塔隣の階段を登ります。
ooisihudouson03

ooisihudouson04
それぞれ800×600pixels

本堂を参拝。
本堂から望む景色。
直ぐ近くに櫛田川が流れる。
ooisihudouson_p04
1682×600pixels

本堂の隣には不動滝が流れる。
ooisihudouson30
800×1067pixels

更に奥へ階段を登り、細い道を進むと炮烙岩の展望台に辿り着きます。
ooisihudouson09
800×1067pixels

ooisihudouson13

ooisihudouson15
それぞれ800×600pixels

炮烙岩の上の展望台とがあり秋葉大権現と金毘羅大明神の社があります。
ooisihudouson15

ooisihudouson16

ooisihudouson17
それぞれ800×600pixels

展望台からは櫛田川が少し見えます。
ooisihudouson20
800×600pixels


続きを読む
タグ: 神社 三重県
posted by T-chan at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

大河内城跡★★〜伊勢国司の北畠氏が織田信長との大戦で籠城戦した歴史がある〜

ookawautujousi_matusaka_p04
1070×600pixels

写真:大河内城跡
場所:三重県松阪市
訪問日:2015年03月28日
最寄IC:伊勢自動車道 松阪IC

松阪市市街地から南西方面、国道166号(和歌山海道)を阪内川と矢津川との分岐部にある小高い丘上に大河内城跡があります。

大河内城跡は戦国時代、伊勢国司の北畠氏が織田信長との大戦で籠城戦した城です。

松阪ICからは県道59号(松阪第二環状線)を国道166号まで進み、右折します。
国道を2.5q程進むと右側に大河内城跡の説明板のある細い分岐があります。

その分岐に入り、線路を渡ると福泉寺に突当ります。
ookawautujousi_matusaka_p01
1721×600pixels

右折して数十メートル、大河内城跡の案内があり、案内に従い左折すると、芝生駐車場に辿り着きます。
(道は極峡路注意)
ookawautujousi_matusaka_p02
2048×600pixels

ここからは、散策路を登ります。
ookawautujousi_matusaka07
800×600pixels

梅の花がまだ咲き残っていた。
ookawautujousi_matusaka08
800×600pixels

森の中に入ると石垣があります。
二の丸の跡地らしい。
ookawautujousi_matusaka11
800×600pixels

その先にはしだれ梅園。
こちらも、まだ梅が咲いていた。
ookawautujousi_matusaka16

ookawautujousi_matusaka19

ookawautujousi_matusaka22
それぞれ800×600pixels

更に奥へ進み本丸の高台が見えてきた。
ookawautujousi_matusaka25
800×600pixels

現在、本丸跡地は大河内神社になっている。
ookawautujousi_matusaka29

ookawautujousi_matusaka32
それぞれ800×600pixels

境内には大河内合戦四百年記念碑があります。
ookawautujousi_matusaka39
800×1067pixels


続きを読む
posted by T-chan at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

宝塚古墳★★★〜町中の小さな古墳公園の頂きからは松阪の町並みと伊勢湾を眺望〜

takaradukakohunn_p09.jpg
2729×600pixels

写真:宝塚古墳 1号墳の頂上からの景色。
場所:三重県松阪市
訪問日:2015年03月28日
最寄IC:伊勢自動車道 松阪IC

松阪市市街地の南西端部、国道166号近くの住宅地の中に宝塚古墳があり、公園として整備されています。

松阪ICからは県道59号(松阪第二環状線)を国道166号まで進み、左折し北東の松阪中心部へ進む。

2.5km程進み田村町交差点を右折し県道147号(松阪嬉野線)を東へ1q弱、宝塚町交差点の南側に宝塚古墳の駐車場があります。
takaradukakohunn_map
800×1067pixels

