2014年09月29日

三陸大王杉★★★〜間一髪津波を免れた岩手県最大の杉〜

sanrikudaiousugi_p4
800×1427pixels

写真:三陸大王杉
場所:岩手県大船渡市
訪問日:2014年08月13日
最寄IC:三陸自動車道 三陸IC(仮)
(釜石自動車道 宮守IC)]
最寄道の駅:道の駅「さんりく」

岩手県の三陸海岸沿いの大船渡市の西部、起喜来湾奥、三陸駅から東の県道沿いの山斜面に三陸大王杉があります。

宮守ICからは国道107号を大船渡まで進み、国道45号を北へ、三陸自動車道に乗り、三陸IC(仮)まで進みます。

再び国道45号を東へ進み三陸駅から北にて県道9号(大船渡綾里三陸線)を南へ進みます。
浦浜川手前で県道209号(崎浜港線)を東へ進み、2〜300m進むと山側にガソリンスタンド跡、海側に駐車可能な砂利広場があります。
sanrikudaiousugi03
800×600pixels

ガソリンスタンドの後ろに見える大きな木が三陸大王杉と千年杉。
sanrikudaiousugi02
800×600pixels

駐車スペースからは海方面まで見晴らしがよい。
震災前は民家が多かったのでしょう。
sanrikudaiousugi_p2.jpg
3371×600pixels

一本背の高い木があります。
津波被害にあっても奇跡的に生きながらえたことから「ど根性ポプラ」と呼ばれているそうです。
sanrikudaiousugi01
800×1067pixels

県道を少し東へ歩くと大王杉のシンボルがあります。
sanrikudaiousugi06
800×1067pixels

八幡神社への参道入り口の目印になります。
sanrikudaiousugi08
800×600pixels

草木の生い茂る道、階段を登ります。
sanrikudaiousugi11
800×1067pixels

八幡神社の社殿を参拝。
sanrikudaiousugi14
800×600pixels

左隣に三陸大王杉があります。
sanrikudaiousugi17
800×600pixels

幹周り11.6m、樹高20m、樹齢1500年で岩手県最大の杉の巨木です。
sanrikudaiousugi_p1
800×1736pixels

堂々たる巨大な幹は大王の名にふさわしい。
sanrikudaiousugi18
800×600pixels

境内には他にも千年杉の巨木があります。
sanrikudaiousugi19
800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

サン・アンドレス公園展望台★★★〜大船渡湾を見渡す展望台の脇には鎮魂愛の鐘がある〜

sanandoresukouen08
800×1067pixels

写真:大船渡湾を見渡す展望台
場所:岩手県大船渡市
訪問日:2014年08月13日
最寄IC:三陸自動車道 大船渡碁石海岸IC
(東北自動車道 一関IC)]
最寄道の駅:道の駅「高田松原」

岩手県の三陸海岸の大船渡市にある細長い大船渡湾。
湾の北西部にサン・アンドレス公園があり、展望台からは大船渡湾を眺望できます。

一関ICからは県道19号(一関大東線)、国道343号と東へ進む。
廻館橋交差点にて国道340号を右折し気仙川に沿って南へ陸前高田の中心部へ向かう途中に三陸自動車道入口交差点(陸前高田IC)があります。

東へ進み、大船渡碁石海岸ICにて降りて、大船渡方面(北)へ国道45号を進みます。
野々田交差点にて右折し線路を渡り、交差点を直進、海から二本目の道を南へ進みます。

するとサン・アンドレス公園の西側を通ります。
駐車場入口は封鎖されていたので、近くの船着場に駐車しました。
sanandoresukouen04
800×600pixels

一段高い丘上に展望台と鐘がある。
sanandoresukouen02
800×600pixels

鎮魂愛の鐘は東日本大震災の犠牲者の安らかなご冥福を祈る為に建立されました。
私も一つ鳴らして黙祷しました。
sanandoresukouen06
800×1067pixels

