2012年01月31日

逗子海岸ロードオアシス★★★〜逗子海岸北側にある有料駐車場〜

zusikaiganoasisload_p
1532×600pixels

写真:逗子海岸ロードオアシス 施設二階のテラスからの風景。
場所:神奈川県逗子市
訪問日:2011年12月10日
最寄IC:横浜横須賀道路 逗子IC(逗子新道)

三浦半島西側にある逗子海岸の北側、国道134号沿いに逗子海岸ロードオアシスがあります。

逗子ICからは逗子新道、県道311号(鎌倉葉山線)と長柄交差点まで進み、その後国道134号を鎌倉方向へ進む。

トンネル越えた後、逗子海岸沿いを北へ進み、北側の断崖下部を走っていると陸側に逗子海岸ロードオアシスがありました。

駐車場は有料で夏季以外に30分であれば、普通車¥100と比較的安い。(夏季は¥200)

敷地内にはレストランや地元の産物を販売しています。

施設二階には展望テラスがあり、逗子海岸を眺望出来ます。
zusikaiganoasisload01
900×602pixels

遠く、伊豆大島も見えました。
zusikaiganoasisload02
900×602pixels


続きを読む
posted by T-chan at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | SA、PA、道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

大崎公園★★★★〜逗子マリーナを眼下に江ノ島と富士山を眺望〜

oosakikouen_zusi06
900×602pixels

写真:大崎公園から江ノ島と富士山。
場所:神奈川県逗子市
訪問日:2011年12月10日
最寄IC:横浜横須賀道路 逗子IC(逗子新道)

逗子市西部、披露山公園から更に西の相模湾に突き出た岬の上に大崎公園があります。

大崎公園には駐車場はなく、近くの披露山公園から徒歩で訪ねます。(徒歩約15分)
hirouyama_map
800×648pixels

先ず、披露山へは逗子ICからは逗子新道、県道311号(鎌倉葉山線)と長柄交差点まで西へ進みます。

その後は県道311号を北へ進み、逗子中心部を経て小坪入り口交差点にて、西側への分岐を500m程進むと「披露山公園入り口」交差点に辿り着きます。

そこで南へ進み、案内を頼りに坂道を登っていくと披露山公園駐車場に辿り着きます。
駐車場は無料でAM8:30〜16:30まで利用できるようです。

披露山の猿園近くから大崎公園への降り口があります。
下り道途中の風景。
oosakikouen_zusi01
900×602pixels

その後は住宅地の海を望む道を道標を頼りに歩いていくと大崎公園入り口に辿り着きます。
入り口は民家の塀の隣の小道。
oosakikouen_zusi03
900×602pixels

直ぐに住宅地を抜けて相模湾を見下ろす林の中へ入ります。
oosakikouen_zusi_p1
1649×600pixels

芝生広場に入ると展望所も近い。
oosakikouen_zusi_p4
1070×600pixels

大崎公園の展望所。
oosakikouen_zusi_p2
2119×600pixels

大崎公園からの富士山も披露山と同じように江ノ島とセットの風景となります。
披露山との違いは逗子マリーナの建物と共に一望出来ることです。
oosakikouen_zusi05
900×602pixels

南には伊豆大島も望めます。
oosakikouen_zusi10
900×602pixels

訪ねた時、丁度、ツバキの花が咲いていました。
oosakikouen_zusi11

oosakikouen_zusi15
夫々900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

披露山公園★★★★★〜伊豆半島から江ノ島、富士山を眺望〜

hirouyamakouen_p4
5388×600pixels

写真:披露山公園展望台から伊豆半島と江ノ島と富士山。
場所:神奈川県逗子市
訪問日:2011年12月10日
最寄IC:横浜横須賀道路 逗子IC(逗子新道)

逗子市西部、相模湾を見下ろす大地に披露山公園があります。

披露山公園は富士見100景に選定されていることもあり、訪ねてみました。

逗子ICからは逗子新道、県道311号(鎌倉葉山線)と長柄交差点まで西へ進みます。

その後は県道311号を北へ進み、逗子中心部を経て小坪入り口交差点にて、西側への分岐を500m程進むと「披露山公園入り口」交差点に辿り着きます。

そこで南へ進み、案内を頼りに坂道を登っていくと披露山公園駐車場に辿り着きます。
駐車場は無料でAM8:30〜16:30まで利用できるようです。

駐車場から坂道を登っていくと山頂の広場に辿り着きます。
hirouyama_map
800×648pixels

山頂広場にある展望台。
hirouyamakouen_p10
1612×600pixels

展望台からの景色は絶景。
眼下に逗子マリーナや相模湾を、その先には伊豆半島から江ノ島、富士山を眺望します。
hirouyamakouen_p3
4023×600pixels

