2012年03月31日

小名木川クローバー橋★★★〜十字に交わる運河を×字に架かる橋〜

kuroba-kyou_p3
1070×600pixels

写真:小名木川クローバー橋
場所:東京都江東区
訪問日:2012年03月19日
最寄IC:首都高速7号(小松川線) 錦糸町IC
湾岸道路 新木場IC
最寄駅:都営新宿線、東京メトロ半蔵門線 住吉駅

東京都江東区、小名木川と横十間川の二つの運河の交差部に小名木川クローバー橋が架かっています。

川の交差点に×字に架かる橋を上から見るとクローバーの葉のように見えるそうです。

駐車場はクローバー橋の南東部にある江東区スポーツ会館の駐車場が便利です。
8時半〜22時まで利用可能で、20分で100円ですが、始めの30分以内であれば無料です。
kuroba-kyou01
900×602pixels

錦糸町ICから都道465号(深川吾嬬線/四ツ目通り)を南へ1.2km程進み、小名木川を渡って次の大通り交差点にて都道474号(浜町北砂町/清洲橋通り)を東へ進む。

300m程で都道は南西へ曲がりますが、直進し横十間川を渡ります。
渡った先で北東方面へ進むと西方面への分岐に江東区スポーツ会館駐車場への案内があります。

小名木川沿いに一方通行の道を進んでいると駐車場入り口があります。


江東区スポーツ会館から出るとクローバー橋は直ぐ近くです。
川沿いにはレトロな造りのトイレがある。
kuroba-kyou03
900×602pixels

周辺は北砂水上公園となっており、橋の下に下りたりすることも出来ます。(冒頭写真)

クローバー橋からは東京スカイツリーも見えます。
kuroba-kyou08

kuroba-kyou09
夫々900×602pixels

クローバー橋の中心からの眺望。
運河が十字に交わっていることがわかります。
kuroba-kyou_p2
1512×600pixels

クローバー橋から横十間川沿いに木道を北へ進むと、新大島橋の北にて東京スカイツリーがより近く見えてきます。
sinoosimahasi
900×602pixels

川の対岸(西側)の猿江恩賜公園沿いの木道からは梅と東京スカイツリーの写真を撮影できました。
saruetamaokikouen
800×1195pixels


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

東京ゲートブリッジ★★★★★〜恐竜が向かい合う姿にみえる〜

toukyougatebridge03
900×602pixels

写真:東京ゲートブリッジ
場所:東京都江東区、大田区
訪問日:2012年03月19日
最寄IC:湾岸道路 新木場IC、大井南IC

今年の2月に開通したばかりの東京新名所である東京ゲートブリッジは東京湾の木場南とお台場南の埋めた地を繋いでいます。

更に臨海トンネルで大田区城南島に繋がっている為、首都を大きくショートカットできます。(しかも通行無料)

新木場ICを降りて国道357号を東へ1km程進み、南への交差点には南方面へ、お台場、羽田への案内がありました。

南へ進み東京へリポートを過ぎて若洲公園と若洲ゴルフ場との間を南へ進むとゲートブリッジを渡ってしまいます。

ゲートブリッジへ登る手前で、一番左車線を進み、側道を進むと若洲公園駐車場に辿り着きます。(有料)
toukyougatebridge01
900×602pixels

若洲海浜公園のマップ。(ゲートブリッジは載っていない)
toukyougatebridge_map
900×602pixels

駐車場から道沿いに進むと海岸に出ます。
此処が、ゲートブリッジの撮影スポットです。
toukyougatebridge_p12
2729×600pixels

ゲートブリッジには首都側(北側)に歩道もあります。
※朝10時〜17時までで、強風、雪、雷等の異常気象時は通行不可
(夏季の金曜日、土曜日は10時〜20時)

若洲昇降タワーで階段またはエレベーターで登る事が出来ます。
階段で登ってしまったほうが早い場合もある。
toukyougatebridge07
800×1195pixels