展望台へは階段とスロープで登れますが、スロープは変形していて立ち入り禁止。
津波の爪跡です。
sanandoresukouen10
800×600pixels

更に中央の螺旋階段を登る。
sanandoresukouen14
800×600pixels

展望台からの眺望。
南に大船渡湾を見渡せます。
sanandoresukouen_p03.jpg
2245×600pixels

大船渡湾に浮かぶ島々。
sanandoresukouen17
800×600pixels

東側の眺望。
国道より上の民家は無事だったようだ。
sanandoresukouen_p05
2035×600pixels

水門?は破壊されたままの無残な姿です。
sanandoresukouen13
800×600pixels

北には大船渡の港町。
緑のさら地には民家や湾岸工場があったのだろうか?
sanandoresukouen_p04
2048×600pixels

展望所から上に二つの環がデザインされている。
sanandoresukouen16
800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

大船渡の三面椿★★★〜津波の被害を免れた日本最大最古の椿の巨木〜

sanmentubaki05
800×600pixels

写真:大船渡の三面椿
場所:岩手県大船渡市
訪問日:2014年08月13日
最寄IC:三陸自動車道 大船渡碁石海岸IC
(東北自動車道 一関IC)]
最寄道の駅:道の駅「高田松原」

岩手県の三陸海岸の大船渡湾の南にある末崎半島。
先端部にある碁石海岸への道程途中にある熊野神社に大船渡の三面椿があります。

一関ICからは県道19号(一関大東線)、国道343号と東へ進む。
廻館橋交差点にて国道340号を右折し気仙川に沿って南へ陸前高田の中心部へ向かう途中に三陸自動車道入口交差点(陸前高田IC)があります。

東へ進み、大船渡碁石海岸ICにて降りて、碁石海岸方面へ県道38号(大船渡広田陸前高田線)、県道275号(碁石海岸線)と南へ進みます。

館ヶ崎の根元辺りで県道がクランクする辺りに三面椿の案内があります。(見つけ難い)
坂道を登っていくと熊野神社の鳥居があります。
sanmentubaki03
800×600pixels

鳥居近くからは門之浜湾を望む。
これだけ海が近いが津波は鳥居近くまでだったそうです。
sanmentubaki01
800×600pixels

鳥居の右を登っていくと駐車場とトイレがあります。
sanmentubaki04
800×600pixels

駐車場から神社方面を見ると三面椿があります。
訪ねた時は夏、春の花は咲いていません。
sanmentubaki06
800×600pixels

樹齢1400年、根元の周り8m、高さ17mで日本最大最古の椿だそうです。
sanmentubaki08
800×600pixels

かつては熊野神社の周囲の東、南、西の三面に椿があったそうで、三面椿の名の由来になっています。
平成14年の台風被害で主幹日本が折れ、樹形の半分が失われたそうです。
確かに横から見ると半分枝が無く、写真右側に偏っている。
sanmentubaki09
800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

奇跡の一本松★★★★〜陸前高田市の震災復興のシンボル〜

kisekinoipponmatu10
800×1067pixels

写真:奇跡の一本松
場所:岩手県陸前高田市
訪問日:2014年08月13日
最寄IC:三陸自動車道 陸前高田市IC
(東北自動車道 一関IC)]
最寄道の駅:道の駅「高田松原」

岩手県の三陸海岸南端にある陸前高田市の震災復興のシンボル「奇跡の一本松」を訪ねてみました。
かつて海沿いには高田松原と言う素晴らしい松林があましたが、津波でほとんどが流されました。

奇跡の一本松は、その中で一本だけ流されずに生き残った松です。
それでも海水の塩害により枯れ死しましたが、復興のシンボルモニュメントとして復活しました。

一関ICからは県道19号(一関大東線)、国道343号と東へ進む。
廻館橋交差点にて国道340号を右折し気仙川に沿って南へ下ると国道45号に突当ります。

その交差点の北西側に一本松茶屋の広い駐車場があります。
駐車場から国道45号を渡って西へ進みます。
kisekinoipponmatu01
800×600pixels

