2011年12月31日

荷坂峠 マンボウの丘★★★〜マンボウのモニュメントのある展望駐車場〜

manbonooka03
902×600pixels

写真:マンボウのモニュメント。
場所:三重県北牟婁郡紀北町
訪問日:2011年11月04日
最寄IC:紀勢自動車道 紀勢大内山IC
最寄道の駅:道の駅「紀伊長島マンボウ」

国道42号(熊野街道)で松坂から尾鷲方面へ進むと荷坂峠近くまで海は見えてきません。

荷坂峠のトンネルから西に進んだ所、南側に「荷坂峠 マンボウの丘」の標識が立っています。

駐車場の先にマンボウのモニュメントが立っています。
manbonooka01
902×600pixels

駐車場からの眺望。
manbonooka_p1
2422×600pixels

遠いですが海まで遠望できます。
manbonooka_p2
3184×600pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

江ノ浦橋★★★★〜船が来ると昇降する可動橋〜



動画:江ノ浦橋。
場所:三重県北牟婁郡紀北町
訪問日:2011年11月04日
最寄IC:紀勢自動車道 紀勢大内山IC
最寄道の駅:道の駅「紀伊長島マンボウ」

紀伊半島東部の紀北町の江ノ浦には面白い橋が二つかかっています。
一つは江ノ浦大橋と言う片側ループ橋。

そして今回は紹介する江ノ浦橋は昇降式可動橋です。
enourahasi02
900×602pixels

紀勢大内山ICからは国道42号(熊野街道)にて紀伊長島に入り中心部を過ぎて、江ノ浦の北側で海沿いの道を東へ進む。

猟師町の中を進む途中に江ノ浦橋があります。(歩行者と二輪車のみ通行が可能)

駐車場はないですが、周辺の路肩が広いので、空きを見つけて駐車しました。

橋の周囲は漁師町で、大漁旗がはためいていました。
漁師町らしい景色です。
enourahasi_p3
3090×600pixels

橋の周囲の海辺は殆ど堤防で囲まれていて江ノ浦橋の姿を見ることが出来ませんが、船着場への入り口から外へ出ると江ノ浦湾を見渡せます。
(左に江ノ浦大橋、右に江ノ浦橋)
enourahasi_p6
2729×600pixels

さて、橋を渡ってみようとすると、手前の遮断機が降りて、メロディーと共に橋の中央部が持ち上がっていきました。
enourahasi04
900×602pixels

その後、漁船が橋のしたを潜り冒頭の動画のようにメロディと共に橋が降りてきました。
その後遮断機は上がり人や自転車、バイク等が通行できるようになりました。
enourahasi06
900×602pixels

私も橋の中央まで歩き周囲を撮影。
西側は熊野灘の外海の前に江ノ浦大橋が見えます。
enourahasi_p1
1560×600pixels

東側は江ノ浦の奥部で長閑な景色が印象的。
enourahasi_p2
1637×600pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

江ノ浦大橋★★★〜α橋とも呼ばれるループ橋〜

enouraoohasi_p3
1070×600pixels

写真:マンボウのモニュメント。
場所:三重県北牟婁郡紀北町
訪問日:2011年11月04日
最寄IC:紀勢自動車道 紀勢大内山IC
最寄道の駅:道の駅「紀伊長島マンボウ」

紀伊半島東部の紀北町の江ノ浦の外海への入り口部に赤い大きな橋が架かっています。
enouraoohasi03
900×602pixels

この橋が江ノ浦大橋で、北側(長島区側)にループになっています。

紀勢大内山ICからは国道42号(熊野街道)にて荷坂峠を越えて紀伊長島に入り中心部を過ぎて、江ノ浦の北側で海沿いの道を東へ進む。
猟師町の中を進み、江ノ浦大橋の真下を通り過ぎるとループの内側に入ります。

ループ内の底にある駐車スペースで冒頭写真を撮影しました。

ループ内の道をそのまま北へ進むとループ入り口の交差点があり、江ノ浦大橋を渡ることが出来ます。


google mapで場所確認
posted by T-chan at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

高塚台公園★★★★〜熊野灘と紀伊長島の島々を眺望〜

takatukadaikouen_kiinagasima_p4
2403×600pixels

写真:高塚台公園からの景色。
場所:三重県北牟婁郡紀北町
訪問日:2011年11月04日
最寄IC:紀勢自動車道 紀勢大内山IC
最寄道の駅:道の駅「紀伊長島マンボウ」

