2005年10月31日

八望台★★★〜二つの爆裂火口湖を含む360°パノラマ展望台〜

hatiboudai_p3.jpg
6398×600pixels(702kB)

写真:八望台にある展望台最高階よりパノラマ撮影
場所:秋田県男鹿市
最寄IC:秋田自動車道 昭和男鹿半島IC
訪問日:2005年04月18日

火口に水が溜まり火口湖となった一ノ目潟、二ノ目潟の間を通る県道121号線(入道崎八望台北浦線)を暫く進み、登り道を登りきれば、展望開けた大駐車場にたどり着きます。

但し、ゴールデンウィーク前の平日という事もあり、観光客も殆どいない閑散と雰囲気でした。

それでも、木製の展望台に登り周囲を見渡すと、二つの火口湖と戸賀湾、日本海、入道崎から能代海岸、男鹿三山や、更に白神山地まで展望できる360°パノラマスポットとなっております。

特にコバルトブルーの二ノ目潟と戸賀湾の景色が素晴らしかったです。
hatiboudai
800×600pixels(101kB)


google mapで場所確認
posted by T-chan at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

富士見峠PA★★★〜峠への南アルプス公園線からみる井川湖は絶景〜

hujimitouge_minamialpskouensen_p
1537×600pixels(266kB)

写真:県道60(南アルプス公園線)より眼下の井川湖を撮影
場所:静岡県静岡市
最寄IC:新東名高速道路 島田金谷IC、新東名静岡SAスマートIC
訪問日:2003年11月22日

大井川沿いに畑薙湖までドライブした帰り道として、井川ダムから山岳道路となる県道8号(南アルプス公園線)を進みました。

始めは井川ダム東岸を駆け登ります。
所々に待避所があるので、そこに車を停めて、井川湖の撮りました。
hujimitouge_minamialpskouensen1
800×600pixels(115kB)

ただ、交通量は多めですので、長居はしないで、先に進みます。
hujimitouge_minamialpskouensen2
800×600pixels(125kB)

頂き付近に到着すると、出店の並ぶ富士見峠PAに到着します。
駐車場からは余り展望は優れませんでした。
(特に、富士山が見えなかったのは残念)
hujimitouge_minamialpskouensen3
800×600pixels(128kB)

この後は、笹張峠手前から分岐する県道189(三ツ峰落合線)を進みましたが、途中景色が開け、南アルプス南端ならではの奥深い山岳風景を見ることが出来ました。
mitumineotiaisen_p
1941×600pixels(217kB)


google mapで場所確認
posted by T-chan at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

由比PA★★★★〜駿河湾越しの富士山が綺麗〜

yuipA_p
1840×600pixels(127kB)

写真:由比PA下り線より駿河湾越しの富士山
場所:静岡県庵原郡由比町
最寄IC:東名高速道路 清水IC
訪問日:2003年11月22日、2004年11月06日

東名高速道路で最も景色の良いポイントとも言える由比PAは、ドライブで東名高速を走る際には、よく休憩に停まります。

なんと言ってもその景色の素晴らしさは、言葉で説明するよりも、冒頭の写真を見ていただければよく分かるかと思います。

青く波立つ駿河湾の向こう側に悠然と聳え立つ白い富士山。
yuiPA3
800×600pixels(61kB)

何とも日本を象徴するような景色です。

また、早朝に由比PAを訪れると、綺麗な朝日を観る事ができます。
駿河湾に映し出される、長い朝焼けは眠いのを我慢して早朝走って来た疲れを癒してくれます。
yuiPA2
800×1067pixels(158kB)

もっとも、由比PAは駐車スペース少なく、自動販売機とトイレしかないので不便です。
(本線とも近いので、騒音も大きい)


google mapで場所確認
posted by T-chan at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | SA、PA、道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

海ほたるPA@東京湾アクアライン★★★〜東京湾の景色を堪能しよう〜

akualine2
800×600pixels(107kB)

写真:海ほたるPA展望所よりアクアラインを撮影
場所:東京湾 (川崎市と千葉県袖ヶ浦市、木更津市を繋ぐ)
最寄IC:首都高速湾岸線 川崎浮島Jct
東京湾アクアライン連絡道路 木更津金田IC
訪問日:2002年10月12日

東京都に住む私は、千葉県内房をドライブする場合は、次の二つのルートがあります。

@首都高湾岸線→東関東自動車道→京葉道路→立山自動車道。
A川崎大師 殿町ICより東京湾アクアライン→立山自動車道。

時間をとるならAを選択することになり、アクアラインを利用することにしました。
(天気が良く、好展望も期待していましたが)