富士見100景に選ばれた江ノ島と富士。
富士見100景をいままで色々見ましたがベストと言ってもいいくらいの素晴らしい景色です。
hirouyama10

hirouyama09
夫々900×602pixels

この披露山公園は海軍の砲台基地だったようです。
園内にある展望台や猿園、花壇は砲台座跡に作られたそうです。
hirouyama17
900×602pixels

猿園の更に奥にも展望所があります。
hirouyamakouen_p8
2018×600pixels

ここからは逗子南側を眺望します。
hirouyamakouen_p9
1569×600pixels

相模湾に浮かぶ伊豆大島。
hirouyama14
900×602pixels

また、披露山公園から西へ15分ほど降りると大崎公園と言う富士見スポットもあります。
次回、大崎公園は紹介します。


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

長者ヶ崎★★★〜相模湾越しの富士山眺望スポットの一つ〜

tyoujagasaki_p1
3391×600pixels

写真:長者ヶ崎駐車場からの景色。
場所:神奈川県横須賀市、三浦郡葉山町 町境
訪問日:2011年12月10日
最寄IC:横浜横須賀道路 逗子IC(逗子新道)

三浦半島の東部、葉山町と横須賀市の境に突き出た長者ヶ崎は相模湾越しの富士山眺望スポットの一つです。

逗子ICからは逗子新道、県道311号(鎌倉葉山線)と西へ進み、国道134号を南へ4km程進むと海側に長者ヶ崎駐車場があります。

駐車料金は季節や休日か平日で異なりますので、ご注意ください。
夏季以外の土日祝日は一時間¥300、平日は無料とお得です。

駐車場の奥には売店もあります。
tyoujagasaki01
900×602pixels

長者ヶ崎駐車場からは相模湾の向こうに富士山を眺望します。
tyoujagasaki03
900×602pixels

伊豆大島、江ノ島も良く見えます。
tyoujagasaki04

tyoujagasaki06
夫々900×602pixels

駐車場からは眼下の砂浜に降りることが出来ます。
夏季は海水浴客で賑わうことでしょう。
tyoujagasaki_p5
1070×600pixels


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

メロディライン うさぎとかめ★★★〜法定速度で走行すると童謡うさぎとかめのメロディが聞こえてくる〜



メロディ:メロディラインが奏でる童謡「うさぎとかめ」
場所:群馬県みどり市
訪問日:2012年01月15日
最寄IC:関越自動車道 大田薮塚IC、大田桐生IC
最寄道の駅:道の駅「くろほねやまびこ」

群馬の大間々から栃木の足尾、日光と繋がる国道122号(銅街道)沿いにメロディラインがあります。

メロディラインとは道路に細工された溝を通り過ぎる際の走行音が、溝の間隔や配列で音程や旋律になって聞こえてくる道路です。

大田薮塚ICからは県道315号(大原境線)、県道68号(桐生伊勢崎線)と県道69号(大間々世良田線)と北の大間々まですすむ。

(大田桐生ICや佐野藤岡ICから、国道50号のルートも走りやすいのでオススメ)

大間々市街地からは国道122号を北へ、渡良瀬川沿いに北へ進めばメロディラインに辿り着きます。

場所は道の駅「くろほねやまびこ」から国道を足尾方面に3km進んだところです。
足尾方面への車線にあります。

メロディライン付近には駐車スペースなどはなかったと思います。

メロディラインを法定速度にて走行すると童謡「うさぎとかめ」のメロディが聞こえてきます。

メロディライン中にカーブもあり、交通量も多いので運転にはくれぐれも注意をしてください。


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

内野の氷柱★★〜未舗装の道を進んだ先、川の対岸に氷柱群がみられる〜

utinonotuara_p1
1522×600pixels

写真:内野の氷柱
場所:群馬県桐生市
訪問日:2012年01月15日
最寄IC:関越自動車道 大田薮塚IC、大田桐生IC
最寄道の駅:道の駅「くろほねやまびこ」

赤木山の東麓、鳥居川の谷壁に内野の氷柱と呼ばれる氷柱群が厳冬期に表れます。

一月中旬に寒波が到来したので、期待をもって訪ねてみました。

大田薮塚ICからは県道315号(大原境線)、県道68号(桐生伊勢崎線)と県道69号(大間々世良田線)と北の大間々まですすむ。

その後、国道122号(銅街道)を9〜10km程北へ進み桐生市に入って下田沢交差点にて県道62号(沼田大間々線)を3km程北西へむ。

県道70号(大間々子持線)との分岐の500m程手前にて左に曲がります。
(案内はありません。「清水ツツジ街道」と記されていたと思います)