紀伊半島東部の紀北町の南端近くの半島に高塚台公園があります。

紀勢大内山ICから尾鷲方面に国道42号を南西へ進み紀伊長島町に入る。

紀伊長島の市街地から更に6〜7km、紀勢本線の三野瀬を過ぎた先の三浦交差点で南にへの分岐に高塚台公園への案内が有ります。

分岐から1km程度進むとカーブの外側に駐車場と公園への登り道入り口があります。
takatukadaikouen_kiinagasima01
900×602pixels

広いアスファルトの道を登っていく。
takatukadaikouen_kiinagasima03
900×602pixels

途中にはあずまやのある眺望ポイントもあります。
takatukadaikouen_kiinagasima_p7
2301×600pixels

丘上に登ると広場の中に円柱型の展望台があります。
takatukadaikouen_kiinagasima05
900×602pixels

展望台からの景色は絶景です。
冒頭写真の海方面だけでなく陸側の眺望出来ます。
takatukadaikouen_kiinagasima_p5
2865×600pixels

特に東側の小さな無数の島々は松島や英慮湾を思い出します。
takatukadaikouen_kiinagasima_p3
2419×600pixels

更に海方向先端にもあずまやがありますが、あまり眺望は良く無かったです。
takatukadaikouen_kiinagasima03
900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

大曽根公園★★★〜尾鷲市街地から尾鷲湾まで眺望する展望台〜

oosonekouen_miyama_p3
2729×600pixels

写真:大曽根公園から尾鷲湾や尾鷲の町を眺望。
場所:三重県尾鷲市
訪問日:2011年11月04日
最寄IC:紀勢自動車道 紀勢大内山IC
最寄道の駅:道の駅「海山」

紀伊半島東側、熊野市の北隣にある尾鷲市の市街地から東に尾鷲湾を眺望できる大曽根公園があります。

尾鷲市街地から県道778号(中井浦九鬼線)にて尾鷲湾沿いを東へ進む。
紀勢本線の大曽根浦駅から更に1km程度東へ県道を進むと大曽根公園があります。

陸橋を潜った後に、陸側の小さな分岐に大曽根公園への道標がありますが、其処には入らずその先の分岐を海側へ降りると駐車場があります。
oosonekouen_miyama_map
900×602pixels

大曽根公園の海側、陸橋を渡った先に展望台があります。
oosonekouen_miyama01
900×602pixels

橋を渡って高台へ登っていくと展望台のあずまやが見えてきます。
oosonekouen_miyama02
900×602pixels

あずまやからは、西に尾鷲の町並み、正面から東に尾鷲湾を望みます。
oosonekouen_miyama_p2
2831×600pixels

尾鷲湾には養殖イカダが見られ、風光明媚でした。
oosonekouen_miyama04
900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

阿田和PA★★★〜七里御浜を見渡す海沿い駐車場〜

atawaPA02
900×602pixels

写真:阿田和PA端の椰子の木と朝日。
場所:三重県南牟婁郡御浜町
訪問日:2011年11月04日
最寄IC:紀勢自動車道 紀勢大内山IC
最寄道の駅:道の駅「パーク七里御浜」

三重県南部、熊野市の南にある御浜町。
海沿いの国道42号(熊野街道)を進んでいると、道の駅「パーク七里御浜」よりさらに500m程南に阿田和PAがあります。
atawaPA01
900×602pixels

海に面している為、七里御浜と熊野灘を広く見渡せます。
atawaPA_p
3260×600pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

引作の大楠★★★〜立派な枝のクスの巨木〜

hikudukurino_ookusu01
900×602pixels

写真:引作の大楠。
場所:三重県南牟婁郡御浜町
訪問日:2011年11月04日
最寄IC:紀勢自動車道 紀勢大内山IC
最寄道の駅:道の駅「パーク七里御浜」

三重県南部、熊野市の南にある御浜町の内陸部に紀伊半島随一のクスの巨木があります。

熊野市街地から県道141号(オレンジロード/鵜殿熊野線)を南西へ進む。
県道62号(御浜紀和線)との交差点から更に3km程進み、大里トンネル手前500m程のところに引作の大楠への道標のある分岐があります。