¥3,000もの大金を使うことになるので、少しでも元手を取るべく、海ほたるPAに寄ることにしました。

ところが、空いているアクアラインからはとても想像できないくらい駐車待ちの長い列が出来ていました。

約30分ほど待ち、何とか駐車すると、最上階を目指し、エスカレータを登っていきます。
(以前社内旅行で来た事あるので、売店には寄りません)

最上階のビュースポットから見える景色は、水平線が走る広い東京湾。
水色の空と、更に濃い青色の海原(航行する船も多い)、水平線上に見える東京、千葉、神奈川の文明都市。

akualine1
800×600pixels(65kB)

akualine3
800×600pixels(63kB)

akualine4
800×600pixels(80kB)

これらの風景を観る為だけでも¥3,000払っても良いなと思ってしまいます。

2009年8月よりETC社会実験割引にて普通車800円へ引き下げられている。
海ほたるで引き返し(Uターン)可能で、その場合は料金は半額となる。

google mapで場所確認
posted by T-chan at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | SA、PA、道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

奥武蔵グリーンライン★★★★〜関八州展望台は関東平野の展望最高〜

kannhassyuu_p
1808×600pixels(192kB)

写真:関八州展望台より関東平野を撮影
場所:埼玉県飯能市
最寄IC:圏央道 狭山日高IC、関越自動車道 鶴ヶ島IC
訪問日:2005年05月21日
最寄道の駅:道の駅「果樹公園あしがくぼ」

広大な関東平野を見渡せるポイント探していた私は、埼玉県の秩父の山並みの中の平野に一番近い山塊の尾根筋に走る一本の道を発見しました。

その道は「奥武蔵グリーンライン」と呼ばれ、南から顔振峠、傘杉峠、飯森峠、狩場坂峠、大野峠を繋ぐスカイラインのような林道でした。

西武秩父線と共に高麗川沿いを登る国道299を進むと顔振峠への分岐(県道61)が現れますので、案内に従い進みます。

直ぐに1〜1.5車線の山岳道路になります。
標高を上げ、頂きに到達すると顔振峠に到着します。

@顔振峠
名前の由来は、
 昔、義経弁慶王従が余りにも展望の素晴らしいさに顔を振り眺めたことから この名がついたといわれています。
kaoburitouge2
800×600pixels(221kB)

その自慢の展望ですが、峠の茶屋に占有されているようでベストな景色は見ることが出来ませんでした。
それでも、近辺から見える奥武蔵の山々は一見の勝ちあります。
kaoburitouge1
800×600pixels(88kB)

顔振峠からが奥武蔵グリーンラインとなります。
交通量は意外と多く、ツーリングしているバイクや、家族連れもマイカーで走っていました。
(とは言っても、国道に比べると断然少ない)

前を走るライダーが、腰を起こし立ち乗り状態で景色を見ながら走っている姿が印象的でした。

次に辿り付くのが傘杉峠。
此方は景色の見えるポイントは全て飲食店や土産屋、茶屋が抑えているのでスルーしました。

A次のビューポイント「関八州展望台」が最大の目当てでしたので、其方へ急ぎました。

関八州展望台近くには駐車場は無いので、林道の少し広がった部分で車を出来る限り端に寄せ駐車しました。

展望台へはグリーンラインからチョッと登ります。
登るということは、展望良くなる可能性高くなると考えられので、頑張って登ります。

上り坂の途中には、赤い花のトンネルを潜ることもあります。
kannhassyuu2
800×1067pixels(426kB)

やがて山頂に着くと、意外と大勢観光客やハイカーが居て賑やかです。
展望は流石に良い。

多少ガスっているのが残念ですが、確かに関東平野が見渡せます。
kannhassyuu_p2.jpg
2948×600pixels(237kB)

関東平野だけでなく、奥武蔵、奥秩父の山々が木々の間から展望できます。
kannhassyuu3
800×600pixels(139kB)

kannhassyuu6
800×600pixels(127kB)

但し、中には草木が手入れされてないため、展望が遮られるポイントもありました。
kannhassyuu5
800×600pixels(197kB)

展望の他にも、高山不動尊が祀られております。
kannhassyuu4
800×600pixels(187kB)

林道への帰り道も、綺麗な赤い花道(ツツジ)を通ることになります。
kannhassyuu7
800×600pixels(

B武蔵グリーンラインのドライブは狩場坂峠までとし、それから先は麓へ降りることにしました。
karibaszakatouge1
800×600pixels(128kB)

この狩場坂峠も中々の絶景でした。
karibazakatouge_p.jpg


google mapで場所確認
posted by T-chan at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

菅沼合掌集落★★★★〜少年旅行村へのトンネルにビデオルームがある〜

suganumagassyou_p6.jpg
5097×600pixels(657kB)