古墳を目指して公園内を進む。
メインロードには松阪市の歴史を記す説明板がある。
takaradukakohunn03
800×600pixels

横に小さな2号墳がある。
takaradukakohunn04
800×600pixels

階段登って園内の車道渡ると1号墳への登り道となります。
takaradukakohunn_p02.jpg
3000×600pixels

途中、埴輪や土器など置いてある復元所があります。
特にこの地から出土した舟形埴輪は大型で精巧に作られ全国的にも珍しいそうです。
takaradukakohunn18

takaradukakohunn21

takaradukakohunn23

takaradukakohunn24

takaradukakohunn25

takaradukakohunn28
それぞれ800×600pixels

そしていよいよ一号墳の頂上部。
前方後円墳の円墳が最も高い。
takaradukakohunn16
800×600pixels

頂上に立てば、松阪市の町並みと伊勢湾を見渡せます。
takaradukakohunn_p03.jpg
4522×600pixels

右の森は松阪城跡、その後ろには青い伊勢湾が見えます。
takaradukakohunn_p05.jpg
2942×600pixels

一方南東側には住宅地の後ろに田畑と山林の長閑な風景。
takaradukakohunn_p08.jpg
2729×600pixels

隣には方墳の形状も視認できます。
takaradukakohunn38
800×600pixels

続きを読む
posted by T-chan at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

天白遺跡★★〜松阪の人は太古からバーベキューしていたのか?祭祀遺跡〜

tenpakuiseki_p3.jpg
2729×600pixels

写真:天白遺跡
場所:三重県松阪市
訪問日:2015年04月26日
最寄IC:伊勢自動車道 一志嬉野IC

松阪市市街地から北西、中村川の蛇行部内側の畑に囲まれた土地に縄文時代の祭祀遺跡「天白遺跡」があります。

県道を走行しているときに見つけたので訪ねてみました。

一志嬉野ICからは県道67号(一志嬉野線)を南へ2q程進み島田橋南交差点にて右折し県道30号(嬉野美杉線)を西へ進みます。

県道を南西へ3q程進む左側(南東側)に天白遺跡の案内のある分岐があります。
分岐に入って農地の間をすすむと天白遺跡に辿り着きます。
tenpakuiseki02
800×600pixels

あずまやの近くに駐車場があります。
tenpakuiseki04
800×600pixels

農地に囲まれた草原の中、天白遺跡があります。
tenpakuiseki_p2
800×600pixels

説明板によると4500〜3000年前、縄文時代の祭祀遺跡で、祈りの場だったそうです。
tenpakuiseki07
800×600pixels

河原石を円形に並べたり、積み重ねた遺跡跡が彼方此方にあります。
tenpakuiseki12

tenpakuiseki13

tenpakuiseki16
それぞれ800×600pixels

遺跡から更に道を奥へ進むと川の手前に御墓と一本の桜の木があります。
tenpakuiseki_p4.jpg
2729×600pixels

四月下旬と言うのにまだ桜は咲いていました。
tenpakuiseki20
800×600pixels


続きを読む
タグ:三重県 遺跡
posted by T-chan at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

なめり湖★★★〜ちいさなダム湖ながら桜の季節は美しいらしい〜

nameriko_p1.jpg
2889×600pixels

写真:ダム上からなめり湖を撮影。
場所:三重県松阪市
訪問日:2015年04月26日
最寄IC:伊勢自動車道 一志嬉野IC

松阪市市街地から西、鉢ヶ峰や桝形山の向うにある中村川の支流になめり湖があります。
小さなダム湖ですが、春には桜やツツジが咲くとのことです。

桜の季節は終わっていましたが、訪ねてみました。

一志嬉野ICからは県道67号(一志嬉野線)を南へ2q程進み島田橋南交差点にて右折し県道30号(嬉野美杉線)を西へ進みます。

中村川に沿って南西へ3q程進むとチェリーレイクカントリークラブの大きい看板のある分岐があります。
(なめり湖の案内無し)