分岐から先は殆ど1〜1.5車線の狭い道で田んぼ沿いに進みます。
hikudukurino_ookusu_p3
3441×600pixels

集落の奥に引作神社があり、その前に駐車スペースがあります。
訪ねた時は一部土砂崩れの傷跡が残っていましたが道だけは復旧していました。

引作の大楠は鳥居のとなりに存在します。
hikudukurino_ookusu_p4
800×1427pixels

引作の大楠は、幹周り15.7m、樹高31.4m、樹齢1500年の巨木で特に野太い枝の太さが際立っています。

傍らには台風被害で倒れた主枝の一部が残されており、その大きさだけでも巨木の幹の太さに見えます。
hikudukurino_ookusu04
900×602pixels

また、神社の境内から麓を見ると遠く熊野灘の海も見えます。
hikudukurino_ookusu10
900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

松本峠★★★★〜熊野古道の石畳峠で近くの展望台から七里御浜を眺望〜

matumototouge_p3
1605×600pixels

写真:松本峠近くの展望台からの風景。
場所:三重県熊野市
訪問日:2011年11月04日
最寄IC:紀勢自動車道 紀勢大内山IC
最寄道の駅:道の駅「パーク七里御浜」

熊野市市街地と大泊の間、鬼ヶ城の裏山に松本峠があります。
松本峠へのルートは三つ、「くまのパーキング」近くからの登り口、熊野市街地がわの木本登り口、鬼ヶ城からのルートがあります。
matumototouge09
900×602pixels

一番歩きが少ないルートは西の木本登り口から進む方法です。
国道311号の鬼ヶ場トンネルから西の信号のある交差点で市街地に入り国道より一つ北側のトンネルへの道を西へ進みます。

トンネル手前に登り道の分岐があり、分岐を登っていくと駐車スペースがあります。
(但し道はとても狭く急勾配)
matumototouge01
900×602pixels

其処から先は峠まで苔むした石畳の道を登っていきます。
matumototouge05
900×602pixels

峠には説明板とお地蔵様があります。
matumototouge08
900×602pixels

ここから南東方向へ散策路を進むと眺望のよい展望台が有ります。
matumototouge12
900×602pixels

あずまやからは七里御浜から熊野市街地まで眺望します。
matumototouge_p2
1542×600pixels

獅子岩や花の窟など名所が一望出来ます。
matumototouge16
900×602pixels

一方、反対方向(大泊方面)も少し眺望できます。
matumototouge14
900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

白雲洞★★★〜上帝釈峡の水の浸食で出来た鍾乳洞〜

hakuunndou20
800×1200pixels

写真:月のウサギ岩。
場所:広島県庄原市
訪問日:2009年08月14日
最寄IC:中国自動車道 東城IC
最寄道の駅:道の駅「遊YOUさろん東城」

広島県東部、東城ICの西に帝釈峡があります。
東城の市街地からは県道23号(庄原東城線)の西へ進むと帝釈峡駐車場に辿り着きます。

駐車場で帝釈峡保全協力費として400円必要です。

駐車場から雄橋までの遊歩道途中に白雲洞があります。
taisyakukyou_obasi_map2
850×400pixels

洞窟に入るには更に250円支払います。

入り口はとても狭いですが、中に入る広い場所もあります。
しかし、観光客の数が多いので、ゆっくり鍾乳石を撮影するのは難しい。
hakuunndou12
800×1200pixels

石灰岩が水の浸食によって出来た洞窟で、鍾乳石以外にも水食跡が見られます。
hakuunndou3
900×600pixels

見学距離は200m短いですが、道中には鍾乳石以外にも水食、風化奇岩など見所が多いです。

風食によって出来た蘇鉄岩。
hakuunndou15
800×1200pixels

鍾乳石「瑞穂の滝」
hakuunndou5
900×600pixels

鍾乳石「おじぎ岩」
hakuunndou6
900×600pixels

鍾乳石「福俵岩」
hakuunndou9
900×600pixels

鍾乳石「白雲天と不動尊」
hakuunndou11
800×1200pixels

満月石
hakuunndou17
900×600pixels

帝釈峡のメインは雄橋ですが、白雲洞も立寄ることオススメします。


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 洞窟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

広島城★★★〜別名「鯉城」とも呼ばれる天守閣は今は博物館になっている〜

hirosimajou06
900×602pixels

写真:広島城。
場所:広島県広島市中区
訪問日:2011年08月16日
最寄IC:山陽自動車道 広島IC
広島高速2号線 府中出入り口等

広島市街地の原爆ドームから北に500m程度のところにあります。

広島ICからは国道54号を南へ進むとJRを線路を越えて県道84号(東海田広島線)との交差点を直進すると左手側(西側)に広島城とお堀が見えていきます。

駐車場は城の南堀沿いの中央駐車場が一番便利のようです。(有料)