写真:集落中心部より撮影
場所:富山県南砺市
最寄IC:東海北陸自動車道 五箇山IC
訪問日:2005年09月17日
最寄道の駅:道の駅「上平」

富山県のもう一つの世界文化遺産である菅沼合掌集落は国道156(白川街道)を走っていると大きなバス停の直ぐ近くに入り口がありますので、問題なく見つけることが出来ます。

集落自体は小規模ではありますが、隣接している少年旅行村・合掌の里へ足を運ぶと、相当歩くことになります。
suganumagassyou_map
800×600pixels(125kB)

駐車場からの集落の景色。
集落の先は森であり大自然と隣り合わせであることが良くわかる。
suganumagassyou_p2.jpg
5439×600pixels(852kB)

この貨車は火災時に使用したのだろうか?
suganumagassyou2
800×600pixels(148kB)

正三角形の茅葺き屋根は合掌造りの典型的な形です。
suganumagassyou12
800×600pixels(89kB)

集落の真ん中には豊かに実り穂を垂れた稲の畑がある。
suganumagassyou_p5.jpg
4344×600pixels(606kB)

一旦村を離れ庄川に架かる菅沼橋に行ってみる。
庄川はユッタリ流れ深いエメラルドグリーンの川面が綺麗だ。
suganumagassyou_p3.jpg
2785×600pixels(379kB)

上流側には遠くに東海北陸自動車道の橋が見える
suganumagassyou_p4.jpg
2188×600pixels(256kB)

川の水面を覗き込むと、秋模様の空が映っていました。
suganumagassyou5
800×600pixels(62kB)


集落から菅沼橋への道の途中から少年旅行村へのトンネルが繋がっている。
トンネル内はとても静かで、足音が不気味に響きます。
suganumagassyou7
800×600pixels(59kB)

トンネル内には珍しく、ビデオルームが有り、無料で合掌集落の説明ビデオを観る事ができる。
(但し、私が訪ねたとき誰もいないのでとても不気味でした)
suganumagassyou8
800×600pixels(38kB)

少年旅行村側の出口付近に、ロープに吊らされた籠が置かれており、ロープは庄川の向こう岸まで繋がっています。
suganumagassyou11
800×600pixels(230kB)

昔は庄川をこの籠で往来していたようで「五箇山の籠渡し」と言われていたのです。
suganumagassyou9
800×600pixels(145kB)


google mapで場所確認
posted by T-chan at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

相倉合掌集落★★★★〜厳冬対策の合掌造り集落は世界文化遺産〜 

aikuragassyou_p21.jpg
3165×600pixels(526kB)

写真:集落内メイン通りにて撮影
場所:富山県南砺市
最寄IC:東海北陸自動車道 五箇山IC
 (北陸自動車道 砺波ICから国道156<飛騨合掌ライン>をドライブするのも良い)
訪問日:2005年09月17日
最寄道の駅:道の駅「上平」

五箇山合掌造り集落の一つ相倉合掌集落は、白川郷の合掌集落と同じく世界文化遺産に登録されています。

富山県を観光するなら日本の原風景である合掌集落には行ってみたいと思っていました。

東海北陸自動車道が走る今では五箇山ICから直ぐにアクセスできますが、飛騨合掌ラインをドライブしつつ訪れました。

相倉合掌集落へは、平村役所の交差点で国道304に進むと集落へ続く道への案内があります。

程なくして集落内にたどり着きますが、集落内部へは車の通行禁止。
駐車場がありますので、徒歩で散策します。

広がる田んぼの周囲に正三角形の独特な屋根を持つ合掌造りの家屋が建てられています。
aikuragassyou_p1.jpg
4152×600pixels(503kB)

集落中心部から山側には、地主神社が祭られています。
鳥居の先には…
aikuragassyou3
800×600pixels(183kB)

如何にも田舎に在りそうな神社があります。
aikuragassyou4
800×600pixels(123kB)

一際目立つ3本の高い木前に建つのは道場のようだ。
aikuragassyou1
800×1067pixels(175kB)

集落内は禁煙。
やはり、茅葺屋根は火には弱いのだろうか。
aikuragassyou_p3
1237×600pixels(194kB)

その為、集落内には至る所に放水銃が備え付けられています。
aikuragassyou5
800×600pixels(136kB)

井戸は実際に生活に使われているようだ。
aikuragassyou7
800×1067pixels(311kB)

最後に、史跡指定記念碑と原始合掌造りを写真に収めました。
aikuragassyou2
800×600pixels(159kB)

集落内には複数の民宿が営まれていますので興味のある方は一泊するのもいい経験になるのかもしれません。


google mapで場所確認
posted by T-chan at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