橋上に出るとゲートブリッジまで後少し。
toukyougatebridge10
900×602pixels

橋上から東京湾を眺望。
toukyougatebridge_p14
1070×600pixels

南側には千葉、房総半島の海岸線が見えます。
toukyougatebridge_p5
3347×600pixels

東京スカイツリー
toukyougatebridge20
900×602pixels

東京タワーは西側へ歩くと根元まで見えるようになります。
toukyougatebridge21
900×602pixels

富士山は残念ながら雲の中。
toukyougatebridge22
900×602pixels

しかし、南アルプスは微かに見える。
toukyougatebridge23
900×602pixels

東には筑波山。
toukyougatebridge19
900×602pixels

東京ディズニーリゾート。
toukyougatebridge29
900×602pixels

横浜のランドマークタワー
toukyougatebridge12
900×602pixels

羽田空港。
旅客機が忙しく飛び交っている。
toukyougatebridge_p6
5452×600pixels

散策している途中、何機か橋の真上を飛んでいきました。
toukyougatebridge26
900×602pixels

羽田空港の向こうに見える二つの橋は大師橋と横浜ベイブリッジと思われます。
toukyougatebridge28
900×602pixels

東京ゲートブリッジは観光スポットとしても素晴らしいですが、無料で東京湾岸部をショートカット出来るのも魅力の一つです。


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

轟の滝★★★★〜濃藍の滝壷には大蛇と玉織姫の伝説がある〜



動画:轟の滝。
場所:高知県香美市
訪問日:2011年12月30日
最寄IC:高知自動車道 南国IC
最寄道の駅:道の駅「美良布」

高知県北東の山間の香美市柚の木に日本百名瀑布「轟の滝」があります。

高知市からは国道195号(土佐中街道/あじさいロード)を北東へ(阿南方面へ)進む。

道の駅「美良布」から8km程度進んだ所で、轟の滝への案内のある分岐があります。

物部川を渡って県道217号(久保大宮線)を2km程北東へ進むと、また滝への案内のある分岐があります

日比原川と平行して北西へ坂道を登って行くと轟の滝へ分岐があります。
分岐から500m程で駐車場に辿り着きます。
駐車場から轟の滝の周囲を周遊する遊歩道を進みます。
todorokinotaki_kami_map
1070×600pixels

最初は歩道を300m程歩くと沢への降り口がある。
todorokinotaki_kami03
900×602pixels

直ぐに展望所に辿り着きます。
todorokinotaki_kami_p2
1250×600pixels

展望所からは轟の滝が眼下に見えます。
三段の直瀑で、夫々の滝には素晴らしい滝壷があります。
todorokinotaki_kami08
800×1195pixels

轟の滝には玉織姫と大蛇の伝説が有ります。

その後の遊歩道を降りると紅い吊橋があります。
todorokinotaki_kami10
900×602pixels

吊橋からは下から轟の滝を見上げることになりますが、眼前の岩が邪魔です。
todorokinotaki_kami_p4
800×1593pixels

吊橋を渡ったら今度は登り道で、途中に轟神社があります。
轟神社は玉織姫を幸運の女神として祀っています。
todorokinotaki_kami11
900×602pixels


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

大釜の滝★★★★〜深さ15mの釜のような淵には大蛇伝説が伝わる〜



動画:大釜の滝。
場所:徳島県那賀郡那賀町
訪問日:2011年12月30日
最寄IC:日和佐道路 日和佐出入り口IC
最寄道の駅:道の駅「もみじ川温泉」

徳島県南部山間部の那賀町の剣山から東の金ヶ谷川流域に大釜の滝があります。

徳島市からは国道55号を小松島市南部まで進む。
バイパスではない国道55号を南へ5km程進み県道24号(羽ノ浦福井線)を南へ進むと阿南の市街地をショートカットできます。

その後は国道195号(土佐中街道)を西へ30km以上進むと長安口貯水池の出会橋にて国道193号との分岐になります。

国道193号を北へ10km以上で大釜の滝に辿り着きます。

途中、県道295号(木沢上那賀線)や県道16号(徳島上那賀線)との分岐で国道は冬季通行止めの看板が立ちますが、看板は端に寄せられていて通行できました。

駄目もとで進めるだけ進んでみようとしたら、何とか大釜の滝まで進めました。
素彫りのトンネルを越えた先に大釜の滝の観瀑台と降り口があります。
oogamanotaki_tokusima05

oogamanotaki_tokusima02
夫々900×602pixels

車はトンネル出口付近の道の広がりに寄せておいた。
(この時期交通量はほぼゼロ)
oogamanotaki_tokusima06
900×602pixels

国道脇の崖には氷柱があった。
今シーズン最初の氷柱が四国とは思わなかった。
oogamanotaki_tokusima01
900×602pixels

観瀑台からの景色。
oogamanotaki_tokusima_p5
1070×600pixels

観瀑台からの大釜の滝。
100名瀑に数えられる。
oogamanotaki_tokusima07
900×602pixels

階段を降りて良くと金ヶ谷川まで降りる。
途中、氷柱があり一部足元も凍っていた。
oogamanotaki_tokusima09
900×602pixels

川辺から先、滝壷までは近づけませんでしたが、大釜の滝は見えます。
落差は20mですが、深さ15mの淵の深い青色はとても綺麗です。
大蛇が棲む伝説が残されています。
oogamanotaki_tokusima11
900×602pixels