広島城は平地に立てられているため、堀で囲われている。
hirosimajou_p1
1724×600pixels

場内にもお堀があります。
辺には被爆樹木 ユーカリの木が立っています。
hirosimajou04
900×602pixels

天守閣(冒頭写真)は資料館として再現されました。(有料)
各階に土産屋や広島の暮らしの資料、武具の展示など色々見学できます。

最上階は展望室になっています。
広島城天守閣からの眺望
hirosimajou_p2
2991×600pixels

特に南側には原爆ドームも見えています。
hirosimajou09
900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

平和記念公園★★★〜広島平和記念資料館が一番の見所〜

heiwakouen_hirosima_p2
2298×600pixels

写真:広島平和記念資料館。
場所:広島県広島市中区
訪問日:2011年08月16日
最寄IC:山陽自動車道 広島IC
広島高速2号線 府中出入り口等

広島の平和記念公園はかつて史上初めて投下された原子爆弾の爆心地近くである中心部近くの中洲に作られました。

人類の平和を願い訴える目的と過去の過ちを繰り返さないために建設された為、敷地内には原爆の資料館や平和を願う記念碑などがあります。
aioihashi_irosima_map
800×760pixels

駐車場は平和記念公園周囲の駐車場や紙屋町シャレオの駐車場などが近い。

平和公園北部の相生橋から公園に入りました。
川沿いに進むと対岸に原爆ドームが見えます。
heiwakouen_hirosima_p1
3295×600pixels

公園の中ほどには原爆の子の像。
heiwakouen_hirosima04
800×1195pixels

さらに南へ進むと平和の灯火の先に原爆死没者慰霊碑があります。
慰霊碑の先には原爆ドームがみえる。
heiwakouen_hirosima05
900×602pixels

南端にある広島平和記念資料館は原爆や広島の復興の歴史など数多くの資料を見学できます。
資料館だけで2〜3時間は費やしてしまいました。


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

相生橋★★★〜原爆投下のターゲットとなったT型橋〜

aioihashi_irosima_p
2483×600pixels

写真:相生橋からの景色。
場所:広島県広島市中区
訪問日:2011年08月16日
最寄IC:山陽自動車道 広島IC
広島高速2号線 府中出入り口等

広島の原爆爆心地から北、原爆ドームの近くにある国道183号、261号の橋が相生橋です。

旧太田川と元安川の分岐点に架かる橋で、東西に渡る国道と路面電車の通る本橋に、平和公園のある中州から連絡橋が本端の中央部に架かっている。
aioihashi_irosima01
900×602pixels

広島ICからは国道54号を広島市街地中心部まで進み、紙屋町交差点を西へ進むと相生橋があります。

駐車場は平和記念公園周囲の駐車場や紙屋町シャレオの駐車場などが近い。

川の上をT型に架かる橋は上空からは良く目立ち、原爆投下のターゲットにされました。
グーグルマップの衛星写真で見ると、川と橋の色で空からも良くわかり、十字でないT字の為、方角も認識し易い。
aioihashi_irosima_map
800×760pixels

相生橋は戦前から広島のシンボル的な橋でしたが、今は、歴史的、軍事的に変貴重な橋といえるでしょう。

平和公園の北側の川辺からの写真。
左端に相生橋、正面に原爆ドーム。
heiwakouen_hirosima_p1
3295×600pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

原爆ドーム★★★★〜世界遺産となった被爆建造物〜

genbkudome03
900×602pixels

写真:原爆ドーム。
場所:広島県広島市中区
訪問日:2011年08月16日
最寄IC:山陽自動車道 広島IC
広島高速2号線 府中出入り口等

広島で世界的に有名な建物の一つである原爆ドームは平和記念公園の北、元安川の対岸にあります。

広島ICからは国道54号を広島市街地中心部まで進み、紙屋町交差点を西へ進むと相生橋手前にあります。

駐車場は平和記念公園周囲の駐車場や紙屋町シャレオの駐車場などが近い。

原爆ドームは元々は広島県立物産館として建築されたそうです。
独特のデザインは建築家のヤン・レツル氏がデザインしたそうです。
genbkudome_p4
1302×600pixels

世界遺産の建物ということもあり、日本人、外国人と数多くの観光客で賑わっていました。
敷地内には進入不可ですが、一羽の鷺が棲んでいるようです。
genbkudome07
900×602pixels

