2011年09月30日

福島町青函トンネル記念館★★★〜トンネル形状の資料館内部ではシアターも上映される〜

seikantonnelkinenkan_p
1070×600pixels

写真:福島町青函トンネル記念館。
場所:北海道松前郡福島町
訪問日:2011年05月04日
最寄IC:函館江差自動車道 北斗富川IC
最寄道の駅:道の駅「横綱の里ふくしま」

松前半島の南西側にある福島町からJR津軽海峡線は青函トンネルで本州へ渡ります。

そんな町なので街中に青函トンネル記念館があります。

私が辿り着いたのは開館時間9時よりも大分前の7時頃でしたので内部を見学できませんでした。

内部には青函トンネルの完成までの経歴をシアターで放映したり、土木技術などを展示してたりしています。(入館料は大人)

施設外には青函トンネルの海底探索に使用した潜水艇、福島大学のくろしおU号が展示されています。
seikantonnelkinenkan1
900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

重内神社パノラマ展望台★★★★〜重内平野とその先に津軽海峡を眺望〜

sigeutijinja_p2
2483×600pixels

写真:重内神社パノラマ展望台からの風景。
場所:北海道上磯郡知内町
訪問日:2011年05月04日
最寄IC:函館江差自動車道 北斗富川IC
最寄道の駅:道の駅「しりうち」

知内市街地から北西に、国道228号(福山国道)から道道698号(湯の里渡島知内停車場線)を真っ直ぐ進んだ先にある重内神社の後ろの山には素晴らしい展望台があります。

函館方面から国道228号で知内町に入り、中心部に向かっていると「パノラマ展望台」と書かれた大きな看板が見えます。

看板に従い道道698号を曲がり、真っ直ぐ進む、突き当たりのカーブに重内神社があります。
神社の鳥居前に広い駐車場が有ります。
sigeutijinja_p6
2207×600pixels

因みに上の写真の真中にある道で展望台近くまで車で登る事が出来るようです。
但し、道狭く、登った先の駐車スペースは狭いので注意が必要。

重内神社。
sigeutijinja9
900×602pixels

神社の裏手に奥社や展望台への登り階段があります。
sigeutijinja11
900×602pixels

重内神社の奥社
sigeutijinja3
900×602pixels

奥社近くの鳥居からは道道が海まで真っ直ぐ伸びているように見える。
sigeutijinja_p1
800×1732pixels

重内神社パノラマ展望台は奥社の左側にあった。
sigeutijinja5
900×602pixels

展望台からは重内平野とその先に津軽海峡が見えました。
sigeutijinja_p5
1772×600pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

木古内の坊★★★〜マッチ(付け木)売りの巨男の物語〜

kikonainobou1
900×602pixels

写真:木古内の坊像。
場所:北海道上磯郡木古内町
訪問日:2011年05月04日
最寄IC:函館江差自動車道 北斗富川IC
最寄道の駅:道の駅「しりうち」

函館から松前を目指して国道228号(福山国道)を南西へ進む途中、木古内町にて像のある小さな駐車場公園を見つけました。

木古内駅から北東方面、国道228号と道道5号(江差木古内線)との交差点近くの海側にあります。
kikoutinobou_p1
2430×600pixels

ここにある像は「木古内の坊」と言う盲目ながら親孝行のために付け木と言う和製マッチを売り歩いていた男がいたそうです。

その献身的な生き様が語り継がれて、物語となったようです。

ここからは津軽海峡が広がり、東にはサラキ岬の後ろに函館山が見えました。
kikoutinobou_p2
1352×600pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

サラキ岬★★★〜軍艦「咸臨丸」が眠る〜

sarakimisaki_p3
1173×600pixels

写真:サラキ岬。
場所:北海道上磯郡木古内町
訪問日:2011年05月04日
最寄IC:函館江差自動車道 北斗富川IC
最寄道の駅:道の駅「しりうち」

函館から西、津軽海峡の海沿いにサラキ岬があります。

北斗富川ICから国道228号(福山国道)を南西方向(松前方向)へ10km以上進む。

木古内町に入り3km程度と場所にサラキ岬があります。

船のモニュメントがあるので目立っています。
sarakimisaki1
900×602pixels

船の名は「咸臨丸」で幕末動乱期に活躍した軍艦だそうです。
戊辰戦争後にこの地で座礁し破線沈没してしまったそうです。
sarakimisaki2
900×602pixels