曲がって道沿いに1km程進むと未舗装となります。
その後分岐があります。
分岐は左手の下り坂を進む(道標無)と鳥居川を橋で渡ります。

橋を渡った先のカーブ外側が少し広く駐車スペースとなります。
橋からは下流(写真左)と上流(写真右)に氷柱群が確認できました。
utinonotuara_p4
3773×600pixels

上流の氷柱。
utinonoturara05
900×602pixels

下流にある氷柱が内野の氷柱のようです。
近くで見るには川に降りて渡らないとならないので私は道沿いにて撮影しました。
utinonoturara04

utinonoturara03

utinonoturara08
夫々900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷、氷柱、氷瀑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

梨木の氷柱★★★★〜手の届く崖壁に氷のカーテン〜

nasiginoturara_p3
1522×600pixels

写真:梨木の氷柱
場所:群馬県桐生市
訪問日:2012年01月15日
最寄IC:関越自動車道 大田薮塚IC、大田桐生IC
最寄道の駅:道の駅「くろほねやまびこ」

赤木山の南東麓にある梨木に、厳冬期に見られる氷柱群が最近有名になってきています。

一月中旬に寒波が到来したので、期待をもって訪ねてみました。

大田薮塚ICからは県道315号(大原境線)、県道68号(桐生伊勢崎線)と県道69号(大間々世良田線)と北の大間々まですすむ。

その後、国道122号(銅街道)を6〜7km程北へ進み桐生市に入って直ぐ宿廻交差点にて県道335号(梨木上神梅停車場線)を4〜5km程北西へ進んで、県道336号(梨木香林線)近くに梨木温泉・梨木館があります。
nasiginoturara02
900×602pixels

★オススメルートは赤木ICから空っ風街道を東へ進み、県道336号で梨木へ進むルートです。
県道336号は県道335号よりも幅広く走りやすいです。


梨木館へは橋で深沢川を渡りますが、渡らないで更に上流の林道脇の崖に広範囲に氷柱が見られます。
(県道335、336号、林道、梨木館への橋の交差点の一角が駐車スペースになる)
nasiginoturara_p1
1686×600pixels

林道直ぐ隣の崖に氷柱群が出来ているので、触れることのできます。
巨大な氷柱のカーテンを求めてか、以外に観光客は多かったです。
nasiginoturara_p5
1221×600pixels

人やガードレールと比較すると一つ一つがどれほど巨大か良くわかります。
nasiginoturara03
900×602pixels

淡く青色に透き通った氷は美しい。
nasiginoturara07

nasiginoturara08
夫々900×602pixels

氷のカーテンの裏にはあ幾つかの氷筍も見られました。
nasiginoturara11
900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷、氷柱、氷瀑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

メロディライン チューリップ★★★〜法定速度で走行すると童謡チューリップのメロディが聞こえてくる〜



メロディ:メロディライン チューリップ
場所:群馬県前橋市
訪問日:2012年01月15日
最寄IC:関越自動車道 赤木IC、渋川伊香保IC
北関東自動車道 駒形IC
最寄道の駅:道の駅「ぐりーんふらわー牧場・大胡」

近年、特に群馬県でメロディラインが増えつつあります。

メロディラインとは道路に細工された溝を通り過ぎる際の走行音が、溝の間隔や配列で音程や旋律になって聞こえてくる道路です。

今回、赤木山の南麓をドライブしていたので国道353号にメロディラインがあると調査して通ってみました。

場所は道の駅「ぐりーんふらわー牧場・大胡」よりも1.5km程西に東方向への車線になります。

アクセスは赤木ICが分かり易いと思います。
赤木ICから県道70号(大間々上白井線)、国道353号と東へ道なりに進めば良い。

富士見村から高崎市に入ったころからメロディラインの標識が現れ始めます。

メロディライン付近には駐車スペースなどはなかったと思います。

メロディラインを法定速度にて走行すると童謡「チューリップ」のメロディが聞こえてくるのですが…。

チョッとヒネリが足りないと言うか、目新しさがないなと思いました。


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

船尾滝★★★〜落差72mの名瀑は厳冬期には氷柱群れも見られる〜



動画:冬の船尾滝
場所:群馬県渋川市
訪問日:2012年01月15日
最寄IC:関越自動車道 渋川伊香保IC、駒寄PA ETC出入り口
最寄道の駅:道の駅「よしおか温泉」