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

大轟の滝★★★★〜白い岩と滝、緑の苔、エメラルドの滝壷の織成す絶景〜



動画:大轟の滝。
場所:徳島県那賀郡那賀町
訪問日:2011年12月30日
最寄IC:日和佐道路 日和佐出入り口IC
最寄道の駅:道の駅「もみじ川温泉」

徳島県南部山間部の那賀町。
剣山から東の金ヶ谷川流域に大轟の滝があります。

更に上流にある大釜の滝が100名瀑で有名ですが、大轟の滝も負けずに素晴らしい名滝です。

徳島市からは国道55号を小松島市南部まで進む。
バイパスではない国道55号を南へ5km程進み県道24号(羽ノ浦福井線)を南へ進むと阿南の市街地をショートカットできます。

その後は国道195号(土佐中街道)を西へ30km以上進むと長安口貯水池の出会橋にて国道193号との分岐になります。

国道193号を北へ7〜8km程進み、県道295号(木沢上那賀線)と分岐から更に国道を500m程進むとカーブの外側に大轟の滝が見えます。
ootodorokinotaki_p2
1829×600pixels

カーブを曲がりきった先に駐車スペースがあります。
ootodorokinotaki12
900×602pixels

大轟の滝は白い岩場を三段に主に三本に分かれて流れ落ちます。
ootodorokinotaki_p6
800×1175pixels

訪ねた時は年末で紅葉終わっていましたが、白い岩と滝、緑の苔、エメラルドの滝壷がとても美しいです。
紅葉の時期は更に絶景とのことです。
ootodorokinotaki06

ootodorokinotaki08

ootodorokinotaki11
夫々900×602pixels

因みに大釜の滝は更に国道を北へ、先ず前方の崖を上っていきます。
ootodorokinotaki_p1
800×845pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

長安口ダム★★★〜ダム上を渡った先にチョッとした遊歩道がある〜

nagayasukutiDAM_p6
800×1113pixels

写真:長安口ダム。
場所:徳島県那賀郡那賀町
訪問日:2011年12月30日
最寄IC:日和佐道路 日和佐出入り口IC
最寄道の駅:道の駅「もみじ川温泉」

徳島県南部山間部を流れる那賀川。
長安口ダムは那賀川の中流にあります。

徳島市からは国道55号を小松島市南部まで進む。
バイパスではない国道55号を南へ5km程進み県道24号(羽ノ浦福井線)を南へ進むと阿南の市街地をショートカットできます。

その後は国道195号(土佐中街道)を西へ30km近く進むと長安口ダムがあります。

ダムは国道の直ぐ隣にあり、長安1号トンネル手前に入り口、駐車場があります。

駐車場からダム上を歩いて渡れます。
nagayasukutiDAM03
900×602pixels

ダムから下流側の景色。
向こうに架かる橋は釣り場しか?
nagayasukutiDAM_p3
800×1126pixels
 
ダムを渡った先にある階段を登るとチョッとした木道からあずまやまでの遊歩道があります。
nagayasukutiDAM05
900×602pixels

木道からのダムの眺望が良いです。
nagayasukutiDAM_p5
1105×600pixels

nagayasukutiDAM_p8
1070×600pixels


国道に戻って、長安口第一トンネルを潜った先にも駐車場があります。
長安口ダム資料館、ビーバー館駐車場
nagayasukutiDAM01
900×602pixels

この駐車場からは長安口貯水池を見渡せます。
nagayasukutiDAM_p7
1070×600pixels


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 湖、池、泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

氷柱観音★★★〜祠の後ろに鍾乳洞

turarakannnon08
800×1195pixels

写真:氷柱観音 祠裏の鍾乳洞と鍾乳石。
場所:徳島県那賀郡那賀町
訪問日:2011年12月30日
最寄IC:日和佐道路 日和佐出入り口IC
最寄道の駅:道の駅「鷲の里」