道の駅「日和佐」★★★〜JR日和佐駅と一体になった珍しい道の駅〜

hiwasa2
800×600pixels(104kB)

写真:JR日和佐駅への横断歩道橋から撮影
場所:徳島県海部郡美波町
最寄IC:近くに高速道無し。
 あえて言うなら徳島自動車道 徳島IC
訪問日:2005年08月16日

観光地が数多く存在する日和佐町の中心地に道の駅「日和佐」があるので、拠点として利用しました。
日和佐町の観光スポットの情報は道の駅で得られます。
ebisudou_map1
1270×648pixels(241kB)

この道の駅は、JR牟岐線日和佐駅のと一体化しており、売店で切符を購入し、駅舎内に入ることも出来ます。

線路の東側へは立体横断歩道橋を使うのですが、歩道橋上でカメラを持った親子がいたので、何だろうと思ったらホームに停まる電車を取っていました。
珍しいのだろうか、私も一枚撮っておきました。
hiwasa1
800×600pixels(147kB)

歩道橋からの眺めは、中々良く、山頂に建つ日和佐城を遠望できます。
hiwasa3
800×600pixels(124kB)


google map テスト
posted by T-chan at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | SA、PA、道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

えびす洞★★★★〜巨大な海食洞。洞穴岩山頂上の展望も良好〜

ebisudou7
800×600pixels(140kB)

写真:えびす洞真正面から撮影
場所:徳島県海部郡美波町
最寄IC:近くに高速道無し。
 あえて言うなら徳島自動車道 徳島IC
訪問日:2005年08月16日
最寄道の駅:

四国の東側はリアス式特有の岬、入江が連続して続く地形となっており、入江は穏やかな景色で、岬の海岸は荒波によるダイナミックで男性的な風景となります。

えびす洞は岬にある岩山が太平洋の荒波に侵食されてポッカリ大きな穴が貫通した洞穴です。
ebisudou1
800×600pixels(192kB)

日和佐の市街地からは、県道25(日和佐小野線)を厄除橋、役所前を進み、海へ向かって進みます。
ebisudou_map1
1270×648pixels(200kB)

大浜海岸までは広い道ですが、その先は1.5車線の狭い道になります。

アップダウンとカーブの道を進むと、「えびす洞」と記された看板があり、車1,2台が停められる程度の広場があります。

余りにも寂しい入り口になので、期待はしてませんでしたが、以外に広く岩壁の荒々しい地形に延びる探勝路が冒険心を煽ります。
ebisudou5
800×1067pixels(241kB)

波際まで降りると、直ぐにえびす洞の前に着きます。
ebisudou6
800×600pixels(174kB)

えびす洞は32m×31mと大きく、間近なため、カメラのファインダーに収まりきれません。
ebisudou_p2
800×1658pixels(353kB)

周囲の景色も素晴らしい。
ebisudou_p3.jpg
4613×600pixels(793kB)

但し、此処で帰るのは少々もったいないです。
先に続く探勝路を進むのをお勧めします。

階段を登るのは骨を折りますが、高い視点からの景色は一際綺麗です。
ebisudou3
800×600pixels(138kB)

登り階段の先には恵比寿洞神社が祭られている。
ebisudou2
800×600pixels(214kB)

崖を降りる道は迫力ある。
ebisudou4
800×600pixels(249kB)

えびす洞周囲を一周する探勝路の最頂点からは、遠くに千羽海崖も望む絶景が広がります。
ebisudou_p1.jpg
2361×600pixels(319kB)


google mapで場所確認
posted by T-chan at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

有峰湖★★★★〜薬師岳を望む美しい人造湖〜

arimineko_p3.jpg
2548×600pixels(257kB)

写真:有峰湖展望台にて撮影
場所:富山県富山市
最寄IC:北陸自動車道 立山IC
訪問日:2005年09月17日

岐阜から富山へ抜けることが出来る最も東側のルートが、有峰湖湖岸を通る有峰林道です。(有料)

立山アルペンルートを目指していた私にとって、長野からの最短ルートとなるため、訪れました。

長野の松本から国道158(野麦街道)、国道471と進み上宝村で双六川に沿って北上する道に進みます。
(有峰林道の標識有り)
高原風景の道を長々と進むと、飛越トンネルが現れます。

このトンネルを越えると富山県に入ります。

トンネルを抜けて直ぐに林道へのゲートがあり、ゲートから先が有峰林道となります。
arimineko_map
800×609pixels(68kB)