榛名山の東中腹部に船尾滝があります。
厳冬期には氷柱が見られるというので訪ねてみました。

駒寄PAのETC出入り口からは北へ進み県道15号(前橋伊香保線)を北東へ6km程進む。

水沢にて県道153号(水沢足門線)を南へ300m程度進むと西方向へ分岐に船尾滝への案内があります。

その後は滝沢川沿いに道を真っ直ぐ進むと船尾滝駐車場があります。
hunaotaki22
900×602pixels

船尾滝周辺のマップ
hunaotaki_map
900×602pixels

駐車場から滝までは滝までは徒歩15〜20分。(30分と書かれている看板もあった)
ただ、途中で滝が見えてくるので、思ったよりも近く感じました。
hunaotaki24
900×602pixels

舗装路から沢沿いを進むと、麓方面も視界が広がります。
hunaotaki_p8
1767×600pixels

谷の先には赤木山も見えます。
hunaotaki06
900×602pixels

船尾滝の本流は凍っていませんが周囲には氷柱が出来ていました。
落差72mの名瀑で、昔は神の宮居として人の侵入は禁止されていたそうです。
「不入(ふにゅう)」が「船尾(ふなお)」になったと言われています。
hunaotaki08
800×1195pixels

氷の筒から滝が流れ落ちる。
hunaotaki15
900×602pixels

滝の左側の崖には氷柱群が見られます。
hunaotaki21
900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷、氷柱、氷瀑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

榛名湖南駐車場★★★〜冬、凍結した榛名湖から奇妙な音が聞こえた〜

harunakominami_p
2690×600pixels

写真:氷結した榛名湖
場所:群馬県高崎市
訪問日:2012年01月15日
最寄IC:関越自動車道 渋川伊香保IC(榛名山越え)、高崎IC
最寄道の駅:道の駅「おのこ」

群馬県の中央付近にある榛名山の山頂部には榛名湖と言う火口湖があります。

今回は1月の冬にで榛名山越えをする為通りかかりました。

榛名神社から天神峠を越ると榛名湖が見えてきます。

冬季にも関わらず、山頂部に雪は殆どみられなかった。
しかし榛名湖は凍っていました。
harunakominami2
900×602pixels

県道33号(渋川松井田線)と県道28号(高崎榛名吾妻線)との交差点から50m程西に高崎市営 の無料駐車場があります。

駐車場から湖畔に歩いて撮影していると奇妙な高い音が聞こえます。
金属のワイヤーが揺れるような??


どうもこの音は、湖面を覆う氷が歪む時に発しているようです。
凍りの表面を見ていると奇妙な音とともにヒビが入りました。
harunakominami1
900×602pixels


場所&天気を確認
posted by T-chan at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 湖、池、泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

榛名神社★★★★〜厳冬期には瓶子の滝は氷結する〜



動画:氷結した瓶子の滝
場所:群馬県高崎市
訪問日:2012年01月15日
最寄IC:関越自動車道 渋川伊香保IC(榛名山越え)、高崎IC
最寄道の駅:道の駅「おのこ」

榛名山の南西の中腹に榛名神社があります。
今回、瓶子の滝(みすずのたき)が完全氷結したとの情報を得て訪ねてみました。

渋川伊香保ICからは県道35号(渋川東吾妻線)を経て県道33号(渋川松井田線)で伊香保温泉や榛名山を越えるルートが良いです。

しかし、伊香保温泉の混雑や冬の榛名山を避けるのであれば高崎ICから県道27号(高崎駒形線)、国道18号、国道406号を経て榛名山の南麓へ進み、県道211号(安中榛名湖線)から県道33号と榛名山へ登れば榛名神社へ辿り着きます。