分岐に入って坂道を登る途中に、右への分岐に入るとダム直下の駐車場に辿り着きます。
nameriko08
800×600pixels

見頃は過ぎていましたが、まだ桜は少し残っていました。
nameriko06
800×600pixels

ダムの脇の階段を登るとダム上に辿り着きます。
nameriko05
800×600pixels

ダム上からは冒頭写真のように湖を見渡せますが、下流側の景色も良い。
nameriko_p6.jpg
2729×600pixels

ダムの西湖畔沿いには散策路、東湖畔沿いにはトリムコースと言う舗装路があります。
東湖畔沿いを奥へ進むとあずまやがあり、その後ろには石碑のある砂利広場がある。
nameriko12

nameriko10

nameriko11
それぞれ800×600pixels

あずまやの周辺は日川元気おこし花壇の桜並木のようですが、訪ねた時は散っていました。
それでもなめり湖の景色は美しい。
nameriko_p4
1907×600pixels


続きを読む
タグ:ダム 三重県
posted by T-chan at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 湖、池、泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

伊勢山上 飯福田寺★★★★〜危険な修行道を登ると奇岩と絶景が楽しめる〜

iseyamakami_ibutadera_p11
800×1427pixels

写真:飯福田寺 岩屋本堂
場所:三重県松阪市
訪問日:2015年04月26日
最寄IC:伊勢自動車道 松阪IC

松阪市市街地から西、堀坂峠を越えた先の飯福田の谷間に伊勢山上 飯福田寺があります。
飯福田寺の境内には修験道場があり、岩屋本堂や奇岩を修行道を巡って回ることが出来ます。

松阪ICからは県道59号(松阪第二環状線)を2q程南へ進み県道45号(合ヶ野松阪線)を西へ進む。
堀坂峠を越えて更に4q程進むと飯福田川に辿り着いたところで飯福田寺への分岐があります。

分岐を曲がって500m弱で山門がありその手前が駐車場になっています。(車5,6台分)
iseyamakami_ibutadera14
800×600pixels

舗装路を4,5分歩くと修験道場と飯福田寺への分岐となる橋と階段があります。
iseyamakami_ibutadera24
800×600pixels

橋を渡った先にある寺にて修行場巡りの受付可能です。
入山料\500と名前等を記帳、入山心得を確認します。

また行場は険しいため、服装や靴などチェックされます。
サンダルなど運動向けで無い服装は入山を断られます。
iseyamakami_ibutadera30
800×600pixels

手続きを済まして早速行場入口へ。
iseyamakami_ibutadera34
800×600pixels

修行場のマップ。
数多くの奇岩がある峰部を周遊します。
iseyamakami_ibutadera_map
1476×1000pixels

はじめは、きつめの登り階段ですが、直ぐに道では無くなります。
iseyamakami_ibutadera37

iseyamakami_ibutadera39
それぞれ800×600pixels

そして、直ぐに鎖場。
油こぼしの断崖を登ります。
ここから後戻り出来なくなります。(後戻りの方が危険)
iseyamakami_ibutadera41
800×1067pixels