ゲートの先に駐車広場と道案内があるので車を停め、案内を観ていると先ほどの料金所のオジサンが有峰案内図のパンフレットを持ってきてくれました。

正直その親切さと持ち場を離れてしまったことにビックリしました。

きっと、まだ午前の浅い時間(9〜10時)だったので、やって来る車は少ないのだろうと思います。

ゲート近くは有峰湖までまだ遠く、標高も高いので小さく一部しか見えない。
arimineko_p1
1898×600pixels(209kB)

鉄塔が邪魔
arimineko1
800×600pixels(140kB)

やがて、下り出し、カーブの連続で森に囲まれてた道を進むことになります。

有峰湖南側を西へ進む道もカーブばかりで、木々の間に辛うじて有峰湖をみれるような景色が続き、少々じれったい。

湖西岸も直ぐ近くが湖なのに、木が邪魔をしています。

それでも、有峰ダムに近づくにしたがって、岸辺を道が走るようになり、美しい湖面を展望できるようになります。
arimineko_p2.jpg
3311×600pixels(336kB)

また、湖の向こうに一段と高い薬師岳を遠望できました。
arimineko3
800×600pixels(55kB)

有峰ダムを渡ると、T字交差点に到達し、和田川を下ると立山に進むことができますが、東側に展望台があるようなので寄ってみることにしました。

展望台からは冒頭の写真のように有峰湖全体を見渡せます。
arimineko5
800×600pixels(91kB)


google mapで場所確認
ラベル: 富山県 林道 ダム
posted by T-chan at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 湖、池、泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

南阿波サンライン★★★★〜断崖の海岸を多数ある展望所から観る〜

tibakaigai_p31
1729×600pixels(225kB)

写真:第三駐車場から撮影
場所:徳島県海部郡美波町から牟岐町まで続く
最寄IC:近くに高速道無し。
 あえて言うなら徳島自動車道 徳島IC
訪問日:2005年08月16日
最寄道の駅:道の駅「日和佐」

国道55(土佐浜街道)は日和佐町から牟岐町までは山中を走ることとなる。

それではツマラナイので海岸線を走る県道147号(南阿波サンライン)を走ることにしました。
tibakaigai_map
800×600pixels(168kB)

人家の無いリアス式海岸を通る道と言うわけで、タイトなカーブの連続で、国道を進むより3倍以上の時間を必要とするのではと思います。

道幅は常に対向二車線で走るのに苦労はしませんが、ブラインドコーナーの連続にも関わらず、スピードが出るので、怖くて停車できません。

但し、道中に複数の展望台と駐車場があるので其処に停めてゆっくり景色を眺めればよい。

第一駐車場からは、千羽海崖が一番近く、チョッとだが、観ることが出来ました。
(但し、午前中に訪れた為、逆光)
tibakaigai2
800×600pixels

中央に大島がポッカリ浮かんでいる。
右側に津島、小津島、出羽島が見える。
tibakaigai_p1
1552×600pixels(130kB)

第二駐車場はパスし第三駐車場によってみると、尾根上好展望の駐車場の周りに、椰子の木が並び、まるで南国のような雰囲気です。
tibakaigai_p2
1915×600pixels(418kB)

山が海に落ちる光景はリアス式海岸特有の景色
tibakaigai1
800×600pixels(106kB)

南阿波サンラインはその名の示すようにカラッと晴れた天気の日にドライブしたい道です。


google mapで場所確認
posted by T-chan at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

猪苗代湖東岸★★★★〜静かな猪苗代湖の水面に磐梯山が写る〜

inawasirp1o.jpg
3266×600pixels(181kB)

写真:県道9号(猪苗代湖皆実線)より撮影
場所:福島県郡山市
最寄IC:東北自動車道 須賀川IC、磐越自動車道 会津若松IC
訪問日:2005年09月11日

関東地方や東海、中部の天気がグズついていて、思いきって曇り時々晴の予報の福島県、猪苗代湖に行ってみました。

結果、殆ど雲のない、上出来の天気となりました。

国道49号(越後街道)により郡山から猪苗代町に入り、湖直前で県道9号(猪苗代湖皆実線)に左折しました。

県道9号は猪苗代湖東湖畔を通る道で交通量は少なく、民家も少なく、信号も殆ど無い為、とても静かな道です。

優しく揺らめく猪苗代湖の湖面は鏡のように対岸の景色を映し出します。

出来れば、エンジン噴かずに静かに走って欲しい道です。

郡山市に入り暫くすると県道6号は湖岸から離れ田畑の中を進むようになります。
湖岸から離れる間際に、湖側に「湖岸道路」の道標がありますので、入ると道は1.5車線と狭くはなりますが、猪苗代湖を見ながら進むことができます。

透明度の良いようだが、実は水質は良くないらしい。
inawasir1
800×600pixels(69kB)