案内に従い遊歩道を進む。
橋(しおさい橋)の向うに奇跡の一本松が立っています。
kisekinoipponmatu_p1
1977×600pixels

復元モニュメントですが、生きているかのような立派な松です。
津波に耐えたのも頷けます。
kisekinoipponmatu09
800×1067pixels

前には献花台がある。
高田の復興を祈る。
kisekinoipponmatu12
800×600pixels

一本松から少し内陸方向に見晴台があります。
kisekinoipponmatu16
800×600pixels

一本松への道の途中の分岐を進みと展望台へ階段で登れます。
kisekinoipponmatu17
800×1067pixels

見晴台の様子。
kisekinoipponmatu_p7.jpg
2729×600pixels

南に高田松原の跡地。
復興に向けて巨大なベルトコンベアが目につきます。
kisekinoipponmatu_p2.jpg
3692×600pixels

ベルトコンベアの気仙川河口部に架かる橋「希望のかけ橋」は夜ライトアップするそうです。
kisekinoipponmatu21
800×600pixels

反対側の旧市街地。
国道や一部の建物以外はさら地の風景。
kisekinoipponmatu_p6.jpg
2729×600pixels

彼方此方に張り巡らされているベルトコンベアで津波対策として盛土して高台造成しているそうです。
kisekinoipponmatu05

kisekinoipponmatu20
それぞれ800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

道の駅「高田松原」(震災後)★★★〜タピック45は被災したまま〜

mitinoeki_takadamatubara_after09
800×600pixels

写真:道の駅「高田松原」のタピック45
場所:岩手県陸前高田市
訪問日:2014年08月13日
最寄IC:三陸自動車道 陸前高田市IC
(東北自動車道 一関IC)

岩手県の三陸海岸南端にある陸前高田市の海沿いには高田松原と言う素晴らしい松林があり、道の駅「高田松原」は入口の存在でした。

震災後に立ち寄ってみました。

一関ICからは県道19号(一関大東線)、国道343号と東へ進む。
廻館橋交差点にて国道340号を右折し気仙川に沿って南へ下ると国道45号に突当ります。

国道を東へ2〜300m程進むと道の駅「高田松原」があります。
駐車場は整備されていますが、インフォメーションセンターであるタピック45は被災したままのようです。
mitinoeki_takadamatubara_after04
800×600pixels

規制線で内部には入れませんが、津波で破壊された当時のまま、がれきが残っている。
mitinoeki_takadamatubara_after10

mitinoeki_takadamatubara_after11
それぞれ800×600pixels

駐車場には追悼設備や芭蕉の記念碑があります。
mitinoeki_takadamatubara_after01

mitinoeki_takadamatubara_after02
それぞれ800×600pixels

特に、復興まちづくり情報館は、被災状況や復興計画の資料、被災した松の根の展示等見学できます。
(入場無料)
mitinoeki_takadamatubara_after05

mitinoeki_takadamatubara_after07
それぞれ800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | SA、PA、道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

道の駅「大谷海岸」(震災後)と大谷海岸駅★★★〜失われた白砂青松の景色が懐かしい〜

mitinoeki_ooyakaigan_after_p1.jpg
2733×600pixels

写真:大谷海岸駅ホーム跡からの景色
場所:宮城県気仙沼市
訪問日:2014年08月13日
最寄IC:三陸自動車道 登米東和IC

宮城県北東部の気仙沼市南部にある大谷海岸駅前が道の駅「大谷海岸」になっています。

登米東和ICからは国道398号を東へ、国道45号を北へ進む。
20q以上進み大谷海岸沿いを進んでいると道の駅が海側にあります。

震災前の2009年冬の訪問以来の2回目の訪問です。

東北大震災から3年経ったにも関わらず、道の駅は駐車場だけが整備され、駅舎やホーム、線路はボロボロの状態です。
mitinoeki_ooyakaigan_after02

mitinoeki_ooyakaigan_after06

mitinoeki_ooyakaigan_after04
それぞれ800×600pixels

駅の先には本来は松林と白い砂浜が広がっていました。
今は松はなく、海が広がる。

東には館鼻崎、南には泊崎半島が見えます。
mitinoeki_ooyakaigan_after07

mitinoeki_ooyakaigan_after08
それぞれ800×600pixels

ホーム前には献花台が設置されていた。
私も犠牲者の安らかな眠りを、町や鉄道の復興を祈りました。
mitinoeki_ooyakaigan_after01
800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | SA、PA、道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