相生橋を渡って対岸の平和記念公園の川岸から撮影。
原爆投下時も青空だったそうです。
heiwakouen_hirosima_p1
3295×600pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

宮島の大しゃもじ★★〜世界一の大杓子が繁華街に飾られている〜

miyajimanooosyamoji01
900×602pixels

写真:宮島の大しゃもじ。
場所:広島県廿日市市宮島
訪問日:2011年08月16日
最寄IC:広島岩国道路 廿日市IC

広島の西側の瀬戸内海には世界遺産の島、厳島(宮島)のメインの観光スポットは厳島神社です。

その厳島神社への参道ルートの一つ、宮島表参道商店街の一角に宮島の大しゃもじが飾られています。
itukusimajinjaMAP
1025×600pixels

大しゃもじの展示されている周囲は最も賑わっており観光客が混雑しています。

大きさは長さ7.7m、幅最大2.7mもあり世界一の大きさだそうです。

しゃもじ発祥の地として世界遺産登録を記念して製作されたようです。

あまりに巨大すぎて使われることはないだろう。


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

豊国神社★★★〜五重塔の隣にある千畳閣とよばれる広大な経堂〜

hukokujinja_itukusima01
900×602pixels

写真:豊国神社。
場所:広島県廿日市市宮島
訪問日:2011年08月16日
最寄IC:広島岩国道路 廿日市IC

広島の西側の瀬戸内海には世界遺産の島、厳島(宮島)には、厳島神社以外にも、幾つかの寺院、仏閣があります。

麓からみて五重塔が目立ちますが、その隣に豊国神社があります。(冒頭写真)

五重塔を目指して岡上へ上ると豊国神社にたどり着くと思います。
幾つかのルートはありますが、お勧めは塔の岡ルートです。
itukusimajinjaMAP
1025×600pixels

ランドマークとなる五重塔。
hukokujinja_itukusima04
800×1195pixels

神社の屋内は広大で窓などなく風通し良く涼しい。
休憩するひとが多かった。
hukokujinja_itukusima_p2
1700×600pixels

屋内には巨大なしゃもじが奉納されている。
hukokujinja_itukusima02
900×602pixels

御神座にて参拝。
hukokujinja_itukusima03
900×602pixels

外には厳島神社が眼下に見えます。
hukokujinja_itukusima05
800×737pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

龍髭の松★★★〜細長く延びた枝の様が竜の髯にみえる松〜

ryuuzenomatu_p3
2729×600pixels

写真:龍髭の松を撮影。
場所:広島県廿日市市宮島
訪問日:2011年08月16日
最寄IC:広島岩国道路 廿日市IC

広島の西側の瀬戸内海には世界遺産の島、厳島(宮島)で見つけた、見事な枝の松を紹介します。

厳島神社から北の丘上に立つ五重塔への上り道の一つ「塔の丘」に龍髭の松があります。
マップでは厳島神社から左側に五重塔が見えます。
itukusimajinjaMAP
1025×600pixels

中央に龍髭の松。右側に塔の岡茶屋。
ryuuzenomatu05
900×602pixels

龍髭の松は主幹から枝が長く伸びるよう手入れされており、樹齢210年の時を経て竜の髯のように立派になりました。
ryuuzenomatu06
800×1195pixels

また、この茶屋付近からの眺めもなかなか良い。
ryuuzenomatu_p1
2035×600pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

弥山 獅子岩展望台★★★★〜ロープウェイ駅近くにある岩上の展望所〜

misenn_sisiiwatenboudai_p8
1601×600pixels

写真:弥山 獅子岩展望台。
場所:広島県廿日市市宮島
訪問日:2011年08月16日
最寄IC:広島岩国道路 廿日市IC

広島の西側の瀬戸内海には世界遺産の島、厳島(宮島)があります。

宮島の厳島神社から紅葉谷川沿いに散策路を登っていくと弥山ロープウェイの紅葉谷駅にたどり着きます。

距離は結構ありますので夏は汗かくかもしれません。
シャトルバスもあるようです。
itukusimajinjaMAP
1025×600pixels

獅子岩駅まではロープウェイを2回乗ります。
かや谷駅で乗り換え。
misen_sisiiwatennboudai10
900×602pixels

ロープウェイからの景色は瀬戸内海を見下ろす絶景です。
misenn_sisiiwatenboudai_p1
1944×600pixels

ロープウェイ獅子岩駅からは弥山方向と獅子岩方向に分岐します。
ここから弥山山頂までは約30分時間があれば登ってみるのも良いでしょう。
misen_sisiiwatennboudai11
781×600pixels