徳島県の南山間部の那賀町、道の駅「鷲の里」から県道19号(阿南鷲敷日和佐線)を北西へ1km程度の川沿いに氷柱観音と言う鍾乳洞のあるお堂があります。

徳島市からは国道55号を小松島市南部まで進む。
バイパスではない国道55号を南へ5km程進み県道24号(羽ノ浦福井線)を南へ進むと阿南の市街地をショートカットできます。

その後は国道195号(土佐中街道)を西へ12km程進み那賀町の中心部で県道283号(和食勝浦線)から橋で県道19号へ渡ると道の駅「鷲の里」です。

更に県道を北西へ進むと氷柱観音への入り口があります。
(車は近くの道脇の砂利スペースに停めることが出来ます)
turarakannnon03
900×602pixels

砂利スペースの崖下には小さな洞穴があり、その中には祠があります。
turarakannnon11
900×602pixels

入り口の直ぐ正面が那賀川です。
turarakannnon_p2
1070×600pixels


階段を登ると南方面にお堂があります。
鍾乳洞は此方ではない。
turarakannnon06
900×602pixels

十一面観世音菩薩。
turarakannnon05
800×1195pixels

鍾乳洞は北側の広場からさらに上っていきます。
turarakannnon10
900×602pixels

落ち葉だらけの細い道を登った先に紅い祠が有ります。
(滑りやすいので要注意です)
turarakannnon09
800×1195pixels

この祠の裏に冒頭写真の鍾乳洞があります。
祠と岩の隙間から鍾乳洞を覗き込むことが出来ます。
turarakannnon_p
800×1193pixels

鍾乳洞は竪穴で、直径3m程、深さ9mとのことです。
主に穴の上部に氷柱のように鍾乳石が垂れ下がっていることが確認できます。
(冒頭写真)


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 洞窟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

午尾の滝★★★〜滝の流れが馬の尾に似ている〜



動画:午尾の滝と滝壷。
場所:徳島県阿南市
訪問日:2011年12月30日
最寄IC:徳島自動車道 徳島IC
最寄道の駅:道の駅「わじき」

阿南市の那賀川沿い深瀬町に午尾の滝があります。

徳島市からは国道55号を南へ7km程進み県道16号(徳島上那賀線)を南へ7km程進む。

県道22号(阿南勝浦線)を東へ3km程進み、県道28号(阿南小松島線)を南西へ進む。

加茂大橋北口にて県道19号(阿南鷲敷日和佐線)を更に西へ進む。
深瀬町まで3km程県道を進むと北側への分岐に午尾の滝への案内があります。

道なりに進んでいくと午尾の滝駐車場に辿り着きます。
usionotaki_anan01
900×602pixels

駐車場から既に午尾の滝が見えます。
usionotaki_anan03
900×602pixels

神社に登って滝を見るのも良し、滝壷の水際で見るもよい。
滝の形は馬の尾に見えます。十二支で「午」で午尾の滝と言われます。
usionotaki_anan_p2
800×1427pixels

訪ねた時は年末ですが、モミジの落葉が滝壷に浮かび、とても綺麗でした。
usionotaki_anan05
900×602pixels


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

日本一社 お松大権現★★★〜珍しい猫神を祀った神社〜

omatugongen04
900×602pixels

写真:日本一社 お松大権現のジャンボ招き猫。
場所:徳島県阿南市
訪問日:2011年12月30日
最寄IC:徳島自動車道 徳島IC
最寄道の駅:道の駅「わじき」

阿南市の那賀川沿い加茂町に猫神を祭る日本一社 お松大権現があります。
日本三大怪猫伝の地であり、境内におおくの猫の像が見られます。

徳島市からは国道55号を南へ7km程進み県道16号(徳島上那賀線)を南へ7km程進む。

県道22号(阿南勝浦線)を東へ3km程進み、県道28号(阿南小松島線)を南西へ進む。

加茂大橋にて那賀川を渡り県道282号(大井南島線)との交差点にお松権現への案内があります。

案内の示す方向(東)に進み突き当たりを北へ進むとお松権現駐車場があります。
omatugongen02
900×602pixels

参道には猫の足跡。
omatugongen14
900×602pixels

境内の様子。
年始の準備で忙しそうでした。
omatugongen_p2
1070×600pixels

本殿前には狛犬ならぬ狛猫が。
昔、この地で借金の返却証文を巡り不正を行った三左衛門、奉行にお松の飼い猫三毛が化け猫となって恨みを果たした物語があります。
omatugongen10
900×602pixels