南三陸町防災庁舎★★★★〜壊滅した南三陸町の震災遺構〜

minamisannrikutyou_kyuubousaityousya03
800×1067pixels

写真:南三陸町防災庁舎
場所:宮城県本吉郡南三陸町
訪問日:2014年08月13日
最寄IC:三陸自動車道 桃生津山IC、登米東和IC
最寄道の駅:道の駅「津山」

宮城県北東部、三陸の志津川湾の町、南三陸町は2011年の東北大震災で津波で壊滅的な被害を受けてました。
3年たった今年、ドライブルートした際に震災の遺構、「南三陸町防災庁舎」を訪ねてみました。
(現時点では解体するか遺構として保存するか決まっていない)

桃生津山ICからは県道61号(桶谷津山線)、国道45号と北東へ進みます。
峠を越えて志津川湾沿いを北上し南三陸町の市街地を東へ進みます。

国道の周囲に建物が無い風景に驚くことでしょう。
志津川を渡る手前の交差点を左折すると赤い骨組の建物が見えます。

それが、南三陸町防災庁舎です。
minamisannrikutyou_kyuubousaityousya_p2
1070×600pixels

庁舎前の広場が駐車場となっており、南三陸ホテルのバスが来ていました。
minamisannrikutyou_kyuubousaityousya_p1.jpg
2913×600pixels

三階建ての白い鉄筋コンクリートの建物でしたが津波によって赤い骨組だけになった建物は津波の脅威を教えてくれます。
津波はこの建物の屋上から更に2mとなったそうです。
minamisannrikutyou_kyuubousaityousya14
800×1067pixels

骨組みの足元には線羽鶴が。
minamisannrikutyou_kyuubousaityousya10
800×600pixels

庁舎の前には祭壇がある。
震災当時庁舎にて被害に遭った職員達の冥福のお祈りしました。
minamisannrikutyou_kyuubousaityousya02
800×600pixels

防災対策庁舎の名板
minamisannrikutyou_kyuubousaityousya11
800×600pixels

建物内部には一部装置?のみ残っている。
minamisannrikutyou_kyuubousaityousya12

minamisannrikutyou_kyuubousaityousya13

minamisannrikutyou_kyuubousaityousya08
それぞれ800×600pixels

周囲には建物は無い。
復興が待ち遠しい。
minamisannrikutyou_kyuubousaityousya05
800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

日和山公園(石巻)★★★★〜旧北上川河口や石巻湾を眺望できる高台の公園〜

hiyoriyamakouen_isinomaki_p1
1978×600pixels

写真:日和山公園からの景色
場所:宮城県石巻市
訪問日:2014年08月13日
最寄IC:三陸自動車道 石巻阿南IC
最寄道の駅:道の駅「上品の郷」

宮城県の松島から北東にある石巻市の市街地から南の高台に日和山公園があり、旧北上川河口や石巻湾を眺望できます。
(仙台の日和山とは違います)

石巻阿南ICからは県道16号(石巻鹿島台大衡線)を南東へ進み、国道45号との交差点(蛇田交差点)は直進(石巻バイパス)、約500m先の山下清水町交差点に南西方向に石巻駅、石ノ森漫画館への標示がある。

山下清水町交差点手前で左折し南西方向へする交差点となっている。

国道398号と合流し石巻駅前を通り過ぎて約500m程、右折方向に日和山を示す案内標識が現れます。

国道398号の商店街には石ノ森章太郎の作品の登場キャラクターが彼方此方に設置されています。
hiyoriyamakouen_isinomaki01
1067×600pixels

南へ進み、所々にある道標を頼りに坂道を登っていくと日和山公園沿いを進むようになります。

公園のメイン入口を通り過ぎた先に駐車場があります。
(公園周囲の道は一方通行なので通り過ぎに注意)
hiyoriyamakouen_isinomaki03
800×600pixels