途中、横沢浜入り口近くに駐車できそうな広場があったので車を其処に停めて、砂浜へ行ってみました。

砂浜の木陰にはキャンプしている人はいましたが、とても静かでした。
写真中央に磐梯山が見える。(但し山頂部は雲に覆われている)
inawasirp2.jpg
3023×600pixels(272kB)

磐梯山部ズーム写真
inawasir2
800×600pixels(46kB)

小川(大沢川だとおもう)の河口にかかる橋に停まるトンボが秋の始まりを教えてくれました。
inawasir3
800×600pixels(64kB)

駐車したところからは、小川に田畑に轍道という、田舎らしい風景が広がります。
inawasirp3.jpg
3473×600pixels(401kB)


google mapで場所確認
posted by T-chan at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 湖、池、泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

長浜大橋★★★〜朱色の幅狭い橋は、日本最古の開閉式の橋〜

nagahamaoohasyi.jpg
3678×600pixels(332kB)

写真:長浜大橋東側の砂利広場にて撮影(今は無い)
場所:愛媛県大洲市
最寄IC:松山自動車道 大洲IC、伊予IC
訪問日:2005年08月17日

四国西海岸を傾きつつある夕日を見ながら国道378(夕やけこやけライン)を宿泊先の松山へ向けて進むと肱川河口を立派な新長浜大橋を渡ります。

新長浜大橋は弓形に架かっているので最頂点からの伊予灘、肱川河口の景色は素晴らしいものがあります。
(但し、交通量激しい国道なので車を停めて撮影などとても出来ません)

車窓より肱川を見ると朱く特異な形の橋が見えたので地図を見ると「開閉式の橋」と書かれていました。
日本でも珍しい可動橋です。

興味を持ち、時間にも余裕があったので寄ってみようと長浜市街に入りましたが、長浜大橋への案内がなく中々たどり着けません。

一度国道へ戻り、対岸の県道43号(長浜中村線)で再挑戦してみると、突然道幅が車一台やっと通れるといった境路の下町道になりました。

直ぐに川辺に出て長浜大橋へ左折すると、長浜大橋もまた狭い。
橋内ですれ違い出来ないらしく、こちら側の車列が渡りきるまで対向車は対岸で待っていました。
nagahamaoohasyi
800×600pixels(106kB)

この長浜大橋は週に一回しか開閉しないらしく、私のいた時間には全く動きませんでした。

肱川は秋から冬の時期の早朝に海から霧が川をさかのぼる「肱川あらし」という珍しい現象がおこるとのことです。

訪ねた時は橋の東側に砂利広場があり駐車できましたが、今は堤防が整備されています。
2〜3台程駐車出来そうなスペースを利用するしかなさそうです。

山中に肱川あらし展望公園と言うものがある様ですので、秋から冬に訪れた際には「肱川あらし」を見物するのも良いかも知れません。


google mapで場所確認
posted by T-chan at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

赤穂御崎★★★〜赤穂浪士 大石内蔵介良雄之像が立つ景勝地〜

akouosaki_p.jpg
2540×600pixels(216kB)

写真:赤穂御崎公園内より撮影(展望台へは侵入禁止のようだ)
場所:兵庫県 赤穂市
最寄IC:山陽自動車道 赤穂IC
訪問日:2005年08月18日
最寄道の駅:道の駅「あいおい白龍城」

渋りがちな赤穂市街の国道250を避けて海沿いの県道32号(坂越御崎加里屋線)を通ると、御崎への案内板があり、岬先端へ向けて進むと直ぐに赤穂御崎にたどり着きます。

御崎は時間帯が悪かったのか人は殆ど見かけませんでした。
(私以外には一組の親子連れのみ)

芝生の広場に赤穂浪士の「大石内蔵介良雄之像」が立っており、隣には説明の碑が置かれています。
akouosaki1
800×1067pixels(293kB)

大石内蔵助 赤穂を出立の経緯と、亡君への忠誠心が謳われている。
akouosaki2
800×600pixels(220kB)

この公園は春は5千本もの桜がいっせいに開花するので、桜の名所でもあるようです。

また御崎周辺には、海浜公園、海水浴場、温泉施設があり、一大観光地といったところです。


google mapで場所確認
posted by T-chan at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

塔のへつり★★★★〜大川の侵食できた岩の回廊〜

tounoheturi_p2
1773×600pixels(357kB)

写真:塔のへつりへの吊橋近くから撮影
場所:福島県南会津郡下郷町
最寄IC:磐越自動車道 会津若松IC、東北自動車道 須賀川IC、白川IC
訪問日:2005年09月11日
最寄道の駅:道の駅「しもごう」