獅子岩展望台へはチョッと登ると直ぐにたどり着きます。
misenn_sisiiwatenboudai_p2misenn_sisiiwatenboudai_p5
6106×600pixels

海が見えないのはここより高い弥山方向だけです。
頂上の展望台が見えます。
misen_sisiiwatennboudai06
900×602pixels

麓では既にロープウェイ待ちの行列が長くなっていたので、長居はできないと判断し獅子岩展望台のみの散策としました。


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

平松展望台(平松茶屋)★★★★〜厳島神社と大鳥居を見下ろす絶景〜

hiramatutyaya_itukusima05
900×602pixels

写真:平松展望台から厳島神社と大鳥居。
場所:広島県廿日市市宮島
訪問日:2011年08月16日
最寄IC:広島岩国道路 廿日市IC

広島の西側の瀬戸内海には世界遺産の島、厳島(宮島)があります。

宮島の厳島神社から弥山ロープウェイへの散策路途中、紅葉谷の鶴の舞公園から西へ上っていくと平松展望台があります。
マップで厳島神社の上、鶴の舞公園の右にある高台が平松展望台です。
itukusimajinjaMAP
1025×600pixels

展望台は平松茶屋の敷地内になります。
分岐で坂を上ると茶屋があります。
hiramatutyaya_itukusima01
900×602pixels

抹茶セットを頂き一服して景色を撮影。
眼下に厳島神社と大鳥居を見下ろす景色は絶景です。
天皇陛下が御展望したこともあるようです。
hiramatutyaya_itukusima_p1
2418×600pixels

このアングルの大鳥居はこの場所からでないとお目にかかれないでしょう。
hiramatutyaya_itukusima06
900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

厳島神社★★★★〜朱塗りの海上社殿と大鳥居が見所〜

itukusimajinja02
900×602pixels

写真:厳島神社と大鳥居。
場所:広島県廿日市市宮島
訪問日:2011年08月16日
最寄IC:広島岩国道路 廿日市IC

広島の西側の瀬戸内海には世界遺産の島、厳島(宮島)があります。

宮島北部に厳島神社があります。

車では、山陽自動車道 廿日市JCTにて広島岩国道路から廿日市ICに降ります。

その後は国道2号(山陽道)を宮島口まで進む。
すると、宮島へのフェリー乗り場があり、駐車場もあります。

車で宮島にわたることも出来ます。
(私は徒歩で宮島を散策しました)

JR西日本 宮島フェリーでは大鳥居の近くを航行するのでお勧めます。
itukusimajinja03
900×602pixels

宮島のマップ。
itukusimajinjaMAP
1025×600pixels

宮島浅橋から南西へ海岸沿い、又は参道を進みます。

途中、大鳥居を潜る船乗り場があります。
時間に余裕あれば乗ってみても良いかもしれません。
itukusimajinja_p1
3044×600pixels

さらに進むと、大鳥居に一番近い御笠浜です。
干潮時には大鳥居まで歩いて渡れるそうです。
itukusimajinja07
900×602pixels

その先が厳島神社です。(参拝費必要)

厳島神社の社殿は海上に建立されており独特の風景となっています。
近年は異常潮位などで浸水することも多いようです。
itukusimajinja_p5
2729×600pixels

厳島神社の平舞台は本殿の正面に庭として作られたようです。
itukusimajinja_p2
4836×600pixels

ここからも大鳥居が見えます
itukusimajinja18
900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

掛川城★★★〜日本初の木造復元された天守閣〜

kakegawajou11
900×602pixels

写真:掛川城を撮影。
場所:静岡県掛川市
訪問日:2011年02月26日
最寄IC:東名高速道路 掛川IC

掛川市中心部、掛川駅の北に掛川城があります。

掛川ICから県道38号(掛川大東線)を北へ進む。
JRを越えた先からは、掛川城の駐車場への案内が充実しています。

城型の立体駐車場(有料)は城から少し離れています。
kakegawajou_map2
900×602pixels

ただ、逆川沿いに歩いていると掛川城が見えてきます。
(冒頭写真)

天守閣は木造復元されて今は有料で内部に入ることが出来ます。
kakegawajou14
900×602pixels

畳の敷かれた和風な内装は、当時の雰囲気を忠実に再現している。
kakegawajou_p5
1070×600pixels

最上階からは掛川の町を眼下に見下ろせます。
kakegawajou_p2

kakegawajou_p3
夫々1070×600pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



ブログパーツ