駐車場近くからは眼下に石ノ森漫画館と中瀬公園を望めます。
hiyoriyamakouen_isinomaki05
800×600pixels

中瀬公園には巨大な人型モニュメントが見える。
輝く人と言う作品で東日本大震災復興の象徴だそうです。
hiyoriyamakouen_isinomaki06
800×600pixels

日和山公園案内図。
hiyoriyamakouen_isinomaki_map
1225×600pixels

鹿島御児神社を参拝。
hiyoriyamakouen_isinomaki10
800×600pixels

鳥居周辺から旧北上川河口付近を眺望できます。
hiyoriyamakouen_isinomaki13
800×600pixels

河口周辺の湾岸は建物が少なく更地になっている。
hiyoriyamakouen_isinomaki_p2.jpg
3848×600pixels

これは東日本大震災の大津波被害で、以前は住宅地がありました。
hiyoriyamakouen_isinomaki16
800×600pixels

復興はまだ遠い。
hiyoriyamakouen_isinomaki19
800×600pixels

河口に架かる日和大橋。
hiyoriyamakouen_isinomaki14
800×600pixels

南東には牡鹿半島や田代島等を眺望。
hiyoriyamakouen_isinomaki17
800×600pixels

あずまやもある。
hiyoriyamakouen_isinomaki20
800×600pixels

石巻城址でもあるようです。
hiyoriyamakouen_isinomaki21
800×600pixels

公園内には他にも「芭蕉、曽根の像」「クジラの像」、石巻市章を模った垣根等があります。
hiyoriyamakouen_isinomaki24

hiyoriyamakouen_isinomaki25

hiyoriyamakouen_isinomaki29
それぞれ800×600pixels

続きを読む
posted by T-chan at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

鳴子の大こけし像★★★〜国道沿いに立つ巨大なこけし像〜

narukoookokesi02
800×1067pixels

写真:鳴子の大こけし像
場所:宮城県大崎市
訪問日:2014年08月16日
最寄IC:東北自動車道 古川IC
最寄道の駅:道の駅「あ・ら・伊達な道の駅」

宮城県北西部、大崎市の岩出山から更に奥地にある鳴子は温泉地として有名ですが、こけしの産地としても有名です。

古川ICから国道47号を北西方面へドライブしていると鳴子温泉への入口部、小黒崎観光センター手前に巨大なこけし像が国道沿いに立っています。
narukoookokesi01
800×600pixels

5mくらいあるだろうか?
なかなかの大きさは目立っていて、丁度反対車線に長い駐車スペースがあったので、駐車して撮影しました。

少し色落ちしていますが、顔の表情や胴部の菊の花も本物同様に繊細に描かれていて、私とおなじように撮影する人もいました。


続きを読む
posted by T-chan at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

仙台大観音★★★★★〜高さ100mの超巨大観音様の胎内の百八体内仏は幻想的〜

sendadaikannon03
800×1067pixels

写真:仙台大観音
場所:宮城県仙台市泉区
訪問日:2014年08月16日
最寄IC:東北自動車道 仙台宮城IC

宮城県仙台市から北西方向に巨大観音様が立っているのが見えますが、それが仙台大観音です。
私は青葉城址からその姿を見て何時か訪ねてみたいと思いました。

仙台宮城ICからは国道48号(愛子バイパス)を西へ進み直ぐに左へ進む。
(インターチェンジから国道の本車線に移らないで泉中央方面への標示に従う)

県道31号(仙台村田線)との交差点も左折、次の交差点(東北自動車道下)も左折すると国道48号を走るようになります。

続いて折立交差点にて右折して県道37号(仙台北循環線)北へ進みます。
ここまで、何度も曲がって複雑ですが、泉中央方面を示す標示が道路に記されているので、それを頼りに進むと良いでしょう。