油こぼしを登ると崖上。
iseyamakami_ibutadera_p04.jpg
2709×600pixels

崖上の突端に仏像があるが流石に近づけなかった。
iseyamakami_ibutadera42

iseyamakami_ibutadera46
それぞれ800×600pixels

ここで迂回路ではなく下り道を進みます。
下った先に岩屋本堂があります。
崖沿いの厳しい道です。
iseyamakami_ibutadera48

iseyamakami_ibutadera50
それぞれ800×600pixels

岩屋本堂は大岩の窪んだ岩屋の中に社があります。
参拝して周囲を観察。
iseyamakami_ibutadera51
800×600pixels

お堂の右後ろにある壁の窪み(鍵掛)を登るのが修行ですが、流石に危険なので迂回路を選択します。
iseyamakami_ibutadera52

iseyamakami_ibutadera54
それぞれ800×600pixels

迂回路で岩上登る動画。
これでも迂回路である。


登った先、岩の上には仏像が二体あります。
iseyamakami_ibutadera_p01
1716×600pixels

ここからの景色が素晴らしい。
iseyamakami_ibutadera_p02
2016×600pixels

お地蔵様の後ろ断崖。
落ちたら命ないでしょう。
iseyamakami_ibutadera56

iseyamakami_ibutadera57
それぞれ800×600pixels

岩肌には修験者が掘ったと思われる文字が刻まれている。
iseyamakami_ibutadera59
800×600pixels

基本的には迂回路を選択して進む。
暫くは嶺を繋ぐ尾根沿いを歩きます。
所々に仏像があります。
iseyamakami_ibutadera04

iseyamakami_ibutadera06

iseyamakami_ibutadera07
それぞれ800×600pixels

大天井を境に下り坂になります。
iseyamakami_ibutadera09

iseyamakami_ibutadera12
それぞれ800×600pixels

下りの岩場。
崖下りは登りよりも難しいので迂回路を選択。
iseyamakami_ibutadera64
800×1067pixels

小尻返しの岩上からは絶景が望めます。
チャレンジしてみてください。(私は迂回した)
iseyamakami_ibutadera67
800×600pixels

最後の岩場「飛び石」
iseyamakami_ibutadera68
800×600pixels

その迂回路も厳しい。
iseyamakami_ibutadera69
800×600pixels

麓に近付くと、谷越しに岩屋本堂が見えます。
iseyamakami_ibutadera70
800×600pixels

我ながら、あの本堂とその上に登っていたと思うと背筋が凍ります。
iseyamakami_ibutadera71
800×1067pixels

最後の階段は苔で滑りやすいので注意しましょう。
iseyamakami_ibutadera74
800×1067pixels

訪問時は4月下旬で下が桜がまだ咲いていました。
iseyamakami_ibutadera_p03
1778×600pixels

最後に飯福田寺の桜や他の花の景色を楽しみました。
iseyamakami_ibutadera31

iseyamakami_ibutadera76

iseyamakami_ibutadera85

iseyamakami_ibutadera87
それぞれ800×600pixels

ちなみに、住職によると裏修行場もあり、ここから川を下った先の橋を渡った先から民家沿いを進むと修行場を散策できるようです。


続きを読む
posted by T-chan at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

阪内不動滝★★★〜高さ30m、松阪市一の大滝周囲には延命地蔵や阪内城主の墓がある〜

hannaihudoutaki12
800×1067pixels

写真:阪内不動滝
場所:三重県松阪市
訪問日:2015年04月26日
最寄IC:伊勢自動車道 松阪IC

松阪市市街地から南西山間部、坂内川の上流にある坂内地区に坂内不動滝があります。
落差30mと松阪市で最も大きい滝だそうです。

近くを通りかかった所、県道沿いにある案内板を見つけて立ち寄ってみることにしました。
hannaihudoutaki02
800×1067pixels

松阪ICからは県道59号(松阪第二環状線)を南へ進み、国道166号を右折、南東へ進む。
伊勢自動車道の下を潜って更に2.5qほど進んだ先、辻原町交差点にて県道29号(松阪青山線)へ曲がります。

3q程進むと不動川との合流近くの道沿いに松阪不動堂への案内板があります。
そこから不動川沿いに細い道を登って行きます。
不動堂近くはほぼ一車線。
hannaihudoutaki31
800×600pixels

不動堂境内前に駐車できるスペースがあります。
hannaihudoutaki33
800×600pixels

不動堂への登り階段の右隣に延命地蔵があります。
チョッと首を傾げた珍しいお地蔵様。
この地の人は小安の地蔵さんと呼んでいるそうです。
hannaihudoutaki06
800×1067pixels

階段を登らず右へ進むと不動滝があります。(冒頭写真)
松阪市で一番大きい滝とのことで可也落差があります。

階段登って境内から見ると、その落差が良く分かります。
hannaihudoutaki24

hannaihudoutaki26
それぞれ800×600pixels

hannaihudoutaki27
800×1067pixels

不動堂周囲には藍染明王、八龍大王の祠や、歴代阪内城主の墓があります。
hannaihudoutaki19

hannaihudoutaki22
それぞれ800×600pixels

大日如来の像もあります。
hannaihudoutaki30
800×1067pixels


続きを読む
posted by T-chan at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

君ヶ野ダム湖★★★〜水神公園はツツジや花桃の花が咲き誇っていた〜

kimiganoDAM_p10.jpg
2729×600pixels

写真:君ヶ野ダム湖
場所:三重県津市
訪問日:2015年04月26日
最寄IC:伊勢自動車道 一志嬉野IC

津市南西の山間部、雲出川の支流に君ヶ野ダム湖があります。
ダムや湖周辺に幾つかの展望スポットがあります。

一志嬉野ICからは県道67号(一志嬉野線)を北へ3q程進み県道58号(松阪一志線)、県道15号(久居美杉線)と西へ進みます。

15km程進み、伊勢竹原駅近くに県道29号(松阪青山線)へ分岐があります。
県道29号を道なりに坂道を登っていくと君ヶ野ダムに辿り着きます。
県道沿いに駐車場あります。