南東北一の観光地と謳っているだけあり、大川ラインに侵食、風化で出来た奇岩の景色を見ること蛾できます。
tounoheturi1
800×600pixels(149kB)

国道121号(会津西街道)より、「塔のへつり」の案内に従い進み、会津鉄道の踏み切りを渡ると直ぐに県営の駐車場があります。

駐車場から塔のへつりへは徒歩2、3分で直ぐに着きます。
搭状に連なる奇岩怪石による回廊へは、吊橋を渡って行きます。

塔のへつり近辺は大川の流れも緩やかで、川面に写る渓谷も中々のものです。
tounoheturi_p3.jpg
5180×600pixels(837kB)

百万年の年月を経て侵食された岩の回廊をの壁面には風紋のような細かい模様が刻まれ、地層も見えて歴史を感じさせます。
tounoheturi_p4.jpg
4150×600pixels(545kB)

最もエグられた回廊の内部からの外界の景色は、洞穴から出口を眺めているような感じになります。
tounoheturi_p5
1105×600pixels(169kB)

回廊先端は大川に消えますが、此処からの眺めも良い。
tounoheturi_p6.jpg
5654×600pixels(837kB)

川面に視線を降ろせば、健気に泳ぐメダカの魚影が確認できました。
tounoheturi2
800×600pixels(103kB)

また、塔のへつりの上には虚空尊像が祭られており、安産祈願の参拝も出来ます。
tounoheturi3
600×800pixels(112kB)

虚空尊像からは高い位置から大川、岩の回廊を見下ろすことが出来ました。
tounoheturi_p7
1662×600pixels(269kB)

川の水面に移る夏の雲
tounoheturi4
800×600pixels(138kB)


google map テスト
posted by T-chan at 23:22| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御坂峠★★★〜逆光ながらも光り輝く河口湖と陰富士の風景〜

mikatouge1
800×600pixels(65kB)

写真:天下茶屋前で撮影
場所:山梨県 富士河口湖町
最寄IC:中央自動車道 河口湖IC、一宮御坂IC
訪問日:2004年12月11日
最寄道の駅:道の駅「かつやま」

12月初旬のドライブでしたが冬の訪れは早いもので、興味ある峠や山越え道路は殆ど冬季閉鎖となっていました。

御坂峠も例外なく御坂町側は通行止めとなっていましたが、景色が素晴らしい河口湖町側は御坂トンネルまでは通行可能で、天下茶屋も営業していました。

国道137号(御坂みち)は河口湖湖畔から終始渋滞。

新御坂トンネル直前の旧道(県道708)に右折すると、交通量は殆どゼロになります。
(通り抜け出来ないから当然ですが)

暫く沢沿いを走り、急勾配の道を上り詰めると、御坂トンネルが見えてきて、道脇に駐車スペースと天下茶屋があります。

この時期でも、賑わっており駐車スペースはほぼ満車。

御坂トンネルにはガードマンが立っており、先には進めないようでした。

北から富士山、河口湖を見ることになるので、太陽が南側に傾くこの時期は逆光となってしまうようです。
mikatouge2
800×600pixels(59kB)


google mapで場所確認
posted by T-chan at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

鳥羽展望台@パールロード★★★★〜太平洋を見下ろす絶景〜

pearlload_p2.jpg
3170×600pixels(255kB)

写真:箱田山頂の鳥羽展望台より撮影
場所:三重県 鳥羽市
最寄IC:伊勢自動車道 伊勢西IC、伊勢IC
   伊勢二見鳥羽ライン 堅神IC
訪問日:2004年08月11日

伊勢と志摩、阿児町を結ぶパールロードはその殆どの区間が無料となり、伊雑ノ浦近くの県道16号との交差点までが無料となっている。

それから先は有料だが、阿児への最短路なのでそのまま利用しました。

話を戻して、パールロードの無料区間の前半はとても眺めが良い。
当初は頭上に暑い雲があったが、何時の間にか何処かに消え申し分ない天候となりました。
pearlload2
800×600pixels(103kB)

全長24kmの長いパールロードの中間点に休憩所として鳥羽展望台がある。

鳥羽展望台は、箱田山山頂に位置し特筆すべき素晴らしい大展望を見ることが出来ます。
pearlload_p1.jpg
2463×600pixels(277kB)

此処の展望台からは条件が整えば知多半島、渥美半島、遠くは御前崎、南アルプス、富士山まで見えるといわれていますが、天気は抜群に良いのですが、水蒸気の影響か精々渥美半島までが見えているものと思われます。(冒頭の写真)

珍しい石の本がある。
pearlload1
800×600pixels(71kB)


google mapで場所確認
ラベル: 三重県
posted by T-chan at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝熊山頂@伊勢志摩スカイライン★★★★〜伊勢湾の大展望〜

isesimaskyline_p3.jpg
2099×600pixels(145kB)