その後、県道37号を北へ4q程進み南中山一丁目交差点を左折すると道の先に巨大な仙台大観音のが正面に見えます。

仙台大観音交差点を直進すると大観密寺に入ります。
仙台大観音は高さ100mの超巨大観音。
sendaidaikannon_p4
800×1208pixels

日本一の牛久大仏(120m)に次ぐ巨大さです。
(淡路島の世界平和大観音も総高さ100mです)

観音様の足元龍の口が胎内への入口。
胎内拝観は無料ですが、お札購入する必要がある。
拝観料代わりとなっている。\500(高校生以上)
sendadaikannon07
800×600pixels

胎内は写真撮影可能です。
仙台大観音様の胎内断面模型がある。
sendadaikannon22
800×1067pixels

1〜2階は三十三観音や十二神将の仏像が並ぶ。
十二神将は干支十二支に因んでいるので、自分の干支の神将を参拝しました。
sendadaikannon08
800×600pixels

登竜門から外に出ることもできるようですが、訪ねた時は悪天の為閉門していました。
sendadaikannon10
800×600pixels

エレベーターで最上階まで一気に登る。(螺旋階段で登ることもできます)
最上階には御心殿があります。
sendadaikannon12
800×600pixels

安置されてにる玉は如意宝珠と言いあらゆる願いをかなえると言う。
大観音様も右手に持っています。
sendadaikannon14
800×600pixels

外に出ることはできませんが小窓から仙台を見下ろすことが出来ます。
sendadaikannon15

sendadaikannon16

sendadaikannon17
それぞれ800×600pixels

戻りは階段を降ります。
sendadaikannon18
800×600pixels

胎内の外側内壁を沿うように螺旋階段が続き、中心部の各階には9層に渡って百八体内仏が祀られています。
sendadaikannon19
800×600pixels

中心部と螺旋階段の間は吹き抜けになっており、上層階から下層階まで見下ろす光景はファンタスティックです。
sendaidaikannon_p3
800×1477pixels


続きを読む
posted by T-chan at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

船岡観音(船岡平和観世音)★★★〜船岡城址公園山頂から船岡町を見守る御身高24mの観音様〜

hunaokakannnnon04
800×1067pixels

写真:船岡観音(船岡平和観世音)
場所:宮城県柴田郡柴田町
訪問日:2014年08月12日
最寄IC:東北自動車道 白石IC
常盤自動車道 岩沼IC

宮城県南東部、阿武隈川と白石川の町、柴田町の中心部、船岡の西にある船岡城址公園の山頂部に白い巨大な観音像「船岡観音」が立っています。。

船岡観音「船岡平和観世音」は町のシンボルとなっています。

先ずは船岡城址公園を目指します。
船岡城址公園への行き方は「船岡城址公園の記事」を参照ください。
hunaokajousikouen_map
961×600pixels

駐車場からはスロープカーまたは徒歩で登ります。
スロープカーは「桜まつり」などイベント開催時のみ運行しているそうです。
乗車料金は往復 大人500円 小人300円(往復割引有)

徒歩にて12分遊歩道を登ります。
隣にはスロープカーのレール。
hunaokakannnnon01
800×600pixels

登り道の途中に船岡観音への参道があります。
その後は地図右側の道を登っていくと観音様に辿り着きます。
hunaokakannnnon_map
600×1053pixels

船岡観音は正式には船岡平和観世音と言い、柴田町出身の野口徳三郎さんが妻の冥福と世界の平和を願って建立したそうです。
高さ24mのコンクリート製観音様は静かに柴田町を見守っています。
hunaokakannnnon08
800×1067pixels

昔は胎内の拝観できましたが、東日本大震災の影響で閉鎖されています。
観音様の胸部まで登ることが出来、外を展望出来たそうです。
hunaokakannnnon05
800×600pixels

観音様の周囲にも眺望スポットはあります。
hunaokakannnnon06
800×600pixels

柴田町方面を眺望。
眼下に白石川と一目千本桜が見えます。
hunaokakannnnon_p2
1370×600pixels

西側にも眺望スポットがある。
hunaokakannnnon11
800×600pixels

大河原町の町並みが広がります。
晴れれば遠くに蔵王連山を眺望できそうだ。
hunaokakannnnon_p4
1695×600pixels


続きを読む
タグ: 巨像 観音様
posted by T-chan at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