堤防上は車や徒歩で通行可能です。
kimiganoDAM43
800×600pixels

ダム湖を眺望。
kimiganoDAM_p06
1746×600pixels

下流側の眺望。
ヘアピンカーブの県道。
kimiganoDAM_p11
1070×600pixels

ダムを見下ろすと、放流していた。
kimiganoDAM51

kimiganoDAM53
それぞれ800×600pixels

ダムを渡って少し登るとレイクサイド君ヶ野があります。
kimiganoDAM40
800×600pixels

敷地内からは君ヶ野ダムを見下ろすことが出来ます。
kimiganoDAM36
800×600pixels

ダムへ戻って上流へ県道を進むと水神公園の広い駐車場があります。
kimiganoDAM02
800×600pixels

駐車場周囲はツツジが咲いていました。
kimiganoDAM_p02
1741×600pixels

kimiganoDAM04

kimiganoDAM09
それぞれ800×600pixels

隣の水神神社。
kimiganoDAM21

kimiganoDAM23
それぞれ800×600pixels

周囲には花桃の花が咲き誇っていました。
kimiganoDAM24

kimiganoDAM28

kimiganoDAM14

kimiganoDAM17

kimiganoDAM16

kimiganoDAM19
それぞれ800×600pixels

湖畔まで降りることが出来ます。
静かな湖畔で休憩しました。
kimiganoDAM29

kimiganoDAM30
それぞれ800×600pixels


続きを読む
タグ:三重県 ダム
posted by T-chan at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 湖、池、泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

伊勢平氏発祥伝説地★★★〜平家の一族が伊勢国に移り住んだ伝承が残る〜

iseheisihassyounoti_p01
1254×600pixels

写真:伊勢平氏発祥伝説地
場所:三重県津市
訪問日:2015年02月21日
最寄IC:伊勢自動車道 津IC

津市中心部から西の田んぼに囲まれた土地に伊勢平氏発祥伝説地があります。

津ICからは県道42号(津芸濃大山田線)を津方面へ進み、津インターチェンジ東交差点を右折。
県道55号(久居河芸線)、国道163号と南西へ進みます。

伊勢自動車道の下を通り過ぎて忠盛塚東交差点にて県道657号(家所阿漕停車場線)を西へ進みます。
直ぐ、道の北側に小さな公園と車2,3台分の駐車場があります。
iseheisihassyounoti17
800×600pixels

園内には幾つかの説明板や石碑などがあります。
iseheisihassyounoti05
800×600pixels

説明板によると平将門の乱、平忠常の乱の跡、平家の一部一族はこの地を支配したそうです。
周辺には伊勢平氏に纏わる史跡があります。
iseheisihassyounoti_map
800×542pixels


特にこの地では平忠盛が生まれた所ととのことで、産湯に使われた池もあります。
iseheisihassyounoti13

iseheisihassyounoti16
それぞれ800×600pixels

芝生広場の周囲は田畑が広がる長閑な風景です。
iseheisihassyounoti_p02
1754×600pixels

tadamorituka01

tadamorituka02
それぞれ800×600pixels


続きを読む
タグ:史跡 三重県
posted by T-chan at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