写真:朝熊山頂展望台より伊勢湾の大展望
場所:三重県伊勢市、鳥羽市 市境
最寄IC:伊勢自動車道 伊勢西IC、伊勢IC
訪問日:2004年08月11日

紀伊半島ロングドライブ初日、伊勢西ICまで東京から一気に高速道を走ってきた私にとって、伊勢志摩スカイラインの途中にある山頂駐車場はとても有り難い休憩所でした。

天気は今一でしたが、長距離走行で溜まったストレスを発散するには十分の景色が広がっています。
isesimaskyline_p1.jpg
3315×600pixels(318kB)

芝生の山頂の向こうに広がる伊勢湾の風景がとても綺麗です。
伊勢市の二見浦が見える。
isesimaskyline1
800×600pixels(83kB)

快晴で空気の状態が良いと、御前崎や富士山、南アルプスも見渡せるそうですが、流石に其処までは望めませんでした。
isesimaskyline_p2.jpg
3335×600pixels(311kB)

最近は展望足湯も建設されたようです。
私の訪ねた時に在ったら良かったのですが…。


google mapで場所確認
posted by T-chan at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

延暦寺★★★〜日本仏教の母山〜

enrekiji_p1.jpg
2137×600pixels(332kB)

写真:法華総寺院より左から東塔、阿弥陀堂、灌頂堂
場所:滋賀県大津市、京都府京都市 県境
最寄IC:名神高速道 京都東IC、大津IC、西大津バイパス 皇子IC
湖西道路 柳木雄琴IC
訪問日:2005年05月04日

1,200年前に伝教大師が開山した比叡山には世界文化遺産の延暦寺があります。
伝教大師は弘法大使と共に仏教を日本に広めた巨匠です。

その為、日本の三大霊山でもある比叡山には西塔、東塔、横川と三塔に分かれて広地域に歴史的建造物が建設されております。

三塔の中でも東塔には法華総寺院や国宝が収められている国宝殿など、見所満載で、広い駐車場に観光バスが並び、多勢の観光客、参拝者で賑わいます。
(大津市坂本からケーブルカーでアクセスも可能)

参拝路には、伝教大師及び弟子たちの史実や延暦寺の歴史などが展示され、歴史、仏教、宗教の勉強にもなる。

個人的には 伝教大使と弘法大使の交友の記録が興味深かったです。

大講堂
enrekiji1
800×600pixels(140kB)

順路の途中で琵琶湖が見えるスポットがありました。
enrekiji_p22.jpg
2580×600pixels(254kB)

延暦寺、敷地内(境内)は有料なのがチョッと残念でしたが、比叡山に登るなら寄ってみる価値あります。


google mapで場所確認
posted by T-chan at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物、遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

比叡山山頂★★★★〜山頂では琵琶湖、京都を展望できるが…〜

hieizan_p1.jpg
2436×600pixels(224kB)

写真:比叡山山頂駐車場の展望台より大津市街と琵琶湖を撮影
場所:京都府京都市、滋賀県大津市 県境
最寄IC:名神高速道 京都東IC、大津IC、西大津バイパス 皇子IC
湖西道路 柳木雄琴IC
訪問日:2005年05月04日

比叡山と言えば、京都に近い日本三大霊山(残り二つは高野山、恐山)という事で世界文化遺産の比叡山延暦寺などがあり、歴史的な土地でもあります。

片や山頂や延暦寺を繋ぐ、比叡山ドライブウェイ、奥比叡ドライブウェイは時々琵琶湖を望み、山頂では京都市街も展望できると言うことで楽しみにしていました。

ドライブウェイは、流石に世界遺産もある観光地と言うこともあり観光バスも通り、交通量も多い。

何とか山頂駐車場に着くと、殆ど満車状態。
駐車場からの琵琶湖側の展望は素晴らしく良い。
(ただ、湿気が多かったのが残念です)
hieizan_santyou1
800×600pixels(70kB)

ただ、駐車場よりももっと展望よさそうな場所はあるのですが、「ガーデンミュージアム比叡」と呼ばれる庭園(有料)の中のため、最も良い展望は見れませんでした。

ガーデンミュージアム比叡をグルリと回り込むように東側へ進むと京都からのロープウェイ駅があります。

その道の途中で京都側の展望が良かったです。
hieizan_p2
1941×600pixels(188kB)

おそらく、京都側の景色もガーデンミュージアム比叡 園内の展望台からの景色が更に良いものと思われます。

それだけに優良だったのが残念です。


google mapで場所確認
posted by T-chan at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



ブログパーツ