船岡城址公園★★★★〜樅ノ木は残った展望デッキから眼下に白石川、一目千本桜を見下ろす〜

hunaokajousikouen11
800×600pixels

写真:樅ノ木は残った展望デッキ
場所:宮城県柴田郡柴田町
訪問日:2014年08月12日
最寄IC:東北自動車道 白石IC
常盤自動車道 岩沼IC

宮城県南東部、阿武隈川と白石川の町、柴田町の中心部、船岡の西の小高い丘上に船岡城址公園があります。
公園内には白石川を、一目千本桜を見下ろす展望台「樅ノ木は残った展望デッキ」があります。

また、山頂部には船岡観音「船岡平和観世音」(次回紹介します)が立ってい町のシンボルとなっています。

白石ICからは国道4号(陸羽街道)を東へ進みます。
大河原町にて県道110号(大河原高倉線)、県道50号(白石柴田線)と東へ進みます。
船岡市へ入って最初の信号機のある交差点を右折し道なりに進むと右折できる分岐があります。
そこには船岡城址の道標があります。

その後は案内を頼りに南へ進むと船岡城址公園への車道登り口に辿り着きます。
坂道を登っていくと駐車場に辿り着きます。
hunaokajousikouen_map
961×600pixels

駐車場から樅ノ木は残った展望デッキへの案内を頼りに遊歩道を進みます。
hunaokajousikouen05
800×600pixels

樅ノ木「船岡公園のモミ」の後ろが展望デッキになっている。
hunaokajousikouen08
800×1067pixels

モミの木の前には文学碑がある。
hunaokajousikouen07
800×600pixels

展望デッキからの眺望。
眼下に白石川、一目千本桜を見下ろします。
hunaokajousikouen_p2.jpg
2729×600pixels

展望デッキの名の由来は、船岡城址公園がNHK大河ドラマ「樅ノ木は残った」の舞台であることから名づけられたようです。

眼下の線路を東北本線の電車が走っていた。
hunaokajousikouen09

hunaokajousikouen10
それぞれ800×600pixels

今は(夏)は緑の桜並木ですが、春には東北有数の桜スポットとなります。
hunaokajousikouen13
800×600pixels

ゆったり流れる白石川と幾つかの橋。
春は絶景なのだろう。
hunaokajousikouen15
800×600pixels

山頂には船岡観音が見えます。
この後、観音様を目指しました。
hunaokajousikouen01
1067×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

手代木沼★★★〜夏にはハスの花、冬には白鳥が見どころ〜

tesirokinuma_p2.jpg
2729×600pixels

写真:手代木沼
場所:宮城県角田市
訪問日:2014年08月12日
最寄IC:常盤自動車道 山元IC
東北自動車道 白石IC

宮城県南東部、阿武隈川下流の町、角田市の中心部から北西、隈西広域農道をドライブしていて駐車場のある沼「手代木沼」を見つけたので寄り道してみました。

山元ICからは県道224号(吉田浜山元線)、県道44号(角田山元線)、国道113号と西へ進みます。
角田市中心街から3q程国道を走ると手代木沼入口交差点があります。

国道と交差する道は隈西広域農道で、北へ700m程進むと、左側(西側)に手代木沼駐車場があります。
tesirokinuma04
800×600pixels

駐車場から遊歩道を南へ歩くと手代木沼沿いに辿り着きます。
親水デッキがある。
冬に飛来する野鳥を観察するためのようです。
tesirokinuma07
800×600pixels

冬には白鳥が飛来するそうですが、訪問時には数羽の白い鳥を確認しました。
tesirokinuma02
800×600pixels

一軒の小屋があるが、野鳥観察用だろうか?
tesirokinuma01
1067×600pixels

説明板にはハスの花が咲くとのことでしたが、沼にはなかった。
沼の南の休耕田にハスがあるそうです。
tesirokinuma_p4.jpg
2729×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 湖、池、泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