訪ねた時は津軽海峡は穏やかでした。
sarakimisaki_p5
3121×600pixels

広場の先端からは津軽海峡の向こうに津軽半島の竜飛岬が望めます。
sarakimisaki_p6
2545×600pixels

東には函館山が望めます。
sarakimisaki_p7
1940×600pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

当別トラピスト修道院★★★〜ポプラと杉の真っ直ぐな並木道が観光スポットになっている〜

trasupitosyuudouin15
800×1195pixels

写真:当別トラピスト修道院と並木道。
場所:北海道北斗市
訪問日:2011年05月04日
最寄IC:函館江差自動車道 北斗富川IC

北斗市南部の当別に当別トラピスト修道院があります。
修道院の前にはポプラと杉の真っ直ぐな並木道があり、その風景が観光スポットになっています。
torasupito_syuudouin_p1
4100×600pixels

当別の観光案内図
trasupitosyuudouin_map
900×602pixels

北斗富川ICからは国道228号(福山国道)を南西へ進む。
渡島当別駅を過ぎて4〜500m先にトラピスト修道院への案内のある交差点が有ります。

分岐に入ると勾配のある真っ直ぐな並木道(町道トラピスト通線)を進みます。


並木道から山側をみると、並木道の先にレンガ作りの西洋風建物が見えます。
trasupitosyuudouin14
900×602pixels

並木道の周囲は牧草が広がります。
torasupito_syuudouin_p3
2948×600pixels

道の先には駐車場があります。
trasupitosyuudouin11
900×602pixels

駐車場から階段を登ると門が有ります。
この門の先は男性のみ予約制で施設内に入れるそうです。
trasupitosyuudouin6
900×602pixels

正門にはイエスキリスト像が。
trasupitosyuudouin7
900×602pixels

私は予約していないので、格子に間から修道院を撮影しました。
trasupitosyuudouin10
900×602pixels

修道院には、祈り、労働、読書の生活を続けている修道士達がいるそうです。


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

上磯駐車場★★★〜函館山へ向かっている桟橋が印象的〜

kamiisoPA_p2
5251×600pixels

写真:上磯駐車場から函館山と太平洋セメントの海上桟橋。
場所:北海道北斗市
訪問日:2011年05月04日
最寄IC:函館江差自動車道 北斗中央IC
最寄駅:市電 五稜郭公園前駅

函館湾の西寄りに陸から函館山に向かって真っ直ぐ伸びる桟橋があります。
これは太平洋セメント社のセメント桟橋です。

北斗中央ICを下りて道道96号(上磯峠下線)を国道228号(福山国道)まで進み、国道を500m程西へ進む。

丁度上磯駅から国道への道(道道530<上磯停車場線>)との交差点部の海側に未舗装の駐車場があります。

駐車場の先には砂浜が広がり、その先には長い桟橋が伸びています。
kamiisoPA_p1
2665×600pixels

此処から見る函館山は海に浮かぶ島のように見えます。
kamiisoPA1
900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | SA、PA、道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

石崎駐車場★★★〜函館山がとても大きく感じる〜

isizakiPPA2
900×602pixels

写真:石崎駐車場。
場所:北海道函館市
訪問日:2011年05月02日
最寄IC:函館新道 函館IC
最寄道の駅:道の駅「なとわ・えさん」

函館市街地から始まり亀田半島の海岸線を回る国道278号(恵山国道)の道路沿い、石崎地区の海岸沿いにとるぱ駐車場があります。

函館中心部から国道278号を11km東へ進み、道道879号(米原古川線)との交差点から更に500m程で石崎駐車場に辿り着きます。

この駐車場からは津軽海峡越しに下北半島を眺望します。
isizakiPPA_p3
2729×600pixels

東には釜谷富士のコンモリした山がみえる。
isizakiPPA3
900×602pixels

一番目立つのは函館山。
夕暮れ時は綺麗なシルエットになるでしょう。
isizakiPPA_p1
4915×600pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