途中で榛名神社方面への分岐へ進めば参道入り口と幾つかの駐車場があります。
駐車場には無料のものと、売店、飲食店での購入条件のものがあるので注意が必要です。

参道入り口の鳥居と山門。
harunajinja01
900×602pixels

榛名神社の境内マップ
harunajinja_map
800×1195pixels

榛名川沿いを進む。
榛名川は一部凍っていた。
harunajinja08
900×602pixels

瓶子の滝は参道途中、矢立の杉の対岸にあります。
harunajinja_p2
1556×600pixels

参道からは手前の電線がチョッと邪魔です。
harunajinja18
800×1195pixels

矢立の杉は名木ですが撮影が難しい。
harunajinja_p4
800×1427pixels

瓶子の滝近くに下りる為には参道から砂防ダムまで進める道があります。
其処を降りて川下に降りて良くと瓶子の滝に近づけます。
harunajinja37

harunajinja39
夫々800×1195pixels

滝の直ぐ下まで近づけますが沢を渡るのは自己責任でお願いします。
harunajinja40
900×602pixels

また、榛名神社には様々な奇岩があります。
朝日岳、夕日岳。
harunajinja10
800×1195pixels

本堂裏の御姿岩
harunajinja24
800×1195pixels

双龍門裏の岩も奇岩。
harunajinja_p3
800×960pixels

参道から更に榛名川沿いに上流へ進むと砂防ダムがあり、その先に九折岩があります。
harunajinja35

harunajinja34
900×602pixels


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷、氷柱、氷瀑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

鉄道車両公園★★★〜秩父鉄道で活躍した車両を展示している〜

tetudousyaryoukouen25
900×602pixels

写真:鉄道車両公園に展示された列車
場所:埼玉県秩父市
訪問日:2012年01月09日
最寄IC:関越自動車道 花園IC
最寄道の駅:道の駅「あらかわ」

秩父鉄道の西側の終点駅である三峰口駅近くには鉄道車両公園と言う公園が存在します。
tetudousyaryoukouen_map
900×602pixels

秩父市市街地から更に国道140号(彩甲斐街道)を西へ10km程度進み県道210号(中津川三峰口停車場線)にて荒川を渡ると三峰口駅に辿り着きます。

駐車場は駅の西側にあります。
この駐車場は駅に近い側は駅前の商店街用で奥が利用できるようです。
tetudousyaryoukouen01
900×602pixels

駐車場の隣には列車が停車していたりすることもあるようです。
tetudousyaryoukouen03
900×602pixels

三峰口駅の窓口にて駐車場料金(\500)を支払い、駐車場に戻り更に奥から踏み切りの無い線路を渡ると鉄道車両公園入り口です。
tetudousyaryoukouen05
900×602pixels

園内にはかつて秩父鉄道にて活躍した車両を展示・保存しています。
tetudousyaryoukouen28

tetudousyaryoukouen33
夫々900×602pixels

武甲山から取れるセメントを運搬する貨車も展示され、見学できる。
tetudousyaryoukouen20

tetudousyaryoukouen14
夫々900×602pixels

一部車両は車両内部も公開しています。
tetudousyaryoukouen07

tetudousyaryoukouen41
夫々900×602pixels

また、SL転車台も見所です。
tetudousyaryoukouen46
800×600pixels


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

般若の丘★★★〜古代の珍獣パレオパラドキシアが発掘された丘〜

hannyanooka07
900×602pixels

写真:古代の珍獣パレオパラドキシアの像
場所:埼玉県秩父郡小鹿野町
訪問日:2012年01月09日
最寄IC:関越自動車道 花園IC
最寄道の駅:道の駅「龍勢会館」、道の駅「あらかわ」

秩父市街地から北西にある小鹿野町、中心部から南東部の丘上に「般若の丘」があります。

この地では珍獣パレオパラドキシアや大型魚チチブサワラが発掘されたそうです。
記念してか、この地に「般若の丘」と言う公園が創られたようです。

花園ICからは国道140号(秩父街道)を西へ皆野まで進み(皆野寄居バイパスもオススメ)、県道43号(皆野荒川線)にて小鹿野町まで進みます。

その後は国道299号との交差点を直進し、長若交差点にて県道209号(小鹿野影森停車場秩父公園線)を北へ1km程度進むとトンネルの先に般若の丘(バイクの森おがの)への入り口があります。

駐車場はとても広く立派です。
hannyanooka04
900×602pixels

バイクの森おがの。
元々は般若の湯と言う温泉施設のあったクアパレス小鹿野という施設でしたが、バイク博物館となり、今はバイク博物館も閉館しているようです。
hannyanooka14
900×602pixels

駐車場から更に高台に般若の丘公園があります。
入り口にたいそう立派な展望台ゲートがあります。
hannyanooka01

hannyanooka05
夫々900×602pixels

展望台からは小鹿野の里を眺望します。
hannyanooka_p1
2586×600pixels

般若の丘からは法性寺までの散策道があるようです。
hannyanooka_map
800×1195pixels

公園内には珍獣の化石発掘を記念してか、パレオパラドキシアの親子像が存在します。
(冒頭写真)
カバのような巨獣は、海辺に生息していたようです。

更に後ろに公園は広がり、高台の上にもあずまやがあります。
hannyanooka09
900×602pixels

あずまやまで登ると更に視界は広がります。
hannyanooka10
900×602pixels

高台のあずまやからの景色。
hannyanooka_p4
1799×600pixels

遠くには「ようばけ」と呼ばれる大規模な地層露頭の崖を眺望出来ます。
hannyanooka_p5
1639×600pixels

残念ながら武甲山は林の後ろでした。
hannyanooka13
900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 大地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