本殿の中には千万の招き猫が奉られています。
omatugongen07
900×602pixels

更に奥へ進むと猫大仏もあります。
探してみてください。
omatugongen12
800×1195pixels


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

蒲生田岬★★★★〜四国最東端の静かな岬の崖上に灯台が建つ〜

kamodamisaki_p11
2948×600pixels

写真:蒲生田岬 灯台周囲の景色。
場所:徳島県阿南市
訪問日:2011年12月30日
最寄IC:日和佐道路 由岐IC
最寄道の駅:道の駅「日和佐」

蒲生田岬は四国最東端の岬で紀伊水道と太平洋を分ける岬です。

徳島市からは国道55号を南へ小松島、阿南と進みます。
橘湾の南で県道26号(由岐大西線)を南東へ4km程進み、県道200号(蒲生田福井線)を東へ進む。

やがて海沿いの道となり、県道200号、蒲生田岬へは椿川を橋で渡る。

その先は交通量も少なくなり、県道も終わり、細くカーブの多い道となります。

暫く進むと内陸に向かって進み、広い道で蒲生田トンネルを越えて蒲生田岬に辿り着きます。
kamodamisaki01
900×602pixels

駐車場は蒲生田大池の隣にあります。
蒲生田大池には津波の痕跡(堆積物)があったそうです。
kamodamisaki_p15
1070×600pixels

灯台へは海沿いの道を歩きます。
kamodamisaki_p1
2085×600pixels

円い輪っかのモニュメントがある。
kamodamisaki02
900×602pixels

北には舞子島が少しだけ見えます。
kamodamisaki05
900×602pixels

波打ち際を進むと崖の上に灯台が見えてきます。
kamodamisaki07
900×602pixels

崖の上まで真っ直ぐの階段を登ると灯台に辿り着きます。
kamodamisaki10
800×1195pixels

灯台には中段まで登る事が出来ます。
灯台からの眺めは抜群で、紀伊水道から太平洋をパノラマ眺望出来ます。
kamodamisaki_p6
2541×600pixels

伊島が近くに見える。
kamodamisaki14
900×602pixels

南には室戸岬が微かに見えている。
kamodamisaki15
900×602pixels


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

津峯山の岩窟★★★〜50万年前に海食で出来た洞窟〜

tuminejinja_gankutu05
900×602pixels

写真:津峯神社の神明の岩窟。
場所:徳島県阿南市
訪問日:2011年12月30日
最寄IC:徳島自動車道 徳島IC
最寄道の駅:道の駅「公方の郷なかがわ」

四国東端の町、阿南市の市街地の南に阿波三峰の一つ津峯山があます。
有料道路「津峯スカイライン」にて山頂にある駐車場から少し崖を降りると岩の洞窟「岩窟」があります。

「津峯スカイライン」へは徳島市からは国道55号を阿南市まで南へ進む。

途中バイパスと分かれますがバイパスの方が市街地をパスできます。

県道193号(中林港線)を東にバイパスでない国道55号まで進み国道を3〜400m程進んところの交差点に津峯スカイラインへの案内があります。

曲がるとチョッと狭い道を進んでいくと料金所ゲートがあり、その先が津峯スカイラインになります。(普通車は¥600)

5km程度登って行くと終点の広い駐車場に辿り着きます。
(途中にある砂利広場は眺望が良いので寄り道すると良い)
tuminejinja_p5
1757×600pixels

津峯山山頂周辺の地図。
近くに神明の窟があり、少し離れて複数の岩窟が存在する。
tuminejinja_map
900×602pixels

駐車場の右奥に岩窟への遊歩道入り口があります。
tuminejinja_gankutu02
900×602pixels

先ずは急な坂道を降ります。
途中で分岐がありますが、順路の道標があります。
tuminejinja_gankutu03
800×1195pixels

神明の窟は駐車場から最も近い。
元々は海食で岩が削られてできたそうです。
木地職の人が住んだり、断食の修行場にもなったようです。
内部には小さな祠が祭られていました。
tuminejinja_gankutu06
900×602pixels

時間の都合上、他の岩窟はパスしましたが、揺れる岩など奇岩もあるようです。


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 洞窟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

津峯スカイライン バス専用駐車場★★★★〜砂利広場の端から阿南や橘湾を眺望〜

tumineskyline_p2
3076×600pixels

写真:津峯スカイライン バス専用駐車場からの眺望。
場所:徳島県阿南市
訪問日:2011年12月30日
最寄IC:徳島自動車道 徳島IC
最寄道の駅:道の駅「公方の郷なかがわ」