道の駅「なとわ・えさん」★★★〜施設の屋上に展望台がある〜

mitinoeki_natowaesan1
900×602pixels

写真:道の駅「なとわ・えさん」。
場所:北海道函館市
訪問日:2011年05月02日
最寄IC:函館新道 函館IC

函館から東、亀田半島の先端付近に道の駅「なとわ・えさん」があります。

函館市街地からは国道278号(恵山国道)で海岸沿いを東に進む。

恵山地区手前、国道沿いに道の駅があります。

施設の屋上のベランダが展望台になっています。
訪ねた時は鯉のぼりが泳いでいた。
mitinoeki_natowaesan4
900×602pixels

展望台からは東に恵山が見えます。
mitinoeki_natowaesan_p1
2375×600pixels

眼前には海水浴場が広がる。
mitinoeki_natowaesan_p4
2729×600pixels

津軽海峡の向こうには下北半島が見えました。
mitinoeki_natowaesan_p2
2855×600pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | SA、PA、道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

恵山大観音★★★〜巨大な黄金の観音様はバブル時代の名残〜

esandaikannon5
800×1195pixels

写真:恵山黄金大観音。
場所:北海道函館市
訪問日:2011年05月02日
最寄IC:函館新道 函館IC
最寄道の駅:道の駅「なとわ・えさん」

亀田半島の先端にある恵山の南麓に黄金巨大観音様があります。

恵山公園から麓に降りる途中に発見し立寄りました。

函館市街地からは国道278号(恵山国道)で海岸沿いを東に進む。

恵山地区まで国道を進み、その先は道道635号(元村恵山線)を4km程度東へ進むと、恵山への案内のある分岐があります。

分岐を曲がって1km程登ったところで三叉の分かれ道と砂利道の交差点が有ります。
砂利道の先に大観音が見える。

そこで砂利道を少し進むと大観音の周囲まで進めます。
esandaikannon6
800×1195pixels

黄金で巨大な観音様ですが、案内などはありませんでした。
敷地も荒れていてチョッと不気味です。

恵山モンテローザと言うリゾートがバブル時代にこの地にあり、その時この黄金大観音を建造したようです。

その後不景気になりモンテローザは閉鎖となり、一部の仏像などが残されているようです。

10年以上の月日がたった今でも眩い黄金観音様はバブル当時の隆盛を物語っているのかもしれません。
esandaikannon4

esandaikannon8

esandaikannon1
夫々900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

恵山道立自然公園★★★★〜火口原周囲は賽の河原と呼ばれる荒涼とした景色〜

esankouen_p8
800×1195pixels

写真:恵山道立自然公園 火口原。
場所:北海道函館市
訪問日:2011年05月02日
最寄IC:函館新道 函館IC
最寄道の駅:道の駅「なとわ・えさん」

函館から東、亀田半島の先端に恵山があります。

函館市街地からは国道278号(恵山国道)で海岸沿いを東に進むのがオススメのドラオブルートですが、道道41号(函館恵山線)で山中を進むルートもあります。

恵山地区まで国道を進み、その先は道道635号(元村恵山線)を4km程度東へ進むと、恵山への案内のある分岐があります。

それから先は山道を登ると恵山公園まで進むことが出来ます。

途中に分岐があり、其処を曲がると恵山展望台があります。
esankouen01
900×602pixels

ここからは恵山山頂部と津軽海峡を眺望します。
esankouen_p3
2257×600pixels

薄っすらと下北半島も見えました。
esankouen03
900×602pixels

自動車道の最深部駐車場。
esankouen14
900×602pixels

ここから少し歩くと恵山火口原に辿り着きます。
風景が一気に荒涼とします。
esankouen_p5
1644×600pixels

彼方此方から水蒸気等が噴出し出している。
esankouen09
900×602pixels

草木も生えぬ賽の河原といわれる景色。
esankouen_p9
1521×600pixels

遠くの峰上にあずまやが見えましたが、時間も押しており諦めました。
esankouen12
900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

三味線滝★★★〜岩を流れ落ちる音が三味線の音色に聞こえることがある〜

syamisentaki_h3
800×1195pixels

写真:黒鷲岬展望台。
場所:北海道茅部郡鹿部町
訪問日:2011年05月02日
最寄IC:函館新道 七飯藤城IC
最寄道の駅:道の駅「つどーるプラザさわら」

函館から北東方面、亀田半島の北側の国道沿いに三味線滝と言う滝が有ります。

七飯藤城ICからは小沼南で道道338号(大沼公園線)、道道43号(大沼公園鹿部線)と東へ進みます。

その後は、国道278号(恵山国道)を南東へ6km程走ると国道沿いに三味線滝の標識と駐車場があります。

説明板には岩を流れ落ちる音が三味線の音色に聞こえることから三味線滝と名づけられたようです。
実際には普通の滝の音でしたが。

ここからは、遠く羊蹄山や有珠山等もみえることもあるそうです。
訪ねた時は残念ながら見えませんでした。
syamisentaki_h1
2729×600pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