ようばけ★★★〜おがの化石館の後ろに大きな地層露頭がある〜

youbake_oganokasekikan_p2
1583×600pixels

写真:ようばけ。
場所:埼玉県秩父郡小鹿野町
訪問日:2012年01月09日
最寄IC:関越自動車道 花園IC
最寄道の駅:道の駅「龍勢会館」

秩父市街地から北西にある小鹿野町の赤平川沿いに「ようばけ」と言う巨大な地層露頭の崖が存在します。

花園ICからは国道140号(秩父街道)を西へ皆野まで進み(皆野寄居バイパスもオススメ)、県道43号(皆野荒川線)にて国道299号まで南西に進む。

その後は国道299号を1km程度西へ進み県道283号(下小鹿野吉田線)を北へ進みます。

500m程進んだ所で「おがの化石館」や「ようばけ」への案内があります。

その後は案内に従い進むと、おがの化石館があります。
youbake_oganokasekikan01
900×602pixels

おがの化石館は内装工事の為休館中。
ただ、駐車場は利用できました。
youbake_oganokasekikan02
900×602pixels

駐車場から東側を見ると大きな崖=ようばけを望めます。
youbake_oganokasekikan03
900×602pixels

少し上流側(北寄り)には小規模な地層露頭「はさみばけ」もみえます。
youbake_oganokasekikan09
900×602pixels

駐車場から更に西へ「ようばけ」の道標が示しています。
道標に従い倉庫沿いを進むと「ようばけ」の説明板のある眺望所があります。
youbake_oganokasekikan04

youbake_oganokasekikan05
夫々900×602pixels

この場所から冒頭写真を撮影しました。
この崖は赤平川による浸食で崖が削れて地層が露出したようです。

「ようばけ」とは「日の当たる崖」と言う意味だそうです。


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 大地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

秩父ミューズパーク ミューズの泉とパルテノン★★★〜パルテノン宮殿風建物などがある〜

titibumuseP_parutenon05
900×602pixels

写真:パルテノンを撮影
場所:埼玉県秩父市
訪問日:2012年01月09日
最寄IC:関越自動車道 花園IC
最寄道の駅:道の駅「ちちぶ」

秩父市街地から西、荒川の更に西の小山に秩父ミューズパークと言う広域公園があります。

広い公園の為、展望所などのオススメスポットは離れて点在している為、数回に分けてご紹介します。

今回はミューズの泉(とパルテノン)です。

秩父市中央部(国道299号と国道140号の交差点)から国道299号を東へ北へ進むと県道208号(秩父停車場秩父公園線)を西へ進みます。

荒川を渡って県道72号(秩父荒川線)との交差点を直進すると秩父ミューズパークへ道は登って行きます。

秩父ミューズパークの中央部にある公園広場にミューズの泉(とパルテノン)があります。
P6駐車場が最も近い駐車場でした。(道沿いに駐車場番号の標識がある)
titibumusePmap
1137×600pixels

ミューズの泉は文字通り秩父ミューズパークのシンボル的な広場でギリシャ神殿風の支柱からは噴水が出る泉のようです。
訪ねた時は噴水どころか泉も枯れていました。
泉の後ろ周りにはミューズの像も存在します。
titibumuseP_parutenon02
900×602pixels

また、パルテノンと言う文字通りのギリシャ神殿風の休憩施設もあります。
titibumuseP_parutenon07
900×602pixels

内部にはベンチや自販機などがあります。
titibumuseP_parutenon_p1
1070×600pixels

建物後ろからは…駐車場が見えます。
titibumuseP_parutenon_p2
1070×600pixels


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

秩父ミューズパーク こもれび広場展望台★★★〜回転羽根の音が耳障りだった〜

titibumuseP_komorebi03
1305×600pixels

写真:こもれび広場展望台
場所:埼玉県秩父市
訪問日:2012年01月09日
最寄IC:関越自動車道 花園IC
最寄道の駅:道の駅「ちちぶ」

秩父市街地から西、荒川の更に西の小山に秩父ミューズパークと言う広域公園があります。

広い公園の為、展望所などのオススメスポットは離れて点在している為、数回に分けてご紹介します。

今回はこもれび広場展望台です。

秩父市中央部(国道299号と国道140号の交差点)から国道299号を東へ北へ進むと県道208号(秩父停車場秩父公園線)を西へ進みます。

荒川を渡って県道72号(秩父荒川線)との交差点を直進すると秩父ミューズパークへ道は登って行きます。

松風山音楽堂を過ぎて、次に旅立ちの丘展望台があります。
更に道を西へ1km程進んだ先にP10駐車場があります。
titibumuseP_tabidatinooka01
900×602pixels