四国東端の町、阿南市の市街地の南に津峯山があり、津峯スカイラインが麓から山頂まで続いています。

徳島市からは国道55号を阿南市まで南へ進む。

途中バイパスと分かれますがバイパスの方が市街地をパスできます。

県道193号(中林港線)を東にバイパスでない国道55号まで進み国道を3〜400m程進んところの交差点に津峯スカイラインへの案内があります。

曲がるとチョッと狭い道を進んでいくと料金所ゲートがあり、その先が津峯スカイラインになります。(普通車は¥600)

4km程度登って行くと終点の広い駐車場に辿り着きますが、駐車場の少し手前に未舗装の駐車場(バス専用駐車場)があります。
tumineskyline_p1
1810×600pixels

この砂利広場の端からの眺望は津峯山で最も見晴らしが良いです。

東から南に紀伊水道を、遠く本州の和歌山も見えました。
その先には蒲生田岬と伊島も見えます。
tumineskyline_p3
6280×600pixels

南には「阿波の松島」橘湾を眺望します。
tumineskyline_p5
5322×600pixels

東には山頂に津峯神社へのリフトが見えます。
tumineskyline06
900×603pixels


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

津峯神社★★★〜駐車場や境内からの眺望が良い〜

tuminejinja05
900×602pixels

写真:津峯神社境内にある展望所。
場所:徳島県阿南市
訪問日:2011年12月30日
最寄IC:徳島自動車道 徳島IC
最寄道の駅:道の駅「公方の郷なかがわ」

四国東端の町、阿南市の市街地の南に阿波三峰の一つ津峯山があます。
津峯山には有料道路「津峯スカイライン」にて山頂近くまで登る事が出来ます。

徳島市からは国道55号を阿南市まで南へ進む。

途中バイパスと分かれますがバイパスの方が市街地をパスできます。

県道193号(中林港線)を東にバイパスでない国道55号まで進み国道を3〜400m程進んところの交差点に津峯スカイラインへの案内があります。

曲がるとチョッと狭い道を進んでいくと料金所ゲートがあり、その先が津峯スカイラインになります。(普通車は¥600)

5km程度登って行くと終点の広い駐車場に辿り着きます。
(途中にある砂利広場は眺望が良いので寄り道すると良い)
tuminejinja_p5
1757×600pixels

駐車場からはリフトや階段参道で神社に登る事が出来ます。
また、岩窟への遊歩道もあります。
tuminejinja_map
900×602pixels

駐車場の端からの眺望は、北に淡路島、沼島、友ヶ島、本州本土がみえました。
tuminejinja_p2
7230×600pixels

神社までのルートはリフトと階段がありますが、私は階段を登りました。
tuminejinja02
900×602pixels

境内に辿り着いてお参りをしました。
延命長寿と交通安全のご利益があります。
tuminejinja03
900×602pixels

境内には土俵がります。
捧げもち競技と言う鏡餅を抱えて土俵を回る回数を競う催しが桜の季節に行われるそうです。
tuminejinja04
900×602pixels