台山公園のH-Uロケットとスペースタワー★★★〜H-Uロケット実物大の模型と蔵王連峰まで見渡せる展望塔〜

h2rocket11
800×1067pixels

写真:H-Uロケット 実物大模型
場所:宮城県角田市
訪問日:2014年08月12日
最寄IC:常盤自動車道 山元IC

宮城県南東部、阿武隈川下流の町、角田市の中心部から南西にある公園の高台に、ロケットと発射台のような建物が遠くからも見えます。

これは、台山公園にあるH-Uロケット実物大模型とスペースタワーと言う展望塔です。

山元ICからは国道6号との交差点にて直進し県道224号(吉田浜山元線)を直進します。
すると山をトンネルで一気に越えて角田市入ります。

県道44号(角田山元線)を東へ進み阿武隈川を渡る。
(この辺からH-Uロケットや台場公園への案内が現れるようになります。)

国道113号と合流して次の交差点の斜めに左折する道に台山公園への標識があります。

駅前交差点まで進み南へ左折して1q少しで台山公園に辿り着きます。
道の西側に台山公園、東側に駐車場があります。
(スペースタワー直近にも駐車場あります)
h2rocket02
800×600pixels

台山公園入口
h2rocket03
800×600pixels

台山公園マップ。
今回はH-Uロケット付近を訪ねましたが、公園は南北にかなり広い。
h2rocket_map2
800×600pixels

東へ進むと大きな建物が見えてきます。
h2rocket_p2
1070×600pixels

高台まで登るとH-Uロケットとスペースタワーが目の前に。
H-Uロケットは高さ49mで、実物大模型だそうです。
その隣のスペースタワーは高さ44.9m。
h2rocket08
800×1067pixels

鹿児島の錦江湾公園にあったH-IIAロケット実物大模型の先輩に当たるのかな?


スペースタワーの最上階は展望台なのですが、毎週火曜日はコスモハウスとと共に閉館日。
残念ながら入ることはできませんでした。
展望台からは角田市の町並みはもちろん、遠く蔵王連峰まで見えるそうです。
h2rocket09
800×600pixels

塔の足元にあるコスモハウスは宇宙展示館でH-Uロケットや衛星の資料やモックアップが展示されているそうです。
入場有料;大人\310小・中学生\210幼児\100

何故かスペースタワーに架かる網には、防クモ男らしき人物が…?
h2rocket13
800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

百尺聖観世音尊像(百尺観音)★★★〜完成すれば日本一の仏像彫刻像となる磨崖仏〜

hyakusyakukannon05
800×1067pixels

写真:百尺観音
場所:福島県相馬市
訪問日:2014年08月12日
最寄IC:常盤自動車道 相馬IC
最寄道の駅:道の駅「そうま」

福島県浜通り北部の相馬市、中心部から南の国道4号から少し入ったところに巨大な磨崖仏 百尺観音があります。

相馬ICからは国道115号(相馬南バイパス)を東進み、国道4号または国道4号相馬バイパスを南へ進みます。
国道とバイパスが潜石交差点にて合流し、更に南へ数百m走ると百尺観音への矢印のある看板があります。

その分岐を東へ進むと駐車場があります。
その先には巨大の磨崖仏が見えます。
hyakusyakukannon11
800×600pixels

境内への入場料は無料。
売店があります。
hyakusyakukannon01
800×600pixels

敷地内は石の敷かれた日本庭園風。
hyakusyakukannon02
800×600pixels

正式には百尺聖観世音尊像と言います。
高さは現在88八尺(26.7m)ですが、建設中で完成すれば118尺(約40m)になるとのことです。
hyakusyakukannon04
800×600pixels

この地の仏師、荒嘉明氏が昭和6年から建立に着手したそうで、現在は4代目の子孫の方が受け継いでいるそうです。
しかし、2011年の東北大震災の影響で左手の掌が破損してしまっている。
今後、制作を続けるのだろうか?

参拝しておきました。
hyakusyakukannon07
800×600pixels


続きを読む
posted by T-chan at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



ブログパーツ