このP10駐車場が旅立ちの丘展望台への遊歩道入り口になります。
駐車場から見える遊歩道入り口。
titibumuseP_komorebi08
900×602pixels

遊歩道は石畳のみちです。
殆ど人影はありませんでした。
titibumuseP_komorebi01
900×602pixels

林の中を4分ほど歩いていると木々の先に展望台が見えてきます。

やがて階段で尾根上に登ると、シンボル出る回転羽根が正面に見えてきます。
(冒頭写真)

羽根のある門を潜ると視界が広がります。
この羽根は風によって回転します。
ただ、老朽化しているのか、きぃきぃと耳障りな音を出します。
titibumuseP_komorebi06
900×602pixels

展望台からの眺望は秩父の町並みを見下ろし、その先に武甲山を眺望します。
titibumuseP_komorebi_p1
2655×600pixels

武甲山は逆光ぎみながら堂々とした姿。
titibumuseP_komorebi04
900×602pixels

眼下には秩父ハープ橋が荒川に架かっている。
titibumuseP_komorebi05
900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

秩父ミューズパーク 旅立ちの丘展望台★★★〜崖にせり出した展望台が旅立ちの丘展望台〜

titibumuseP_tabidatinooka_p1
1305×600pixels

写真:右側が旅立ちの丘展望台
場所:埼玉県秩父市
訪問日:2012年01月09日
最寄IC:関越自動車道 花園IC
最寄道の駅:道の駅「ちちぶ」

秩父市街地から西、荒川の更に西の小山に秩父ミューズパークと言う広域公園があります。

広い公園の為、展望所などのオススメスポットは離れて点在している為、数回に分けてご紹介します。

今回は旅立ちの丘展望台です。

秩父市中央部(国道299号と国道140号の交差点)から国道299号を東へ北へ進むと県道208号(秩父停車場秩父公園線)を西へ進みます。

荒川を渡って県道72号(秩父荒川線)との交差点を直進すると秩父ミューズパークへ道は登って行きます。

松風山音楽堂を過ぎて、P12の駐車場が尾根部にあります。
titibumusePmap
1137×600pixels

駐車場の直ぐ近く旅立ちの丘展望台があります。
titibumuseP_tabidatinooka01
900×602pixels

旅立ちの丘広場には他にも展望滑り台もあります。
展望滑り台は子供に人気ですが、流石に私は登りませんでした。

旅立ちの丘展望台。
写真に見える階段は出口です。
丘上まで登って上の橋を渡ります。
titibumuseP_tabidatinooka03
900×602pixels

橋を渡ると音楽が流れていたような気がする。
titibumuseP_tabidatinooka05
900×602pixels

展望だからは秩父市街地を眼下に奥武蔵の山々や武甲山を眺望します。
titibumuseP_tabidatinooka_p3
2475×600pixels

武甲山。 特に冬は逆光ぎみになってしまう。
titibumuseP_tabidatinooka08
900×602pixels


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

安比奈親水公園★★★〜入間川に近づけば富士山が見えてくる〜

asahinasinsuikouen04
900×602pixels

写真:安比奈親水公園から富士山
場所:埼玉県川越市
訪問日:2012年01月09日
最寄IC:関越自動車道 川越IC

川越市街地から南西方向、入間川の北岸に安比奈親水公園があります。
安比奈親水公園は富士見百景に選定されており、近くを通りかかったので立寄ってみました。

川越ICからは国道16号を南西方面へ2km程進み、県道114号(川越越生線)を北へ進み入間川を渡り、県道260号(鯨井狭山線)を1km程南へ進むと、安比奈公園入り口交差点があります。
(案内も有り)