長谷山★★★〜狭く長い登山車道の先には津の平地や伊勢湾の眺望スポットがある〜

haseyama_p01
1930×600pixels

写真:長谷山の眺望スポットからの景色
場所:三重県津市
訪問日:2015年02月21日
最寄IC:伊勢自動車道 津IC

津市から西にある小高い山、長谷山の山頂付近には、津の市街地から伊勢湾まで一望できる眺望スポットがあります。

津ICからは県道42号(津芸濃大山田線)を津方面へ進み、津インターチェンジ東交差点を右折。
県道55号(久居河芸線)、国道163号と南西へ進みます。

伊勢自動車道の下を通り過ぎて忠盛塚東交差点にて県道657号(家所阿漕停車場線)
すると北西に山頂部に電波塔のある山が見えてきます。長谷山です。
tadamorituka01

tadamorituka02
それぞれ800×600pixels

3q程西へ進むと長谷山への登り口があります。
haseyama01
800×600pixels

ここからは、1〜1.5車線の登山道路をくねくねと登って行きます。
約3q登ると電波塔の近くで舗装路は終点となります。
haseyama10

haseyama16
それぞれ800×600pixels

電波塔
haseyama18
800×1067pixels

この広場の外側にはベンチがあり東側の景色が開けています。
haseyama_p05
1858×600pixels

ベンチにはパンダのイラストが。
haseyama21
800×600pixels

津市中心部。
三重県の県庁所在地です。
haseyama04

haseyama07
それぞれ800×600pixels

雲出川加工の埋め立て地。
haseyama_p03
1473×600pixels

山頂はもうちょっと奥にあるようです。
津市街地と伊勢湾を一望できるなかなかの眺望スポットでした。


続きを読む
タグ:三重県 山頂
posted by T-chan at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

大観音寺★★★〜33m純金巨大観音様が見どころ〜

daikannonji_tu40
800×1067pixels

写真:純金開運寶珠大観世音菩薩
場所:三重県津市
訪問日:2015年02月21日
最寄IC:伊勢自動車道 久居IC

三重県津市から西、日本三名泉「榊原温泉」から南の山中に、ルーブル彫刻美術館と大観音寺と言う二つの観光スポットが隣接しています。

今回は大観音寺を紹介いたします。

久居ICからは国道165号を西へ10q程進みます。
倭2交差点にて右折し、県道28号(亀山白山線)を北へ進む。
(ルーブル彫刻美術館や大観音寺への案内有)

近鉄線の高架を潜って分岐に右折し案内たよりに進むと駐車場に辿り着きます。
ruburubijutukan_tu07
800×600pixels

大観音寺とルーブル彫刻美術館共通の駐車場となっています。
ruburubijutukan_tu_map
1591×600pixels

大観音寺への入口は駐車場の奥側にあります。
daikannonji_tu03
800×600pixels

その途中には何故かカエルのオーケストラ像があります。
daikannonji_tu_p05
1216×600pixels

売店の中進むと、奥で拝観受け付けています。
daikannonji_tu06
800×600pixels

境内に入ると直ぐ左に海運招き猫のオーケストラ像がある。daikannonji_tu11
800×600pixels

広い真っ直ぐな道の先に純金観音様。
daikannonji_tu_p02
1060×600pixels

境内には大観音だけでなく、多くの神仏の像があります。
やるき達磨とにっこりお福像。
daikannonji_tu18
800×600pixels

daikannonji_tu79
800×1067pixels

七福神
daikannonji_tu21

daikannonji_tu24

daikannonji_tu26

daikannonji_tu29

daikannonji_tu30

daikannonji_tu33
それぞれ800×1067pixels

弘法大師の姿が見えると言う巨大水晶。
daikannonji_tu39
800×1067pixels

神獣ハクタク
daikannonji_tu68
800×600pixels

その隣にはカラオケのマイクを持った観音様が?
daikannonji_tu74

daikannonji_tu75
それぞれ800×1067pixels

そしていよいよ純金大観音様を参拝。
高さ33mの金ぴか巨大観音様は遠くからも目立ちますが近くで見ると中々の迫力。
daikannonji_tu44
800×1067pixels

ただ、よく見ると金箔が少し剥がれているように見えます。
daikannonji_tu46
800×600pixels

隣には大きな掌。
daikannonji_tu43
800×600pixels

指先には仏様と卍の装飾
daikannonji_tu47
800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



ブログパーツ