鶴や鶏が飼われています。
鶏は私が餌持っていると勘違いしたのか近寄ってきました。
tuminejinja06
900×602pixels

境内の一角にはチョッとした展望所があり、南に橘湾や蒲生田岬を眺望します。
tuminejinja_p3
1167×600pixels


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

小松島ステーションパーク★★★〜駅舎風ステージや世界一大きい狸銅像がある〜

komatusimaSTP04
1070×600pixels

写真:金長たぬき銅像。
場所:徳島県徳島市
訪問日:2011年12月30日
最寄IC:徳島自動車道 徳島IC
最寄道の駅:道の駅「公方の郷なかがわ」

徳島市の南に隣接する小松島町の中心部に小松島ステーションパークがあります。

小松島ステーションパークは元々は小松島線というローカル鉄道の跡地につくられた記念公園です。

徳島市からは国道33号を南へ7km程進み県道33号(小松島佐那河内線)を東へ1km程進むと、県道33号は東方向と北方向へ分岐します。

北方向へ進み、川を渡った先で県道213号を北東方向へたどると小松島ステーションパークの周囲に進めます。

特に駐車場はないので邪魔にならないところに路駐しました。

小松島ステーションパークは道路を挟んで二つに分かれています。

一つはSL記念公園。
komatusimaSTP02
900×602pixels

広場の奥に、駅舎風のステージがあります。
komatusimaSTP_p1
1070×600pixels

小松島駅では無く公園です。
komatusimaSTP01
900×602pixels

駅に停まっているのはSL機関車のレプリカ。
komatusimaSTP11
900×602pixels

水道も機関車風。
komatusimaSTP09
900×602pixels

もう一つ、南東側には狸広場があります。
komatusimaSTP_p2
1070×600pixels

奥の崖の前に立つ狸の像は、金長たぬきと言います。

四国のたぬきの戦争物語「阿波狸合戦」の主人公です。
詳しくは下記を参照。
komatusimaSTP05
900×602pixels

因みに狸の銅像としては世界最大の大きさです。
チョッとした細工がなされていて、
巨大な狸像の前で手を叩くと楽しいことが起こるかもしれません。


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

日峰公園★★★★〜遠く北には大鳴門橋が見える〜

nitiminekouen_p11
1070×600pixels

写真:日峰公園展望台からの眺望。
場所:徳島県徳島市
訪問日:2011年12月30日
最寄IC:徳島自動車道 徳島IC
最寄道の駅:道の駅「公方の郷なかがわ」

徳島市の南にある小松島市の北に日峰山があり日峰公園はなかなかの眺望スポットです。
日峰山は、中津峰山、津峯山と共に阿波三峰と呼ばれる名山の一つです。

徳島市街地からは国道55号を南へ6〜7km程進み、勝浦川を渡った先の江田町交差点にて県道16号(徳島上那線)を北東方面へ、県道120号(徳島小松島線)を2〜300mほど北へ進むと日峰山への案内のある交差点があります。

その後は案内を頼りに坂道を登って行くと尾根部に広い駐車場があります。
nitiminekouen_p10
1070×600pixels

駐車場の左手(北東方面)にコンクリート式の展望台があります。
nitiminekouen01
900×602pixels

展望台からは北方面に徳島湾、吉野川河口、遠く淡路島と大鳴門橋を眺望します。
nitiminekouen_p8
8316×600pixels

大鳴門橋、吉野川河口。
nitiminekouen03
900×602pixels

眉山の山頂部が見える。
nitiminekouen04
900×602pixels

反対側(南側)も見晴らしがよい。
眼下には小松島の町並み。
nitiminekouen_p4
2364×600pixels

また、更に車で登ると日峰神社があります。
鳥居前の小松島野外活動センター前の広場に駐車できます。
nitiminekouen12
900×602pixels

広場の端からの景色も良い。
nitiminekouen_p5
2583×600pixels

遠く、阿南の海の小島群が確認できます。
nitiminekouen_p8
5279×600pixels

鳥居を潜って少し登ると日峰神社があります。
nitiminekouen15
900×602pixels

神社の裏手に百度石があります。
その先からの見晴らしもよいです。
nitiminekouen16
900×602pixels


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

弁天山★★★〜国土地理院認定の日本一低い山〜

bentenyama_komatusima01
900×602pixels

写真:県道から弁天山を撮影。
場所:徳島県徳島市
訪問日:2011年12月30日
最寄IC:徳島自動車道 徳島IC

徳島市市街地から南の方上町の県道沿いに日本一低い山「弁天山」があります。

徳島市街地からは国道438号、県道136号(宮倉徳島線)、県道209号(八多法花線)と南へ進みます。

県道210号(大谷西須賀線)との分岐にて東方向へ県道210号を2〜300m程進むと弁天山が見えてきます。
(日本一低い山の幟が目印)

弁天山から東に弁天市があり、駐車場として利用できそうです。
bentenyama_komatusima02
900×602pixels

山と言っても日本一低いだけあって岩の上に社があるだけです。
bentenyama_komatusima_p1
800×783pixels

弁天山周辺は、源平合戦当時は海で弁天山は小島だったそうです。
室町時代に海水が引き、湿地帯を開拓して現在の水田と小山となったそうです。

そのため、海の守り神である厳島神社(弁財天)を祀っているようです。
bentenyama_komatusima_p2
1537×600pixels

上記の経緯を経て日本一小さい山(標高約6m)となりました。

他にも日本一小さい山を歌う山はありますが、何れも人工で造成した山であり、弁天山こそが古来から存在する日本一低い山とのことです。


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

北灘町の海沿い駐車場★★★〜播磨灘の先に小豆島や淡路島〜

kitanadaPA01
900×602pixels

写真:北灘町の海沿い駐車場。
場所:徳島県鳴門市
訪問日:2012年01月02日
最寄IC:高松自動車道 引田IC
神戸淡路鳴門道路 鳴門IC
最寄道の駅:道の駅「第九の里」(峠越え)