交差点から南東方面へ曲がって道なりに進むと安比奈公園に入ります。
(入り口はゲートで狭められており幅2.6m以下は進入出来ないようでした。

ゲートを越えると園内には数箇所の駐車場があります。
asahinasinsuikouen_map
1365×600pixels

訪ねた時は朝日がまぶしかった。
asahinasinsuikouen01
900×602pixels

安比奈親水公園に辿り着いたのは朝7時過ぎだったので人は少なかった。
asahinasinnsuikouen_p4
3932×600pixels

入り口近くでは富士山は見えませんが、川辺近くまで進むと西方向に富士山が見えてきました。(冒頭写真)


google mapで場所確認
posted by T-chan at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

ひさつき氷柱★★★〜尾ノ内氷柱人気に隠れた穴場氷柱〜

hisatukiturara_p7
2729×600pixels

写真:ひさつき氷柱。
場所:埼玉県秩父郡小鹿野町久月
訪問日:2012年01月09日
最寄IC:関越自動車道 花園IC
最寄道の駅:道の駅「両神温泉薬師の湯」

奥秩父の新たな氷柱スポット、「尾ノ内百景色氷柱」を目指して国道299号を北西へ進んでいると小鹿野市街地から約6km程度の距離の久月地区にて小さく「ひさつき氷柱」の案内や看板が出てきます。

左手の赤平川を見ると崖に見事な氷柱が見えました。
川側に分岐があり、直ぐ近くに未舗装の駐車場があります。
hisatukiturara09
900×602pixels

駐車場の脇道を降た先がひさつき氷柱のある川辺です。
hisatukiturara01
900×602pixels

あまり知られていない為か、観光客は少なく私以外に3名程度でした。
川下側は水が散布されているので人工的な氷柱のようです。
hisatukiturara03
900×602pixels

凍った木の枝。
hisatukiturara04
900×602pixels

洞窟の鍾乳石を思わせる氷柱。
hisatukiturara05
900×602pixels

上流側には小ぶりですが自然に出来たと思われる氷柱があります。
hisatukiturara06
900×602pixels

更に上流には氷に覆われた一枚岩があった。
hisatukiturara10
900×602pixels


場所確認と気象確認
posted by T-chan at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷、氷柱、氷瀑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

尾ノ内百景(冷っけぇ〜)氷柱★★★★〜渓谷が白い氷柱で覆われる〜



動画:尾ノ内の氷柱。
場所:埼玉県秩父郡小鹿野町尾ノ内
訪問日:2012年01月09日
最寄IC:関越自動車道 花園IC
最寄道の駅:道の駅「両神温泉薬師の湯」

奥秩父の氷柱と言えば、三十槌の氷柱ですが、両神山の東にある小鹿野町に新たな氷柱スポットが誕生していました。

尾ノ内百景氷柱と言い、一部人工的ながら巨大であり吊橋から見ることができます。

小鹿野町や西秩父商工会のホームページにて尾ノ内百景氷柱の状況が記録されており既にかなりの規模で氷柱が出来上がっていることを知り今回訪ねてみました。

花園ICからは国道140号(秩父街道)を西へ皆野まで進み(皆野寄居バイパスもオススメ)、県道43号(皆野荒川線)にて国道299号まで南西に進むと秩父市街地の混雑を回避できます。

その後は国道299号を15km程度西へ進む。
小鹿野町中心部辺りから尾ノ内氷柱の案内が見られるようになりますので迷うことはないと思います。

河原沢の竜頭神社にて案内のある分岐を南西へ曲がると駐車場があります。
但しこの駐車場から氷柱までは1.2kmあります。

更に奥にも駐車場があるので、直進します。
(但し、時期や時間によっては駐車渋滞が発生することもあるようです)

氷柱より200m手前の駐車場を利用しました。

駐車場からは西に両神山、北に二子山と思われる岩峰が見えました。
onoutinoturara22

onoutinoturara20
夫々900×602pixels

尾ノ内渓谷への入り口。
協力費の投入箱が置いてあった。
特に入場料は設定されていないようです。
onoutinoturara02
900×602pixels

杉林の中を進むと奥に白いものが見えてきます。
onoutinoturara03
900×602pixels

其れはまさしく氷柱郡の塊でした。
onoutinoturara06
900×602pixels

揺れる吊橋からみる氷の渓谷は恐怖感も加わりより寒く感じます。
onoutinoturara_p3
1735×600pixels

氷と氷柱の間を沢が流れている。
onoutinoturara_p4
800×1107pixels

到着時間が9時過ぎだったので、観光客も少なく、思う存分撮影できました。
onoutinoturara_p8
1070×600pixels

霧状に放水して作り上げた氷柱は氷の芸術です。
onoutinoturara08

onoutinoturara09

onoutinoturara13

onoutinoturara14
夫々900×602


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷、氷柱、氷瀑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



ブログパーツ