黒鷲岬展望台★★★〜高台展望台から太平洋や内浦湾を眺望する〜

kurowasimisaki5
900×602pixels

写真:黒鷲岬展望台。
場所:北海道函館市
訪問日:2011年05月02日
最寄IC:函館新道 函館IC
最寄道の駅:道の駅「なとわ・えさん」

函館から東、亀田半島の北側にある黒鷲岬には展望台があります。

函館市街地からは道道83号(函館南茅部線)を北東へ川汲まで進む。

その後は国道278号(恵山国道)を東へ6km程度、八木川を渡った先に黒鷲岬への分岐があります。

分岐を曲がって直ぐに駐車場と登り口があります。
kurowasimisaki1
900×602pixels

崖に沿ってスロープを登る。
kurowasimisaki2
900×602pixels

登り道から港を見下ろす。
kurowasimisaki_p6
1070×600pixels

黒鷲岬展望台。
kurowasimisaki3
900×602pixels

展望台からは太平洋や内浦湾を眺望する。
kurowasimisaki_p5
1070×600pixels

北には駒ケ岳が少しだけ見えました。
kurowasimisaki7
900×602pixels

因みに駐車場から更に先へ進むと大謀網漁発祥の地碑の広場があります。
kurowasimisaki8
900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

しかべ間歇泉公園★★★〜10分の間隔で温泉が吹き上がる〜



動画:間歇泉。
場所:北海道茅部郡鹿部町
訪問日:2011年05月04日
最寄IC:函館新道 七飯藤城IC
最寄道の駅:道の駅「つどーるプラザさわら」

函館から北、大沼から西の鹿部町には間歇泉のある温泉があります。

七飯藤城ICからは小沼南で道道338号(大沼公園線)、道道43号(大沼公園鹿部線)と東へ進みます。

その後は、海岸沿いの国道278号(恵山国道)を南東へ2km程走ると国道沿いにしかべ間歇泉公園があります。
sikabekanketusen8
900×602pixels

海側に駐車場があります。
sikabekanketusen_p1
1070×600pixels

入場料は大人300円、中に入ると間歇泉と足湯があります。
sikabekanketusen_p2
1070×600pixels

間歇泉は約10分の間隔で吹き上がるそうで、吹き上がったら1分程度で収まりました。
sikabekanketusen4

sikabekanketusen5
夫々900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 湖、池、泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

砂崎灯台★★★〜砂浜にある灯台で駒ケ岳を望む〜

sunasakitoudai4
900×602pixels

写真:砂崎灯台と駒ケ岳。
場所:北海道茅部郡森町
訪問日:2011年05月02日
最寄IC:道央自動車道 落部IC、森IC(仮:建設中)
最寄道の駅:道の駅「つどーるプラザさわら」

駒ケ岳の北にある砂崎に立つ灯台は砂地の中に立っています。

落部ICからは国道5号を森町まで進み、国道278号(恵山国道)を東へ進む。
と道の駅に辿り着きます。

砂崎の南で道道1028号(森砂原線)を西へ少し進むと砂崎への案内のある交差点があります。
その先は一部ダートで、砂浜を走ることも有ります。
sunasakitoudai1
800×600pixels

灯台周囲は完全に砂で進みすぎるとスタックしてしまうこともありますので注意しましょう。
sunasakitoudai_p2
1970×600pixels

灯台前の砂丘に登れば太平洋と内浦湾を眺望出来ます。
sunasakitoudai_p3
2729×600pixels

人が訪ねることが少ないのか、砂浜には綺麗な風紋が出来ていました。
sunasakitoudai5
800×600pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

道の駅「つどーるプラザさわら」★★★〜室蘭の白鳥大橋まで見える展望台がある〜

mitinoeki_tu-rudopurazasawara2
900×602pixels

写真:道の駅「つどーるプラザさわら」。
場所:北海道茅部郡森町
訪問日:2011年05月02日
最寄IC:道央自動車道 落部IC、森IC(仮:建設中)