鳴門市の北西端、香川との県境近くにチョッとした海沿い駐車場があります。

鳴門ICからは国道11号を北へ5km程進み瀬戸内海(播磨灘)沿いに出て、そのまま高松方面(西)へ6〜7km程進む。

三津トンネルを越えた先にチョッとした駐車場があります。
名前は特にないので北灘の地域にあるので「北灘町の海沿い駐車場」と表現します。

この駐車場からは播磨灘の先に小豆島や淡路島を眺望します。

小豆島の前に見える小島は毛無島、通念島、松島です。
kitanadaPA_p3
4169×600pixels

東には淡路島も見えます。
kitanadaPA_p4
2605×600pixels

西には香川の引田の町も見えます。
直ぐ近くに県境があります。
kitanadaPA_p2
3160×600pixels


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

うずしおロマンチック海道彫刻公園★★★〜かつて若手芸術家の作品を展示して脚光を浴びた公園〜

romantikkukaidoutyoukokukouen01
1339×600pixels

写真:うずしおロマンチック海道彫刻公園入り口。
場所:徳島県鳴門市
訪問日:2012年01月02日
最寄IC:高松自動車道 引田IC
神戸淡路鳴門道路 鳴門IC
最寄道の駅:道の駅「第九の里」(峠越え)

鳴門市の北西部、瀬戸内海海岸線を国道11号にてドライブしていると、三津トンネルの海岸側の外部にうずしおロマンチック海道彫刻公園があります。

かつて、町おこしのため、若手の芸術家の作品を展示して注目されましたが、あまり手入れされていないのか、観光客の居ない寂れた公園になっていました。
romantikkukaidoutyoukokukouen03

romantikkukaidoutyoukokukouen04

romantikkukaidoutyoukokukouen05

romantikkukaidoutyoukokukouen08
夫々900×602pixels

romantikkukaidoutyoukokukouen06
800×1195pixels

公園からは瀬戸内海(播磨灘)を見渡せます。
romantikkukaidou_tyoukokukouen_p
1845×600pixels

いつかメンテされて昔のように日の目を見るびることがあるのだろうか?


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

小鳴門海峡橋★★★〜橋下の小鳴門海峡には無数の渦が出来ていた〜

konarutokaikyouhasi_p2
1339×600pixels

写真:鳴門展望台から鳴門方向を眺望。
場所:徳島県鳴門市
訪問日:2011年12月29日
最寄IC:神戸淡路鳴門道路 鳴門北IC

徳島県北部にある島田島の西側に小鳴門海峡があります。
県道183号(亀浦港櫛木線/鳴門スカイライン)は遥か丘上で小鳴門海峡を渡ります。

橋の西側の路側帯の駐車スペースに駐車して小鳴門海峡橋を歩いて渡ります。

北には小鳴門海峡の先に瀬戸内海が見えます。(冒頭写真)

南にはウチノ海へ続く。
konarutokaikyouhasi_p3
1866×600pixels

南に見える吊橋は県道11号(鳴門公園線)の小鳴門大橋と思われます。
konarutokaikyouhasi08
900×602pixels

訪ねた時は引き潮だったのか、北から南へ流れていました。
無数の渦潮が確認できました。
konarutokaikyouhasi06

konarutokaikyouhasi10
夫々900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

鳴門展望台★★〜廃墟が痛々しいが橋を渡れば大鳴門橋が見える〜

narutotennboudai_p6
1339×600pixels

写真:鳴門展望台から鳴門方向を眺望。
場所:徳島県鳴門市
訪問日:2012年01月02日
最寄IC:神戸淡路鳴門道路 鳴門北IC

徳島県北部にある島田島を県道183号(亀浦港櫛木線/鳴門スカイライン)にて縦断していると島の東側にて陸橋を潜ることが有ります。

その先(西側)に鳴門展望台駐車場入り口があります。
narutotennboudai04
900×602pixels

ただ、駐車場にある建物はどれも廃墟のように朽ち果てています。
narutotennboudai05
900×602pixels

駐車場にある展望所も手入れされていない為、木々の間から少しだけ海が見えます。
narutotennboudai_p3
1350×600pixels

ただ、先ほどの陸橋を渡ると鳴門海峡が見えてきます。
narutotennboudai_p5
1717×600pixels

大鳴門橋と淡路島。
narutotennboudai03
900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



ブログパーツ