駒ケ岳の北麓、砂原に道の駅「つどーるプラザさわら」があります。

落部ICからは国道5号を森町まで進み、国道278号(恵山国道)を7km程東へ進むと道の駅に辿り着きます。

道の駅から正面に駒ケ岳が見えます。
mitinoeki_tu-rudopurazasawara1
900×602pixels

この道の駅の施設には3階に展望台があります。
mitinoeki_tu-rudopurazasawara3
900×602pixels

この展望台からは砂原の町並みの先に内浦湾が見えます。
mitinoeki_tudorupulazasawara_p2
1799×600pixels

天候よければ対岸、室蘭の白鳥大橋まで見えるそうです。
mitinoeki_tudorupulazasawara_p1
1202×600pixels

展望台からも駒ケ岳を窓越しに望むことも出来ます。。
mitinoeki_tu-rudopurazasawara6
900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | SA、PA、道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

大沼白鳥駐車公園★★★〜大沼と小沼のつながり部近くに駐車場がある〜

oonumahakutyou_p
1026×600pixels

写真:大沼を撮影(県道沿い)。
場所:北海道亀田郡七飯町
訪問日:2011年05月02日
最寄IC:函館新道 七飯藤城IC

函館から北、駒ケ岳の南麓に大沼があります。

七飯藤城ICからは国道5号小沼まで進み、道道338号(大沼公園線)、道道43号(大沼公園鹿部線)と北へ進む。

大沼と小沼の境部に架かる月見橋を渡った所で道道43号を西へ曲がると踏み切りの先に大沼白鳥駐車公園があります。

駐車場から道道を渡ると小沼が見えてきます。
左に見える月見橋の向こうは大沼になります。
oonumak_hakutyouPA_p3
1070×600pixels

踏み切り渡って月見橋に立つと大沼と小沼の両方を眺望出来ます。
oonumahakutyouPA_p2
3141×600pixels

大沼方面を撮影。
橋の下を観光ボートが潜っていきました。
この付近は近くの発電所の影響で冬でも凍結しない為、渡り鳥の休憩地になっているそうです。
oonumak_hakutyouPA_p4
2729×600pixels

訪ねた時は可憐なツツジの花が咲いていました。
oonumak_hakutyouPA9
900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 湖、池、泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

城岱牧場★★★〜大野平野や函館を眺望〜

sirotaibokujou_p2
1904×600pixels

写真:城岱牧場からの風景。
場所:北海道亀田郡七飯町
訪問日:2011年05月02日
最寄IC:函館新道 七飯本町IC

函館から北、大沼の南東の丘上に城岱牧場があります。

七飯本町IC下りて東へ進むと直ぐに丘上へ登りはじめます。
(城岱スカイライン)

幾つかのカーブを超えて丘上に辿り着くと牧草大地になり見晴らしがよくなります。

カーブの外側に未舗装の駐車場があります。
sirotaibokujou_p1
2795×600pixels

駐車場の先は大野平野を見下ろすことが出来ます。
sirotaibokujou_p3
3433×600pixels

生憎の曇り空でしたが遠く函館市街地の先には函館山も見えました。
sirotaibokujou3
900×602pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

五稜郭★★★〜星形の五角形状土塁で奉行所を防御した〜

goryoukaku10
900×602pixels

写真:五稜郭説明板。
場所:北海道函館市
訪問日:2011年05月04日
最寄IC:函館新道 函館IC
最寄駅:市電 五稜郭公園前駅

函館中心部から北東方面に3km程に五稜郭公園があります。

ゴールデンウィークに道南ドライブしていた時、地元のニュースで五稜郭の桜が見頃との情報を得たので訪ねてみました。

最初は車で訪問しようと思いましたが、桜渋滞は酷かった。
直ぐに諦め、函館駅近くのホテルから市電を利用しました。

五稜郭公園前駅にて降りて、道道571号(五稜郭公園線)を北へ600m程度歩くと五稜郭タワーと五稜郭公園入り口です。

この付近は凄く賑わっていて、函館駅前よりも栄えています。

五稜郭タワーはエレベーター待ちで長蛇の列が出来ていたので諦めました。
goryoukaku_p10
800×1483pixels

五稜郭とは土塁の形が星形の五角形状になっています。
地上からは分かり難いですが、五稜郭タワーからはその地形が良く判るのかもしれません。

五稜郭への入り口近くから堀と土塁を撮影。
goryoukaku_p2
2837×600pixels

土塁の中に入ると中央部には箱館奉行所があります。
奉行所内部の見学は有料です。
靴を脱が無ければならないが、畳とフスマと木の廊下と和風の施設の中、奉行所の役割など色々勉強になります。
goryoukaku15
goryoukaku15 posted by (C)t-chan
900×602pixels


土塁の周囲の桜は満開の一歩手前で十分見頃でした。
goryoukaku06

goryoukaku03

goryoukaku02
夫々900×602pixels

土塁の上に登っていろんな所で撮影しました。
goryoukaku_p12
2729×600pixels

goryoukaku_p13
2729×600pixels

goryoukaku_p5
3806×600pixels

goryoukaku_p8
2085×600pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

立待岬★★★〜函館山の裏にある隠れ眺望スポット〜

tatematimisaki07
900×602pixels

写真:立待岬。
場所:北海道函館市
訪問日:2011年05月02日
最寄IC:函館新道 函館IC

函館のシンボルの一つ函館山。
その南東に立待岬と言う眺望スポットがあります。

函館中心部を国道279号を南西に進み、十字街交差点にて道道675号(立待岬函館停車場線)を南東へ進みます。

その後は市電と共に住吉町まで進み、その頃には交差点毎に立待岬への案内があるので、案内に従い海沿いを進みます。

途中から一方通行の狭路となります。
途中に石川啄木一族の墓がありますが、通行の邪魔になるので、立待岬まで進んだ方が良いでしょう。
tatematimisaki02
900×602pixels

立待岬駐車場。
中々広いが夕暮れ時は満車近くなるようです。
tatematimisaki09
900×602pixels

駐車場からは浜の向こうに函館の町並みが見えます。
tatematimisaki_p1
2505×600pixels

白い建物は五稜郭タワー。
tatematimisaki10
900×602pixels

駐車場の南側にはチョッとした遊歩道が続きます。
tatematimisaki_p8
2729×600pixels

青い海を見下ろす展望所。
tatematimisaki08
900×602pixels

津軽海峡の向こうには下北半島。
天気はあまり良くないですが、建物まで見えました。
tatematimisaki_p9
2729×600pixels

南西には松前半島も見える。
tatematimisaki_p4
2932×600pixels

此処から山頂まで続く遊歩道もあります。
因みに帰りは、登ってきた道は一方通行なので注意が必要です。
tatematimisaki_map
730×600pixels


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

函館山★★★★〜100万ドルの夜景〜

hakodateyama_p6
1904×600pixels

写真:100万ドルの夜景。
場所:北海道函館市
訪問日:2011年05月02日
最寄IC:函館新道 函館IC
最寄駅:市電(路面電車) 十字街電停

今年は北海道へは青森から函館へフェリーで渡りました。
今まで未踏の道南(渡島半島)をドライブしました。

一日目は函館に宿泊。
函館市街地から南にある函館山から夜景を見ることにしました。

函館ICからは国道5号を南へ函館駅から先は国道279号さらに南へ、その先は案内に従い進めばロープウェイ山麓駅に辿り着きます。

ロープウェイ駅周囲には駐車場がありますが、夕刻頃には満車になり易いようです。

私は函館駅近くのホテルから訪ねました。
市電では十字街電停が最寄の停車駅になります。

函館駅からは山頂までバスが直通しているので、其方を利用しても良いでしょう。

訪ねた時は生憎の曇り空で、山では雪も降るような寒い日でしたが、観光客は多かったです。

夕刻前でも夜景待ちする人も多く、私も待ってみました。

夕刻時は町の明りも疎らでしたが暗くなると、ヒカリの数の多くなり最後には冒頭写真のように素晴らしい夜景となりました。
冒頭写真の頃には展望台は大勢の観光客で賑わっていました。

hakodateyama_p2
1955×600pixels

hakodateyama_p4
2241×600pixels

hakodateyama_p1
1819×600pixels

函館山の夜景は学生の頃、修学旅行で見たこと有りますが、あの時と変わらぬ素晴らしい景色でした。

因みに函館山山頂までは車道があり車で登ることが出来ます。
ただ、夜間は規制されています。


google mapで場所確認
posted by T-chan at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



ブログパーツ